モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 06日

パリのホテル Hotel du Lys

f0035251_1844391.jpg
パリに観光で来てた頃の常宿、hotel du Lys


22室しかないとても小さなホテル。エレベーターはなく、あるのはらせん階段のみ。「部屋は4階です」なんて言われると、心の中で「エーッ」と叫んでた。重たいスーツケースを引きづりながら登る階段は、よそ見をしてると本気で危ない。そして息も切れる。

そんなホテルでも、何度でも泊まりたくなる不思議な魅力があった。部屋ごとのインテリアがそれぞれ異なり、全ての部屋を制覇してみたいと思ったほど。壁紙とベッドカバーの模様が一緒で、その辺のビジネスホテルでは絶対味わえない雰囲気。

ロケーションも最高。サンミッシェルとオデオンの間の静かな通りにあります。観光にもショッピングにも映画に行くのにも便利だった。ここを常宿にしてたせいで、私は今でも左岸派なのかもしれない。

朝食も部屋まで運んで来てくれる。パジャマのままで食べるクロワッサンは、最高に美味しかった。

パリに住んでいる今、このホテルの脇を通る度に不思議な気分になる。旅行で来ていたあの頃が、とても懐かしい。

# by Qtaro-mama | 2006-12-06 18:06 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 06日

007 カジノ・ロワイヤル

ピアース・ブロスナンのファンだから、今度のカジノロワイヤルには全く興味がなかった。でも先週、テレビで、新しい007のかっこ悪い場面が紹介されてるのをみて、がぜん見てみたいという気になった。


f0035251_44569.jpg
失敗をたくさんする

そして人妻が好き


とっても人間臭い007だった。

ダニエル・クレイグもカッコ良かったぁ。終わったときは、「ピアース・ブロスナンって誰?」みたいな感じでしたね。

ジェームス・ボンドの古いファンには、今回の作品、とても支持されてるようですね。実際に見て、私も納得しましたよ。次回もとっても楽しみです。

# by Qtaro-mama | 2006-12-06 04:48 | 映画 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 05日

新しいパジャマ

f0035251_4274558.jpgf0035251_428754.jpg


f0035251_4283195.jpgf0035251_428566.jpg


1歳過ぎに買った、お気に入りのドラえもんパジャマが(サイズ80)、かなり小さくなったので、新しいパジャマを買いました。

嬉し過ぎて、この夜はハーモニカを吹きまくっていたQ太郎でした。

もっとパジャマ

# by Qtaro-mama | 2006-12-05 04:44 | Trackback | Comments(8)
2006年 12月 04日

クリスマスツリーの飾り付け

f0035251_2338687.jpg

シンプルにしましたよ。


f0035251_23383224.jpg

# by Qtaro-mama | 2006-12-04 23:45 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 04日

手裏剣

f0035251_22271132.jpg


Q太郎の為に、たくさん折ってます。

# by Qtaro-mama | 2006-12-04 22:28 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 04日

初めてのクリスマスツリー

週末はQ太郎パパの田舎で過ごしました。

パリには夜7時に帰ってきたけど、荷物を家に置いてすぐに、花屋に駆けつけました。目指すはクリスマスツリー(フランス語ではsapin de noelと言います)。

今まではプラスチックの小さいのを毎年飾っていたけれど、今年は生のクリスマスツリーを飾ろうと決めてました。どうせ25日は家に居ないので、出来るだけ早めに飾って、長く楽しみたかったのです。


f0035251_61790.jpg
選んだのは1メートル50〜70センチのもの。

高さによって値段が違います。

ツリーには、葉がパラパラと落ちてきてしまう物と、落ちてこない物の2種類があるようです。落ちて来るものを買うと、掃除が大変だと聞きましたよ。


ツリーの下には、同じ花屋で買った「sac a sapin」という袋を敷きます。ツリーの役目が終わったら、その袋に入れて、そのまま捨てる事が出来るようです。

飾り付けも終わったのですが、ちょっと疲れていて今夜は写真が撮れない。また別の機会に載せますね。

# by Qtaro-mama | 2006-12-04 06:06 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 02日

Picardのスープとケーキ

f0035251_6524372.jpg
最近、冷凍庫にストックしておくPicardのミネストローネスープがこちら

日曜の夜、遅く帰ってきて食べるものが何もない時、急に温かいものが食べたい時などに重宝してます。意外と野菜がたっぷり入ってるし、味がそんなに濃くないのですよ(ここが重要!)。お子さんがいる家庭などでは、これからの冬、大活躍すると思いますよ。

f0035251_6535740.jpg
今夜食べたのが、こちらのケーキ

ノエルのケーキを買う前の味見


今年もノエルは、Q太郎パパの実家で過ごす予定なのですが、彼らの住む街で美味しいケーキ(パンも)を見つけるのは不可能な事なのです。考えた結果、今年はPicardで冷凍のケーキを買うのが一番良いだろうという事になりました。

Picardのケーキ系は、今まで試した事はなかったのですが、カタログを見ると結構美味しそうなのが揃っているのですよ。そして昨日、Q太郎パパが買った雑誌の中で、目隠しをしてアイスクリームケーキを食べ比べるという企画があったのですが、そこではPicardの製品が、2位のダロワイヨを抜いて1位を取っていました。

実際、今夜食べたケーキは美味しかったですよ。甘さも程良く、ある意味、日本人向けと言えるかも。美味しいケーキ屋探しに苦労されてる方は、1度お試し下さい。

# by Qtaro-mama | 2006-12-02 07:00 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 02日

クリスマスプレゼント1 Q太郎の絵

12月に入りました。

パリのお店もノエルのプレゼント用の商品がずらりと並んでいます。私も早めに準備すべく(去年の教訓を生かし)、毎日、プレゼントの事ばかり考えてます。ノエルが近づくにつれて、パリのお店はごった返し、レジには長蛇の列が出来ます。ああいうお店に子連れで行くのは疲れるだけなので、今年は避けたいものです。


f0035251_2392753.jpg
Q太郎の絵を額に入れました

これは義理両親へのプレゼントにするつもりです。

# by Qtaro-mama | 2006-12-02 02:40 | Trackback(1) | Comments(10)
2006年 12月 01日

ル・クルーゼとストウブ

f0035251_18381.jpg
うちの重たい鍋です


手前左の黒がル・クルーゼ。フランスに来てから、炊飯用土鍋が使えないと分かってすぐに買いました。主に、毎日のご飯炊きに使ってます。

奥の緑のはストウブ(staub)。ル・クルーゼ以上にプロ御用達のイメージがありましたが、今も変わらないかな?主に、Q太郎パパが活用しています。彼が料理する時は、決まってこの鍋の出番です。

オレンジの鍋は、最近スーパーで購入したもの。ル・クルーゼとストウブの中間の大きさで、価格が手頃なものをずっと探していました。IKEAからも手頃なのが出ていますが、持ってみたら軽くて全然ダメだったとQ太郎パパが言ってました。こういうタイプの鍋を選ぶ場合は、ブランド名にこだわらなくても、ズッシリと重いものを選ぶのが良いようです。

もちろんル・クルーゼ、ストウブなどは品質も確かですが、お値段もなかなかですね。ちなみにこのオレンジの鍋は、フランス製で価格は40ユーロでした。

f0035251_1841540.jpg

今、ちょっと調べたら、ストウブでは日本向けごはんココットというのが発売されているようです。丸みがあるデザインがとても可愛いい。写真のティーポットは、そのまま火にかけて、そのままテーブルに出せる優れものらしい。面倒がりな私にはピッタリかも。

# by Qtaro-mama | 2006-12-01 18:08 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 01日

Everything is illuminated

f0035251_1649765.jpg
今週は見たい新作映画がない

昨日の朝は、2005年にリリースされた「Everything is illuminated」という作品を見に行ってきた。


家族のルーツを探しにウクライナへやってきたアメリカ人青年(イライジャ・ウッド)と、ウクライナ人ガイドのアレックス、彼のお祖父さん、そしてサミー・ディビス・ジュニア・ジュニアという名前の犬を巻き込んだロードムービー。

とても温かい作品であると同時に、かなり可笑しかった。ウクライナ人ガイドのアレックスが最高!

かなり気に入ったので、監督のリーブ・シュレイってどんな人だろうと調べてみたら、俳優だった。

f0035251_16483660.jpg
見た事ありませんか?



日本では「僕の大事なコレクション」という邦題で公開されたようです。

# by Qtaro-mama | 2006-12-01 16:52 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 01日

モンパルナスのショコラ

今日は10℃を下回った。とっても寒い。

午後、家でゆっくりしていたら眠気が襲ってきた。そのまま昼寝をするのも嫌だったので、近くのカフェにショコラを飲みに行きました。

f0035251_1463879.jpg
見えますか?

ここは牛乳を自分で入れるタイプでした



f0035251_1471172.jpg
自分で濃さを調整出来るのは嬉しい

牛乳を少なく入れて、ちょっと濃いめに飲みました



f0035251_1473380.jpg
勉強しようと思ったら、辞書を忘れてきた事に気付いた

途端にやる気がなくなったけど、頑張って復習だけしてカフェを出ましたよ

# by qtaro-mama | 2006-12-01 01:50 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 30日

映画のレイティングシステム

f0035251_16545078.jpg
先日、映画のチケットを買う為、列に並んでいた時、ある張り紙に気付きました

ソウ3」、18歳未満は鑑賞禁止



これを見て単純にビックリしましたね。18歳未満禁止の怖さってどんなだろう?なかなか想像がつかない世界です。先日見た「Shortbus」という作品もかなりポルノに近いなぁと思ったけど、これは16歳未満が禁止でした。

調べると、実はフランスには、18歳未満禁止の作品は、ほとんどない事が分かりました。私が調べた限りでは4本しか見つからなかった。2000年に公開された「ベーゼ・モア」という作品が問題となり、その時に初めて18歳の枠が出来たようです。それ以前は16歳が制限するラインだったらしい。

日本ではどうだろう?とR-18指定作品を調べたら・・・・ズラズラとたくさん出てきました。それも、これがぁ?みたいな作品たくさんあります。

最近見たベルトリッチの「ドリーマーズ」、これもリストにありました。私が尊敬するイム・グォンテクの「酔画仙」、これもR-18指定となるようです。私には理由が全く見当たりませんが・・・・。

私は「ソウ」シリーズは一度も見た事がないし、特に興味がないので見に行く予定はないです。なんとなく出産後、辛いものと怖いものに弱くなったような気がします。

# by Qtaro-mama | 2006-11-30 16:58 | 映画 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 30日

フランスの商品券

昨日、Q太郎パパが会社から40ユーロの商品券を貰ってきました。これはQ太郎へのクリスマスプレゼントを買う資金用に支給されたようです。夏休み、秋休み前、始業式の前・・・・事あるごとに、こういったタイプの商品券を会社から貰ってきます。子供の年齢が高いと、それだけ額も増えるとは聞きましたが、詳細は分かりません。

とにかく、こんな感じで貰った商品券、現在350ユーロ分あるようです。結構な額ですよ。日本円にして約52000円といったところでしょうか。

問題なのは、この商品券、有効期限が今年いっぱいという所。残すところ、あと約1ヶ月。使い道がまだ決まってません。

いざとなると、買いたい物ってなかなかないですね。物欲がないというわけではありませんが、必要な物は大体家に揃ってます。商品券があるからといって、余計な物も買いたくないし・・・・。

初めは「キッチンエイド」を買おうと考えてました。値段もちょうど良いのです。でも買っても使いこなせる自信がない・・・・。昨日、ビデオカメラなんか良いかなと思い付きました。「動くQ太郎」を撮るものです。でも、ちょっと調べたら、これはもしかしたら予算オーバーかも。

旅行やレジャーにも使えるようですが、これは金額が中途半端かな。何か良いアイデアないかしら?お金はあるのに買いたい物がない・・・・かなり贅沢な悩みです。

# by Qtaro-mama | 2006-11-30 02:37 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 29日

グエムル・漢江の怪物

f0035251_17223930.jpg
単純にこういう娯楽作品、大好きです!

必死に娘を助けようとする父親の姿に、映画とは分かっていながらも、何か熱いものを感じてしまいました



フランス語、英語のタイトルは「The Host」です。

まさか、これが「グエムル・漢江の怪物」と同作品だとは知らなかった。まぁ、私も、日本で公開されてる作品を常にチェックしてるわけではありませんからね。このタイトルだけ見ても、知らない人は映画の題名だと気付かない人もたくさんいますよね。

この監督の前の作品「殺人の追憶」は、ちょうど先月テレビで見たところです。これもなかなか見応えがあるストーリーでしたよ。

# by Qtaro-mama | 2006-11-29 17:25 | 映画 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 29日

Q太郎のフランス語

Q太郎を幼稚園に向かえに行き、帰ってきて一息ついてる所です(私は一日中、一息付いてるような気もしますが・・・)。

先月くらいに気付いた事ですが、Q太郎、とうとう私の知らないフランス語の単語をたくさん話すようになりました。

まぁ、いつかはこういう日が来るとは思ってたので、別にショックとかそういうのは全然ないです。むしろフランス語が上達したことを、とても喜んでます。

分からない単語で言われても、意味を聞けば、日本語で的確(?)に説明してくれます。なんかフランス語の先生が我が家にやってきたような感じです。

言って欲しくないような言葉も、たくさん覚えてきますが、それはしょうがないですね。現地の幼稚園に行き始めて数ヶ月、子供の吸収力にはただただ驚くばかりです。

# by Qtaro-mama | 2006-11-29 04:35 | Q太郎 | Trackback | Comments(4)