モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 04日

3歳3ヶ月のQ太郎

最近のQ太郎、全然、言う事聞かないんですよ。どうしちゃったんだろうと思ったけど、ネットで調べたら、3歳に「反抗期」が来るというような事が書かれていた。多分、それだと思います。

親としては、うまく付き合っていくしかないですね。

反抗期は、成人するまでに、だいたい3回あるそうです。中学生くらいが一番凄そう(想像ですが・・・)。

f0035251_22462811.jpg
ペンキ塗り立て


フランス製だからか、使用頻度が激しいのか、Q太郎の黒板、最近、チョークの色が付かなくなったのです。

一昨日、パパが塗り替えしてくれました。知らなかったけど、黒板用のペンキって特別にあるみたいですね。

# by Qtaro-mama | 2007-01-04 22:49 | Q太郎 | Trackback | Comments(6)
2007年 01月 02日

元旦に作るおせち

f0035251_23405795.jpg
今年の我が家のおせち(一部、すでに盗み食いされた)

写真出すのためらったけど、恥を忍んで公開します


前日までに作っておいたのが、黒豆と椎茸の煮物。カマボコと伊達巻きは市販の物。昆布巻きは2日前に人から頂いたもの(ありがたい!)。

元旦のお昼、12時くらいから、お雑煮のダシ取りと、海苔巻き用のご飯を炊くのを同時にやって、次に鶏肉のくわ焼きとカボチャの煮物作り。ご飯が炊き終わったら、とにかくすし酢を合わせて、急いでのり巻き。全ての作業、お重に詰めるのも含めて、1時間半くらいで終えました。鶏肉をさばく時間も入ってるから、初めから骨の付いてないような鶏肉だったら、もっと短時間で終わったかもしれない。ちなみに日本のような小さいカボチャ、こちらの日常ではなかなか手に入らないのです。だから私たちには日本風のカボチャ、ちょっとしたご馳走になります。

写真を撮るなら、もっとレイアウト考えても良かったけど、既に2時近くになってて、Q太郎のつまみ食いが始まったから、飾り付けどころじゃなくて、とにかくお皿の準備して、お雑煮を椀に盛るので精一杯。こういう慌ただしさをなくす為のお節なのに、元旦のお昼、食べる直前に作ってたら、おせちの意味がなくなりますねぇ。

それでも、Q太郎が「美味しいねぇ、おせち、毎日作ってねぇ」と言っていて、Q太郎パパに「大変だったでしょ、ご苦労様」みたいな事言われたら、母は嬉しかったけど、同時にもっと真剣に作れば良かったと、元旦から反省したのでした。

# by Qtaro-mama | 2007-01-02 23:46 | Trackback | Comments(10)
2007年 01月 02日

パリの元旦

f0035251_573657.jpg

明けましておめでとうございます。今年もQ太郎一家をよろしくお願い致します。

元旦から素敵な写真を撮りたかったのですが、全て失敗に終わりました。これが唯一、まともにQ太郎が写ってる写真です。

右に写っているのは、ご存知、自由の女神です。ニューヨークの自由の女神の原型は、ここ、リュクサンブール公園にありますよ。ヒッソリと隠れるように立っていますが、結構、観光客が来て、一緒に写真を撮っています。隠れた観光スポットかもしれません。

昨日の夕方は、Q太郎のリクエストで、新しく出来たトラムに乗りに行きました。近くの乗り場までバスで行き、そこから中華街までトラムでの往復。パリの大晦日は、夕方からメトロ、バスなどが無料になるようで、トラムも含め、全てお金を払わず乗る事が出来ましたよ。

雨が降っていたし、結構混み合ってきたので、トラムの乗り心地みたいなのは、ゆっくり味わう事は出来なかったのですが、トラムで行くと、中華街の今まで遠ざかっていたお気に入り中華レストランが、結構近くなる事が判明しました。今度、平日の昼間にでもブラッと出かけてみたいと思います。

大晦日の夜に食べたもの

# by Qtaro-mama | 2007-01-02 04:38 | 料理・食べ物 | Trackback(1) | Comments(4)
2006年 12月 31日

2006年を振り返って

昨日、黒豆を煮て、今日、お節の準備をする予定です。今年はQ太郎とパパのリクエストで、お重の中に海苔巻きを入れようと思ってます。こんな感じで張り切り過ぎず、所々に縁起の良い食材を使うようにすると、気軽に手作り出来るような気がします。

f0035251_301942.jpgf0035251_31457.jpgf0035251_313094.jpg


f0035251_7252761.jpgf0035251_7255493.jpgf0035251_7262112.jpg

2006年も何ごともなく無事に過ぎようとしています。

Q太郎、今年も1度も病院へ行かなかったですよ!

1にも2にも、2007年に望むのは、この「家族の健康」という事だけです。

皆さん、今年も温かいコメント等、ありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

f0035251_7274639.jpgf0035251_729093.jpgf0035251_746212.jpg


f0035251_7474581.jpgf0035251_7482330.jpgf0035251_7484784.jpg


# by Qtaro-mama | 2006-12-31 03:02 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 30日

クリスマスのフォアグラ

ノエルに食べた料理、今回はQ太郎パパが作ってくれたものを中心にご紹介します。

f0035251_0563995.jpg
フォアグラのテリーヌ

2日前くらいにパリで作って、冷凍ボックスに入れて田舎に持っていきました。


これは正統派のフォアグラだけのテリーヌですが、この他にクルミとセップ茸を入れたフォアグラテリーヌも作りました。私はそのセップ茸フォアグラの方が好みかも。

フォアグラの上に付いてる黄色い脂、皆さん、捨てたりしてませんか? ジャガイモやキノコ類などソテーすると、とても美味しい料理が出来上がりますよ。脂にはフォアグラの香りがうつってますので絶対利用して下さいね。


f0035251_057819.jpg
チョコレートのテリーヌ


チョコレートムースには卵白が入っている分、軽い仕上がりになりますが、これには卵白が入っていないので、とっても重く感じます。でも、中のオレンジコンフィのビターな味とチョコレートの甘さがマッチして、結局、一皿、平らげてしまいましたよ。

f0035251_0573574.jpg
切る前はこんな感じです。

オレンジは中に丸ごと入ってます。切る時に慎重にしないと、崩れてしまうようです。



f0035251_05848.jpg
サーモンのマリネ

薄いスライスではなく、普通の切り身くらいの大きさに切って食べます。

ハーブのディルが使われているのが特徴かな。このマリネにはブリニが合いますよ



写真はありませんが、24日のメインは地鶏。25日はイノシシでした。

# by Qtaro-mama | 2006-12-30 01:09 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 29日

クリスマスプレゼント10 実用品

しつこいけど、まだ紹介出来てなかったものがあるので、一応続けますよぉ。

f0035251_6483378.jpg
義理パパへのプレゼント、ケルヒャーの掃除機

業務用みたいな形。何でも吸い取りそう



f0035251_6491190.jpg
義理ママへはパン切りまな板(ナイフ付き)



f0035251_6494698.jpg
プジョーのナツメグミル

ナツメグをひく為だけのミルなんて、かなり贅沢!


結構なお値段するから自分では買わないけど、貰ったら嬉しい一品かなぁ。これは、ナツメグ好きのQ太郎パパから、妹へのプレゼントでした。

# by Qtaro-mama | 2006-12-29 06:55 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 29日

クリスマスが終わって

f0035251_1132081.jpg
パリに戻りました。

ノエルに食べたもの、今度紹介しますね。

# by Qtaro-mama | 2006-12-29 01:14 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 22日

皆さん、素敵なクリスマスをお過ごし下さい

f0035251_4415565.jpg


# by Qtaro-mama | 2006-12-22 04:45 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 21日

ちょっと早めのクリスマスプレゼント

f0035251_1727323.jpg
昨日、テレビでアレクサンダー・ペインの「サイドウエイ」を見ました。前にもテレビか飛行機の中で見たので、一応、二度目の鑑賞。


私にとってこの作品は、ある種、完璧と言えるかもしれない。キャラクター設定、ストーリー、風景、そしてワイン、見ていてただただ感心する。私の好きな要素がいっぱい詰まった作品です。興味がある方、ワインが好きな人、是非見てみて下さい。

今日から元旦開けまで、Q太郎パパはお休みとなります。

今日は特に用事がないけど、Q太郎が学校に行ってる間、久しぶりにパリの街を2人で歩こうという事になって、わざわざ休みを取ってくれました。

確かに、平日の昼間を、Q太郎抜きでパリを歩くのなんて久しぶり・・・・・。ノエルの飾り付けを見ながら2人で歩くパリ。早めのクリスマスプレゼントを貰ったみたいで、とっても嬉しい。

# by Qtaro-mama | 2006-12-21 17:34 | Trackback | Comments(8)
2006年 12月 21日

クリスマスプレゼント9 Q太郎の本

f0035251_6125684.jpg
僕のプレゼントはぁ?



f0035251_695769.jpg
先日見た映画、「Azur et Azmar」の本。



f0035251_6103310.jpg
アニメ「トラクター・トム」のDVD。


どちらのプレゼントにも、Q太郎、驚喜すると思います。彼の喜ぶ顔が早く見たいなぁ。

# by Qtaro-mama | 2006-12-21 06:33 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 21日

クリスマスプレゼント8 大江健三郎の本

f0035251_5475184.jpg
本が大好きなQ太郎パパの妹には、大江健三郎の「個人的な体験」のフランス語版。


大江さんの本、私自身はほとんど読んだ事がなくて、どれを買ったら良いか分からなかった。昔読んだ事があるこの作品を選んだけど、どうかなぁ?

本当は、遠藤周作の「沈黙」をあげたかったけど、フランス語版は絶版。いろいろな所探したけど、結局見つかりませんでした。残念。

# by Qtaro-mama | 2006-12-21 05:51 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 20日

クリスマスプレゼント7 日本の雑誌

Q太郎とパパにお揃いのクッションを買って、それぞれ簡単に刺繍をしようと思っていたけど、買おうと思っていたクッションがまさかの売り切れとなっている事が昨日分かった。

一応、プレゼント探しのリミットは今日なんですよぉ。どうしよう、Q太郎パパへのメインのプレゼント。何か良いの見つかるかなぁ?

f0035251_175383.jpg
こちらはQ太郎パパへのプレゼント


何か日本の雑誌をあげたかった。本当はdancyuとかが良かったけど、たまたまパリの本屋では品切れ。これを読んで、美味しそうな食べ物の写真に2人で溜め息付きたいと思います。

# by Qtaro-mama | 2006-12-20 17:46 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 19日

クリスマスのプレゼント その6

f0035251_2243416.jpg
Q太郎パパへのプレゼント

小林正樹の「人間の條件」のDVDボックスセット


日本人だったら一度は見たい名作。ベルギー人パパにも同じ感動を共有して欲しい。

映画では、第1部から第6部まで続く一大ドラマ。DVDは3枚組となっていて、全部で10時間!


f0035251_2245780.jpg
木下恵介の「楢山節考」DVD。

売り場で見つけて、上の作品とどちらを買おうか迷ったけど、見れるだけラッキーなのかもと思い、両方買ってしまった。


楢山節考といえば、1983年の今村昌平版の方が知られているかもしれないけど、私が昔見た時は、木下版の方が好きかなぁと漠然と思った。こちらは1958年の作品。

決して、私がもう一度見たい作品ではなく、Q太郎パパに見て欲しい作品を選びましたよ〜。

# by Qtaro-mama | 2006-12-19 22:08 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 19日

クリスマスプレゼント5 健康本

f0035251_17422864.jpg
義理ママへのプレゼント。

「沖縄式、長生きの秘密」・・・みたいな感じの本



彼女は和食について勘違いしている所があるようなので(過去に、日本人みたいに野菜ばっかり食べてられないわ・・・・との発言あり)、この本でちょっとは日本の豊富な食材の良さを分かって欲しいと思います。


f0035251_17425085.jpg
同じように、健康に気を使っている義理の妹に

「どうして日本人は老けずに、スリムでいられるか」


健康に良さそうな日本食レシピが載っているので、和食が大好きな彼女は多分、興味を持ってくれると思います。

# by Qtaro-mama | 2006-12-19 17:45 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 19日

ラ・フォンテーヌの寓話

Q太郎、最近は寝る前に、パパにフランス語の本を読んでもらうのが日課となりました(仕事で遅い事もあるので、毎日ではない)。ちなみに読むのは、リビングのソファ、ベッドではありません。

f0035251_522324.jpg
今、繰り返し読んでもらっているのが「ラ・フォンテーヌの寓話」


Fable de la Fontaine(ファーブル・ド・ラ・フォンテーヌ)の名前で知られていて、フランス人なら誰でも知ってる有名な本のようです。私も全て読んだわけではないのですが、日本でも有名なイソップ物語と話しが似ているものもあったりします。

フランス語のタイトルだと、ファーブルという名前が付いているので、初めはファーブル昆虫記かな?と思いましたが、このファーブルは寓話という意味となっていて、アンリ・ファーブルとは似ても似つかないものでした。

# by Qtaro-mama | 2006-12-19 05:04 | Trackback | Comments(0)