モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 23日

山田洋次「東京家族」、森谷司郎「小説吉田学校」、相米慎二「お引越し」

f0035251_1727381.jpg

東京家族
監督:山田洋次

中盤からウルウルしてしまいました。現代の東京の家族が上手く描かれてると思います。

この作品は、小津安二郎監督にオマージュが捧げられてますが、それを強く感じたのは、私の場合「紀子さん」でした。

f0035251_1737055.jpg

小説吉田学校
監督:森谷司郎

てっきり学校の話しだと思ってました。こんなにゴテゴテの政治ものだったとは・・・。

f0035251_225109.jpg

お引越し
監督:相米慎二

これは今夜見ました。不思議な魅力を持った作品ですね。少女役の子、上手いなぁとは思ってたけど、見終わって調べるまで田畑智子さんだとは全く気づかなかった。

これを機会に相米監督の作品、もっと見てみたいです。

by Qtaro-mama | 2013-01-23 22:13 | 映画 | Comments(0)
2013年 01月 22日

いなり寿司

今日は山田洋次監督の最新作「東京家族」を見に行った。朝、急に決めたので、劇場に直接行って入場券1800円を払う。

若い頃は、映画を見る前には必ずプレイガイドに寄って前売り券を買ってました。その他割引の日なんかを上手く利用して、自分は多分、1800円を出して見たことはなかったと思う。

でも現在、映画館に行くのは年に2、3回でしょうか。毎回、劇場で当日券を買ってしまってる。なんかその行為が、自分も大人になったなぁ・・・と感じる。

最近、「時は金なり」という言葉がずっしり来ます。

f0035251_1724223.jpg

今日は子供たちのおやつに「いなり寿司」を作りました。上品なのじゃなくて、こういうジャンボサイズ。

f0035251_17242491.jpg

O次郎が「中のご飯がフワフワで美味しい」と言いながら食べてました。なぜか髪型がサザエさんのようですが・・・。

最近のO次郎についてこの機会に書いてしまうと・・・

今まで夜寝る時は何の問題もなかったのに、急に暗闇を怖がるようになりました。小さな電気を付けっ放しにしてもダメ。Q太郎が一緒に寝れば大丈夫なんだけど、Q太郎だって毎回7時半に寝るのは無理。

話しを聞くと、オバケが怖いみたい。みんなで「オバケなんていないよ」と説明するけど、目は本気。多分そういう時期なんだというのは分かってるけど、次の日が学校だとやっぱり「早く寝なさい」とつい叱ってしまう。

今日は1度起きてきただけで、泣きもせずにきちんと寝たので、オバケ騒ぎもちょっと終盤に向かってると信じたい。

by Qtaro-mama | 2013-01-22 22:13 | Q太郎のおやつ | Comments(0)
2013年 01月 21日

モンモリオンのマカロン

パリもたくさん雪が降ったみたいですね。友達から子供たちと雪だるまの写真が送られてきて、それを見ただけで心がほっこり温かくなりました。

東京に大雪が降ったのは先週ですが、その時Q太郎がマンションの入り口前に大きな雪だるまを作ったのです。それから1週間、まだかろうじて形が残ってます。

人通りもなかなか多い道ですが、ちょうど雪だるまだけ残されて、その周りはきれいに雪かきされてる状態。敷地内を清掃する人もいますが、その方も子供が作った雪だるまと知ってて、わざと残してくれてるみたいです。歩行の邪魔になるからと、すぐに撤去されてしまう可能性もあったのかな。良く考えると嬉しい心づかいです。

f0035251_17362217.jpg

週末アイスを作った時の余った卵白があったので、今日は「モンモリオンのマカロン」を作ってみました。図書館で借りてきたお菓子の本にちょうど載ってたのです。

これ、小さくても意外と砂糖の量が多いです。それで子供たちには2粒くらいにして、あとはお迎えの時のバス停でみんなにお裾分けしてしまいました。子供たちのおやつ、今日はお汁粉を準備。

f0035251_17362027.jpg

こちらは筑前煮。里芋が余ってたので、午前中のうちに作ってしまいました。

レシピの横に「根菜と鶏肉の旨みがしみじみおいしい」と書かれてるけど、全く同感。

by Qtaro-mama | 2013-01-21 21:20 | 料理・食べ物 | Comments(0)
2013年 01月 20日

シュークルート

f0035251_21361610.jpg

夕方急に思い付いて、Q太郎が使ってた自転車を物置から出してみました。タイヤに空気を入れようと思ったら、普通の空気入れが合わない。空気入れを買うか、そのままタイヤを交換してもらうべく、かついでそのまま自転車屋さんへ。

結局自転車屋さんには、このタイヤに合った空気入れがあって、無料で入れてもらいました。帰り道、Q太郎が支えながら家までこんな風に。これから家の周りで練習を続けたいと思います。

f0035251_20585459.jpg

今夜はシュークルートでした。

f0035251_20585630.jpg

寒くなると食べたくなる料理かもしれません。

f0035251_20585810.jpg

アイスバインの骨を鷲掴みにするO次郎、肉好き男子です。

by Qtaro-mama | 2013-01-20 22:10 | 料理・食べ物 | Comments(0)
2013年 01月 20日

ベルトラン・ボネロ「メゾン ある娼館の記憶」

f0035251_2122441.jpg

見直したいと思ってた「刑事コロンボ」。DVDが5枚(10話入り)入ってて、2300円くらいだったので購入。最近、週末にQ太郎とパパがテレビで映画を見ることが多いので、そういう時にパソコンで見るのにちょうど良い。

ちなみにQ太郎とパパ、昨日は「ジョーズ」、今は「ロード・オブ・ザ・リング」を見てる。

f0035251_21215059.jpg

メゾン ある娼館の記憶
監督:ベルトラン・ボネロ

冒頭を見て、この監督は多分私と同年代だろうなぁと感じた。

好きな女優の顔もチラホラ。日本語字幕がなかったら、私にはつらかったかも。

by Qtaro-mama | 2013-01-20 21:30 | 映画 | Comments(0)
2013年 01月 19日

苺アイス

f0035251_22133866.jpg

Q太郎が学校で作ってきました。初めての筆ペンなので、字が汚いところは大目に見てください。

f0035251_23122446.jpg

昨日は東京ドームで行われてる「ふるさと祭り東京」に行ってきました。頂いたチケットがあったので、バス停が一緒のイタリア人、フィンランド人ママを誘っての見学です。

午前中10時半くらいに入った際は、そんなに混んでるほどでもなかったけど、11時半に出る頃はどんどん人が入ってきてて、週末の混雑度が想像されましたよ。2人の外国人ママは、試食の多さにビックリしてました。

写真は昨日のおやつ、手作りパイ。いつものより短時間で出来るというパイ生地レシピで作ってみましたが、作業に手間取った。時間がかかっても、いつものレシピの方が好きかな。途中、業者の人が来てやり取りしてたら、ちょっと焦げてしまったし・・・。でもサクサクしてパイ自体は美味しかったです。

f0035251_21245173.jpg

今日のお昼はQ太郎が児童館のイベントに出かけてたので、三人でゆっくりと中華ランチ。行き先は神楽坂の「ルウロン」。これはQ太郎パパが頼んだ前菜の鶏肉。見た目ほどは辛くない。

f0035251_22201432.jpg

ここのお店3回目くらいですが、味の濃くないところが気に入ってます。

写真は私が注文した海老チリ。プリプリの大きな海老がゴロゴロと。

f0035251_21373482.jpg

今日の夕飯はモンドール。古くなってて、味がかな〜り濃い。

f0035251_2137296.jpg

デザートは、夕飯前にQ太郎パパが作った苺アイス。当然ながら、手作りの苺アイスは色が薄い。

by Qtaro-mama | 2013-01-19 23:05 | 料理・食べ物 | Comments(5)
2013年 01月 19日

岡本喜八「殺人狂時代」

f0035251_21121820.jpg

殺人狂時代
監督:岡本喜八

これ何?

最高なんですけど・・・。

岡本喜八、こんなに面白いのを作ってたなんて、最近まで全く知らなかった。

by Qtaro-mama | 2013-01-19 21:18 | 映画 | Comments(0)
2013年 01月 18日

「日本のいちばん長い日」「海と毒薬」「銀座カンカン娘」

f0035251_2255147.jpg

日本のいちばん長い日
監督:岡本喜八

これは見応えがある。傑作ですね。

f0035251_22574423.jpg

海と毒薬
監督:熊井啓

手術のシーンは今見ても結構リアル。

f0035251_22575131.jpg

銀座カンカン娘
監督:島耕二

これってミュージカル?想像以上に楽しい作品。ラストの落語のシーンは圧巻でした。

by Qtaro-mama | 2013-01-18 23:06 | 映画 | Comments(2)
2013年 01月 17日

焼き鳥丼

今日はずっと行こうと思ってた京橋のフィルムセンターに行ってきました。なんとフィルムセンターは初めて。今まで行く機会がなかったのはどうしてかなぁ?

今日は映画鑑賞が目的ではなく、常設展示の方。館内静かで私の他には3人。良く見たら皆さん外国人(ご夫婦と男性)。展示は全て英語の解説付きなので、外国人の方も楽しめるのかも。

f0035251_21541330.jpg

フィルムセンターを出て13時。気になってた京橋の「伊勢廣」でランチ。決して広くない1階はいっぱいで、2階のお座敷に通された。

f0035251_22115967.jpg

うま〜いーーーー

こういう美味しい焼き鳥は久しぶりだぁ。

f0035251_22204158.jpg

昨日は東京ドーム方面に行ったので、急に思い付いて「嘉賓」というお店へ。以前、雑誌の「dancyu」で「人生最後の一食」という特集が組まれた時に、俳優の中尾彬さんが選んでたのがこのお店の牡蠣ソース和えソバとお粥のセットでした。

f0035251_2220448.jpg

さっそく注文すると、女性店員が「今日はワンコインで500円になります」。

安くなるのは嬉しいけど、なぜワンコインになるのか?ランチメニュー全てなのか?全く分からず。食べて外に出たら謎が解けた。昨日はレディースデイで女性のみ、それも私が頼んだ料理のみが対象で500円だったみたい。ラッキー。

肝心の味はというと・・・シンプルでとても美味しい。ただ、このセットだと炭水化物だけになってしまうので、次は副菜も頼みたいかも。

by Qtaro-mama | 2013-01-17 22:42 | 料理・食べ物 | Comments(2)
2013年 01月 16日

大島渚 「少年」

f0035251_21525155.jpg

少年
監督:大島渚

昨夜、大島渚監督の訃報を聞いた時は、思わず声を上げてしまいました。今日のテレビ番組では、晩年のテレビ出演のことなんかも多く取り上げられてたけど、私はどちらかというとテレビに出ていた監督はあまり見てなくて、純粋に映画監督としての大島渚しか知りません。

監督の代表作といったら、やはり「愛のコリーダ」でしょうか。パリの映画館で初めて見た時の衝撃は忘れられません。「愛の亡霊」を見たのは去年かな。あれも良かったなぁ。

今夜は追悼の意味も込めて、1969年の「少年」を見ました。以前見た際にあまり気に止めなかったシーンも、今回はかなり心に響きました。今日テレビで「戦場のメリークリスマス」のキャスティングが凄かったという話しをしてたけど、この「少年」もしかり。あの少年、現在だったら絶対主演男優賞をとってますね。少年と歳が離れてる弟がまた可愛いのです。この弟の方は、この後、私が好きな山田洋次監督の「家族」に出てるみたい。

大島渚監督、ご冥福をお祈りします。

by Qtaro-mama | 2013-01-16 22:24 | 映画 | Comments(2)