モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画( 1408 )


2018年 06月 18日

「オーシャンズ8」、「ミッドナイト・サン」

軽めのものを3本続けて。


f0035251_4223564.jpg

ミッドナイト・サン
監督:スコット・スピアー

日本の映画「タイヨウのうた」のリメイクだそうです。

女優さんはかなり良いし、相手役の彼は正統派過ぎて、なぜ彼?なんて初めは違和感あったけど、アーノルド・シュワルツネッガーの息子さんらしい。

f0035251_4224132.jpg

オーシャンズ8
監督;ゲイリー・ロス

今回はソダーバーグじゃないんですね(彼の新作面白そう)。
女優陣の共演、見応えありました。


もう1本は、映画館で続編の予告を見て、「マンマ・ミーア」をNetflixで見てみました。主役の女の子がとにかく可愛くて、なんかそれだけで満足です(笑)。

by Qtaro-mama | 2018-06-18 04:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日

エットレ・スコーラ 「あんなに愛し合ったのに」

f0035251_2441035.jpg

ジュラシック・ワールド 炎の王国
監督:フアン・アントニオ・バヨナ

前作は見てません。

3Dで見たらかなり怖いんじゃないかと思っちゃいました。


f0035251_2442788.jpg

あんなに愛し合ったのに
監督:エットレ・スコーラ

1974年のイタリア映画

純粋な恋愛映画だと思ってたら良い意味で違った。前半、早口のイタリア語に圧倒されてしまって、もうちょっとゆっくり堪能したかった気分。

映画館で見れるうちに、もう1回見てもいいかもと思うほど好きでした。

by Qtaro-mama | 2018-06-10 05:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 08日

今村昌平 「にっぽん昆虫記」

f0035251_1483147.jpg

にっぽん昆虫記
監督:今村昌平

いやぁ、こういう方言のちょっとした面白さが直に理解できて、日本人で本当に良かったと思ってしまった(字幕ではああいうのは伝わらない)

今村昌平監督作品では、「神々の深き欲望」が再度見たい気もします。


f0035251_1484657.jpg

Trois Visages
監督:ジャファール・パナヒ

カンヌ映画祭脚本賞受賞って冗談でしょ?って思ってしまった。肝心の脚本がいまいち・・・

f0035251_148549.jpg

L'EXTRAORDINAIRE VOYAGE DU FAKIR
監督:ケン・スコット

なんかちょっと惜しい気がする。悪くはないけど、なんか色々残念。

f0035251_149350.jpg

LE CIEL ÉTOILÉ AU-DESSUS DE MA TÊTE
監督:Ilan Klipper

かなり不思議な作品。ラスト以外、かなり好きでした。

by Qtaro-mama | 2018-06-08 01:32 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 01日

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

f0035251_42868.jpg

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
監督:ロン・ハワード

オープニングにワクワクすることもなく、主演のソロ役の俳優にカリスマ性も見出せず、気がつくと別のこと考えてたりして、あまり集中することが出来なかった。

Q太郎は逆に、主演の俳優がとても良いと感じたらしく、全体的にかなり気に入ったみたい。

批評も分かれるみたいですね。


f0035251_4284076.jpg

Mon Ket
監督:フランソワ・ダミアン

主演、監督のフランソワ・ダミアンは、ベルギー人の俳優(コメディアン?)。フランス映画「エール」のお父さん役をやってた人といえば、分かりやすいでしょうか。

いわゆる、「ドッキリ」映像を上手くストーリーに入れてて、ベルギーのフランス語が分からないことも多々あったけど、全体的にはかなり笑ってしまいました。

by Qtaro-mama | 2018-06-01 06:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 21日

是枝裕和 「三度目の殺人」

f0035251_4464622.jpg

三度目の殺人
監督:是枝裕和

ちょっと前に映画館で上映してたけど、なんとなく見逃してしまったので、iTunesのレンタルで鑑賞。

タイトルの意味は何となく分かったのです。でもそれ以外がやはりモヤモヤ残る〜


f0035251_4464987.jpg

君の膵臓がたべたい
監督:月川翔

純なラブストーリーだとは全く知らず・・・

私にとっては、ちょっと期待はずれの部分も大きかったです。

by Qtaro-mama | 2018-05-21 05:11 | 映画 | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 20日

是枝監督のパルムドール

今年のカンヌ映画祭、是枝監督がパルムドール受賞って、すごい快挙ですよね。

実は今日、是枝監督の「三度目の殺人」をレンタルして昼間から見てたのです。偶然にビックリですよ。



f0035251_546373.jpg

デッドプール2
監督:デヴィッド・リーチ

午後に行ったら、睡魔に襲われたけど、ライアン・レイノルズ、結構好きかもしれません。


f0035251_5464387.jpg

Everybody knows
監督:アスガル・ファルハーディー

期待してなかったけど、なかなか面白かった〜


f0035251_5464964.jpg

ET MON COEUR TRANSPARENT
監督:Raphaël Vital-Durand, David Vital-Durand

自分でも全部理解したのだろうか?
ちょっと不思議な作品でした。

by Qtaro-mama | 2018-05-20 16:33 | 映画 | Trackback | Comments(12)
2018年 05月 18日

濱口竜介 「ハッピーアワー」

f0035251_1493417.jpg

ハッピーアワー
監督:濱口竜介


ハッピーアワー、最後の3回目見てきました。


エンドロール、日本語ばかりだから、普通ならサッサと出てて行くフランス人だけど、隣のマダムも、すぐ後ろのお兄さんもずーっと残って見てるのです。

私も見終わって外に出た時にドーンと来た。

まだ自分の中でまとめられない。

個人的には、2回目の部分をもう1回見に行こうかなと思ってます。朗読会のシーン、なんとなくまた見たい


監督の濱口竜介さん、商業作品第1作目が今年のカンヌ映画祭のコンペ招待って、これ快挙だと思うんですよね。先ほど、インタビューの様子をちょっと見ましたが、話してる内容がシッカリしてて、頭の回転が速い人という印象を持ちました。

by Qtaro-mama | 2018-05-18 01:52 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 15日

田中絹代 「乳房よ永遠なれ」

最近、古い日本映画を見たいという気持ちが強くなってきました。

パリは、日本映画に関しては保守派というか、いつも同じようなのばかり上映されててちょっとつまらないですね。面白いのがもっともっとあるのになぁ・・・とフラストレーション感じてます。




最近Youtubeで見た田中絹代の監督作品「乳房よ永遠なれ」

これ、1955年に作られたとは思えない内容、傑作です。

田中絹代さんって女優業だけやってたわけではないのです。日本で2人目の女性監督なんですよ。


f0035251_3211444.jpg

Plaire Aimer et Courir Vite
監督:クリストフ・オノレ

これ、フランス語が聞き取れないところが多々あったからか、何となく集中出来なくて、あまり入り込めなかった。


f0035251_3212020.jpg

Monsieur Je sais tout
監督:François Prévôt-Leygonie, Stephan Archinard

目的の作品に遅れてしまって、これをチョイス

少年役の子、すごく良かった

f0035251_3212491.jpg

デッドプール
監督:ティム・ミラー

今週デッドプールの2が公開される。1を見てないとQ太郎に言ったら、「絶対予習しておいて」と。しかも、「絶対、日本語字幕付けて見ちゃダメ、英語で見てよ」と厳しい注文付き。

その通り、英語で初めは順調に見てたけど、途中やっぱり分からないところたくさん出てきて、内緒で日本語字幕付けてしまった。

by Qtaro-mama | 2018-05-15 04:02 | 映画 | Trackback | Comments(6)
2018年 05月 10日

濱口竜介 「ハッピーアワー」

f0035251_20112387.jpg

ハッピーアワー
監督:濱口竜介

まだ全部見終わったわけではないけど、なるべく多くの人に見てもらいたいので、一度紹介します。


f0035251_2011296.jpg

今朝、2回目の上映を見てきました。前にちょっと書きましたが、この作品は全部で約5時間あり、フランスでは3回に分けて上映されます。

2回目の初回、行くのは私1人くらいかなと思ってたら、意外と入ってました(もちろんフランス人ばかりです)。これを見にきてるということは、初めのパートが気に入った人たちということでしょうね。

それで見終わってから外に出ると、フランス人年配夫婦に話しかけられた。そこから立ち話で15分間ほど、この作品がどれくらい素晴らしいかを3人でおしゃべり。いやいや、本当に話さずにはいられないのです。

ちなみに、神戸が舞台の作品です。


f0035251_20113987.jpg

レネットとミラベル/四つの冒険
監督:エリック・ロメール

昨日はずーっと見直したいと思ってた「レネットとミラベル」を見ました。1987年の作品ですが、そんなに古さは感じませんでしたね。

まず、第一話の「青の時間」が秀逸だと思いました。2人の出会いから田舎での様子。全てが自然で全く作られた感じがしないのです。これで一気にレネットとミラベルという2人のキャラクターに引き込まれる。

そして第二話の「カフェのボーイ」。日本人にはビックリするような態度のいじわるなギャルソンが出てきます。でもこれ、すごくありがちというか、実際に昔はこういう店員さんいたと思います。全く誇張されてません(ちなみに現在は違います)

しかもこの舞台となってるカフェはモンパルナスの実際にある場所で、私も毎日のように前を通ってるところです。もちろん入ったことありますが、こんないじわるな店員さんはいません。かなりリアルだけど、あれは俳優さんです。

そしてレネットが通ってる美術学校、これもモンパルナス地区にあって、とても有名なところですね。

あとは第4話、あの終わり方大好きです。

by Qtaro-mama | 2018-05-10 06:39 | 映画 | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 07日

ラース・クラウメ 「The Silent Revolution」

f0035251_19542969.jpg

The Silent Revolution
監督:ラース・クラウメ

ドイツの作品。

事実に基づいて作られたみたいで、日曜の午前中からこれは辛い・・・と思ってしまった内容

お薦めです。


f0035251_19543765.jpg

comme des rois
監督:Xabi Molia

左の彼、まだ19歳だそうですが、かなり良い感じの雰囲気で、こういう俳優さん好きだなぁと見てる途中考えてました。


f0035251_1954431.jpg

花とアリス殺人事件
監督:岩井俊二

これは図書館から借りてきたDVD

「花とアリス」は見てないけど、すごく面白くてビックリした〜

f0035251_19545393.jpg

Be with me
監督:エリック・クー

シンガポールの作品

昔から気になってて、やっと見ることが出来ました。

by Qtaro-mama | 2018-05-07 04:34 | 映画 | Trackback | Comments(2)