モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画( 1493 )


2019年 07月 27日

トム・ハーパー 「ワイルド・ローズ」

f0035251_354695.jpg

ワイルド・ローズ
監督:トム・ハーパー

カントリーシンガーを目指す女性の話。主人公の行動、共感出来ないメチャクチャなところもあってハラハラ。でも全体的には成功してました。

f0035251_353557.jpg

クロール 凶暴領域
監督:アレクサンドル・アジャ

サメの話だと聞いて行ったら、サメじゃなくてワニだった。

f0035251_353423.jpg

La source
監督:Rodolphe Lauga

荒んだ郊外に暮らすサミール。仲間と悪いことやったり、希望のない生活を送っていたけど、彼の夢はサーファーになること。

その為に彼は、泳ぎを覚えることから始める。

実話だそうです。

by Qtaro-mama | 2019-07-27 18:55 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 21日

渡辺歩 「海獣の子供」

f0035251_45225.jpg

Yuri
監督:イシアル・ボジャイン

カルロス・アコスタ、イギリスのロイヤルバレエ団で活躍したキューバ人ダンサーだそうです。全く知りませんでした。

この作品は彼の自伝。キューバの様子が私が見てきた街そのまま。キューバを旅行した時のことをまざまざと思い出しました。


f0035251_451422.jpg

Inna de Yaed
監督: ピーター・ウェーバー

レゲエのドキュメンタリー。レゲエが昔とあまり変わってないということは分かった。

f0035251_4514473.jpg

ジョエル
監督:カルロス・ソリン

カルロス・ソリンは、私が大好きなアルゼンチンの監督。「王様の映画」「ボンボん」とかを作った人。

これは養子の問題を扱った社会派の作品。終わり方も嫌いじゃないけど、何かがちょっと足らない。


f0035251_4521922.jpg

海獣の子供
監督:渡辺歩

後半難しいと聞いてたし、なんとなく寝ちゃうんじゃないかと思ってたけど、見終わって思ったのは、「えっ? もう終わり?」

作品の世界に入り込んでしまったからでしょうか。短く感じました。

O次郎と行ったけど、たしかに後半は子供達にはちょっと難しいかもしれませんね。ストラスブールのおばあちゃんに連れられてまた行ったみたいだから、O次郎は2回鑑賞。2回目の感想聞いてみたいと思います。

by Qtaro-mama | 2019-07-21 21:47 | 映画 | Comments(2)
2019年 07月 20日

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 「L'OEUVRE SANS AUTEUR」

f0035251_4351488.jpg

L'OEUVRE SANS AUTEUR
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

紹介してない映画が溜まってしまったけど、今日見たこのドイツ映画がとても良かったので、こちらを先に紹介します。

「善き人のためのソナタ」を作った監督さんの新作です。

3時間の作品ですが、フランスでは2部に分かれての公開です。でも私は、午前中に第一部を見て、夕方に第二部行きました。3時間くらいの作品なんだから、一気に上映してくれればいいのにと思いましたが、確かに前半と後半ではガラッと作風が変わるのです。

私はどちらかというと後半の方が好きでしたね。Q太郎にも薦めたいと思います。

by Qtaro-mama | 2019-07-20 05:03 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 11日

リュック・ベッソン 「アンナ」

f0035251_4524597.jpg

アンナ
監督:リュック・ベッソン

Q太郎の「多分、Oちゃんんも大丈夫だよ」という言葉を信じて、O次郎と見てきました。結構Q太郎は、「この映画はOちゃんには難しすぎる」とか、「バイオレンス過ぎるよ・・・」とアドバイスくれます。

典型的リュック・ベッソンのアクション映画だと思いました。主演の女の子の七変化が可愛くて、私は最後まで楽しめましたよ。


f0035251_4525258.jpg

スパイダーマン ホームカミング
監督:ジョン・ワッツ

今回のスパイダーマン、笑えるところがかなり多くて、すっごく楽しかったです。普段こういうの見ないという人にも、結構オススメかなと思っちゃいました。

by Qtaro-mama | 2019-07-11 05:13 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 05日

ワン・シャオシュアイ 「SO LONG MY SON」

昨日のQ太郎の「イエスタデイ」の感想

「何なの?あのクソ面白くない映画は・・・・」

今朝起きてきて、最初に言った言葉も

「何だったの?昨日のクソ面白くない映画は・・・」

それから、面白くなかった点について色々解説してくれましたが、結構納得でした。ちなみにQ太郎、リュック・ベッソン監督の新作「ANNA」は絶賛。


f0035251_5164066.jpg

SO LONG MY SON
監督:ワン・シャオシュアイ

この監督の過去の作品、好きなもの多いのです。でもこれは上映時間が3時間。午後の眠い時間帯に行ってしまい、思い切って熟睡してしまおうとも何度も思ったけど、でもなかなか眠れない。携帯を家に忘れてしまって、それが気になってたというのもあるかな。

辛い話しで、最後30分くらいは、泣かせられる作りなのです。でもやはり2時間くらいでまとめられなかったかな?

友達はかなり気に入ったみたいで、2回目見ると言ってたけど、私は2回目はないかな。

by Qtaro-mama | 2019-07-05 05:24 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 04日

ダニー・ボイル 「イエスタデイ」

f0035251_4373453.jpg

イエスタデイ
監督:ダニー・ボイル

O次郎と友達を連れて行くのにこの映画を選びました。ビートルズが存在しない世界を描いた作品です。

アイデアはとても良いなと思いましたが、ちょっと期待ハズレ。何が足らないんだろう。キャスティングかな?

今Q太郎が、スパイダーマンの新作に続いて今日2本目でこの作品を見に行ってるので、感想を聞くのを楽しみにしたいと思います。


f0035251_1414434.jpg

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー
監督:ラルフ・フィンズ

ラストのサスペンスの部分も含めて、興味深く見ました。

監督が俳優のラルフ・フィンズだった事も全く知らなかった。

by Qtaro-mama | 2019-07-04 04:44 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 02日

デイビット・ヤロベスキー 「ブライトバーン」

f0035251_320727.jpg

ブライトバーン
監督:デイビット・ヤロベスキー

ただのホラー映画だと思ってたのです。そしたらQ太郎に、「スーパーマンの映画なんだよ・・・」と説明され、えっ?どういう意味?と思いながら行ってみました。

ここまで怖い映画、久しぶりです。怖そうと分かってるシーンは初めから目をつぶって防御した。

予告も何も見ずに行ったので、すっごく面白いと思いました。見終わった後、確認するようにQ太郎と怖いシーンについて話し合っちゃいました。

by Qtaro-mama | 2019-07-02 04:19 | 映画 | Comments(0)
2019年 07月 01日

ドメ・カルコスキ 「トールキン 旅のはじまり」

ちょっと前に見たファティ・アキンの「ゴールデングローブ」は、ドイツの殺人鬼フリッツ・ホンカを描いた作品です。なんか内容が衝撃的で、早く忘れたいのに数日経っても考えてしまうことがあります。

他の人の批評コメントにも書かれてたのですが、とにかく全てが醜くて汚いのです。彼らのやる事も作品の雰囲気も出てる俳優も。でもこうやって気になるのは何なのでしょうね。


f0035251_1461774.jpg

トールキン 旅のはじまり
監督:ドメ・カルコスキ

興味はあったけど、寝てしまいそうだなぁ・・・と思いながら行ったら、やたら感動してしまいました。これが「指輪物語」に続くのかと思うと、涙なくしては見れません。

お薦めです。


f0035251_1461979.jpg

CONSEQUENCES
監督:Darko Štante

スロベニア映画。

親や社会への反抗心がハンパなくて、一体何歳だ?って考えてたら、17歳という設定。見て良かったです。

by Qtaro-mama | 2019-07-01 04:41 | 映画 | Comments(0)
2019年 06月 29日

ファティ・アキン 「Golden Glove」

f0035251_0132030.jpg

ゴールデン・グローブ
監督:ファティ・アキン

見終わった後、日なたの暖かいところでボーッとしてしまった。とにかく暗い気持ちになるというか、気分が落ち込む。

Q太郎は初日に見に行って、「今年見た作品の中で5本指に入るな・・・」と言うほどの気に入りよう。今日もカフェで、色々解説してくれた。私も悪くはないと思うんだけどね・・・とにかく出てくる人たちが癖ある人たちばっかり。主演の俳優のメイクも怖いし。

ラース・フォン・トリアーの作品に「ハウス・ジャック・ビルト」っていうのがあるけど、あっちの方が断然好きだなぁ。


f0035251_0133150.jpg

Made in China
監督:Julien Abraham

午後時間があったので、今日は2本目。

パリの13区、中華街が舞台。

f0035251_013255.jpg

Yves
監督;Benoit Forgeard

主演の男優さんのファンというだけで見にいってしまった。冷蔵庫との三角関係が斬新でした。

f0035251_0133322.jpg

NEVADA
監督:Laure De Clermont-Tonnerre

これも、主演がベルギー人俳優のマティアス・スーナールツだったことから見に行った。アメリカのネバダにある刑務所が舞台で、とっても男臭いストーリーなんだけど、監督が35歳のフランス人女性(女優)ということにビックリでした。

by Qtaro-mama | 2019-06-29 05:14 | 映画 | Comments(0)
2019年 06月 21日

Quentin Dupieux 「Le Daim」

f0035251_432722.jpg

Le Daim
監督:Quentin Dupieux

この監督のセンス、最高。

私はこういうの大好き。Q太郎も同じく見に行ってて大絶賛。

この映画の面白さが分かるQ太郎が誇らしいわ。


f0035251_432049.jpg

Zombie Child
監督:ベルトラン・ボネロ

いわゆるホラー映画のゾンビではない。タヒチのゾンビ。

初めの方、意味が良く分からなかったけど、最後の方になってようやくなるほどぉ・・・と。

f0035251_432145.jpg

Roxane
監督:Mélanie Auffret

ほのぼのした良い作品には違いないかな・・・・

by Qtaro-mama | 2019-06-21 06:06 | 映画 | Comments(0)