モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画( 1468 )


2019年 03月 16日

グザヴィエ・ドラン 「The Death and Life of John F. Donovan」

f0035251_5565169.jpg

The Death and Life of John F. Donovan
監督:グザヴィエ・ドラン

彼の作品に「たかが世界の終わり」というのがありますよね。多分、あれがダメだった人はこれも苦手なんじゃないかなと想像します。

私はもちろん、かなり楽しめましたが・・・

f0035251_557889.jpg

REBELLES
監督:Allan Mauduit

全体を通して、かなり笑えました。

ちなみに私は、セシル・ド・フランスに雰囲気の似てるベルギー人の友達がいます。

f0035251_5571011.jpg

サンティアゴ・イタリア
監督;ナンニ・モレッティ

予備知識なく行ったら、1973年に起きたチリのクーデターについてのドキュメンタリーでした。しかも、このクーデターが起こったのが9月11日だと知ってビックリ。

上映後は自然と拍手が湧き起こりました。

by Qtaro-mama | 2019-03-16 06:30 | 映画 | Comments(0)
2019年 03月 08日

フランス映画3本

珍しくフランス映画が3本続きました。


f0035251_174827.jpg

Jusqu'ici tout va bien
監督:Mohamed Hamidi

軽めのコメディが見たくてこれを見に行ったら大正解。


f0035251_17495582.jpg

Celle que vous croyez
監督:Safy Nebbou

ジュリエット・ビノシュ主演。SNSの怖さ、明日は我が身かと思った。


f0035251_22183323.jpg

LE MYSTÈRE HENRI PICK
監督:Rémi Bezançon

これはO次郎と見に行ってきました。

予想より面白かったというのが私の感想。本が好きな人が多いフランスではヒットするんじゃないかと思いましたよ。

by Qtaro-mama | 2019-03-08 22:25 | 映画 | Comments(2)
2019年 03月 01日

松本俊夫 「薔薇の葬列」

アメリカのアカデミー賞の前に、フランスのセザール賞が発表となってたのでそれについて。

最優秀作品賞は、「JUSQU’À LA GARDE」という作品が受賞してます。これ、私にはかなりショッキングな内容だったけど、日本では公開されるのか?と思ってたらまさに現在、「ジュリアン」というタイトルで公開されてるみたいですね。

こういった作品が日本でも紹介されるのは嬉しいことです。

今回のセザール賞は、どれが取ってもおかしくなかったというか、逆に突出してる作品がなかった・・・優秀な作品が多かったとも言えます。

フランス映画、相変わらず俳優の層が厚いし、社会派、コメディ、恋愛ものに限らず素敵な作品が多いですね。


f0035251_16563928.jpg

LE CHANT DU LOUP
監督:Antonin Baudry

長編第1作目とは思えない完成度、キャスティングも絶妙な配置。

この監督の経歴がまた凄いんですよね。次作も期待してしまいます。


f0035251_16594692.jpg

LA CHUTE DE L’EMPIRE AMÉRICAIN
監督:ドゥニ・アルカン

私が大好きな「モントリオールのジーザス」の監督ですが、ケベックのフランス語で、時々理解不能なところがある。

「アメリカ帝国の滅亡」、「みなさん、さようなら」に続く3部作の完結編だそうです。後半になるにつれて、面白度が上がっていきました。


f0035251_16595539.jpg

薔薇の葬列
監督:松本俊夫

ATG作品、久しぶりでした。まとめて見たい気分です。

by Qtaro-mama | 2019-03-01 23:36 | 映画 | Comments(0)
2019年 02月 23日

フランソワ・オゾン 「GRÂCE À DIEU」

f0035251_516561.jpg

GRÂCE À DIEU
監督:フランソワ・オゾン

教会の神父から、子供の頃に性的虐待を受けた人たちのことが描かれてます。物語はフィクションだけど、実際の事件が元となってて、裁判の判決はなんと来月に出るとか。

初めから、自分でも感情が高ぶってるのが分かってて、2時間17分があっという間でした。お薦めです。

by Qtaro-mama | 2019-02-23 05:32 | 映画 | Comments(0)
2019年 02月 22日

Antoine Raimbault 「UNE INTIME CONVICTION」

f0035251_502987.jpg

UNE INTIME CONVICTION
監督: Antoine Raimbault

マリナ・フォイスとオリヴィエ・グルメという2大俳優の演技が、見ていて本当に気持ちよかった。

こういったタイプのフランス映画は、私にはフランス語が難しいと予測されてたけど、それでも最後まで付いていけたのは、演出と俳優の力、それとこれが実際の事件を元に作られた映画だということ。


f0035251_504493.jpg

Arctic
監督:Joe Penna


北極が舞台の作品。このポスターだけじゃ主演がマッツ・ミケルセンだと判別出来ませんでした。

マッツ・ミケルセンのファンだという人、私だけじゃないですよね?

by Qtaro-mama | 2019-02-22 05:16 | 映画 | Comments(2)
2019年 02月 18日

ロバート・ロドリゲス 「アリータ・バトル・エンジェル」

f0035251_3184588.jpg

バイス
監督:アダム・マッケイ

体調が悪い時に行ったからか、ちょっと寝そうにもなった。

この役をクリスチャン・ベイルがやる必要があったのか?と思わなくなはない。

エイミー・アダムス、サム・ロックウェル、スティーブ・カレルは相変わらず良かったから、彼らを見るために行っても。


f0035251_318247.jpg

アリータ・バトル・エンジェル
監督:ロバート・ロドリゲス

日本の漫画の映画化なんだそうです。

映像もストーリーも思ってた以上に面白かった。

by Qtaro-mama | 2019-02-18 04:56 | 映画 | Comments(0)
2019年 02月 14日

ホットレモン

これを書いてる今夜の時点では何ともないのですが、今朝も自分の体温が熱くて目が覚めたというか、昼間は熱が出てたのです。

やっぱり今回のはインフルエンザだったのかなぁと思ってます(未診断ですが)


f0035251_6211250.jpg


インフルエンザだと思うなら、検査に行けばいいんじゃないの?と思う方いるかもしれませんが、こちらの一般の病院では、検査体制は整ってないし、行っても解熱剤を出されるだけだと思うので、辛い時に行くだけ無駄です。

私が感じた今回のインフルエンザかと思う理由。

第一に、症状が急激に来た。

風邪って、ゾクゾクっと来て、やばい、ひいたかも・・・みたいな症状があるじゃないですか。それが全くなくて、気づいたらいきなり高熱が出てたのです。それから週末は昼も夜も眠くて眠くて、思考がストップ。

その前にQ太郎が5日間、40度出てたじゃないですか。あの時もインフルエンザなのかなとも思ったのですが、何度聞いても体は痛くないと答えるのです。とにかくひたす高熱だけ出てた感じで、Q太郎はたまに熱を出すので、どうしても判断出来なかった。同じ部屋で普通にゴホゴホしてて、Q太郎パパがこれでうつらなかったら奇跡だよ・・・なんて言ってたけど、さすがに奇跡は起こらず。

私も熱が出始めたけど、なぜか体は全く痛くならない。節々が痛くなるというのがインフルエンザの特徴だと思ってたので、なんとも言えない〜。

最後に咳と鼻水が出て、昨日でおしまいと思ったら、また今朝も熱が出て・・・。

自分もQ太郎も今回は結構辛いと感じたので、来年は予防接種受けようね・・・と2人で話しました。

f0035251_6204629.jpg

先日Q太郎パパが買ってきたクレープ用のフライパン

f0035251_6213240.jpg

メイド・イン・フランス

f0035251_6205152.jpg


インフルエンザの検査キットって、薬局で買えるようになれば良いですよね。そしたら、わざわざ病院へ行く必要がないじゃないですか。

解熱剤はとりあえず家にたくさんあるから要らないし。

ちなみにQ太郎パパは職場で予防接種をしてて、O次郎は今のところ元気です。

by Qtaro-mama | 2019-02-14 07:01 | 映画 | Comments(10)
2019年 02月 10日

ヨルゴス・ランティモス 「女王陛下のお気に入り」

f0035251_2022161.jpg

女王陛下のお気に入り
監督:ヨルゴス・ランティモス

予備知識なく見たけど、ストーリーが進むにつれて、もしかしてこの監督はヨルゴス・ランティモスなのかな?と思ったらドンピシャ。

大好きです。

オスカーの作品賞は「ROMA」にあげるから、監督賞は彼にあげて〜って思っちゃいました。


f0035251_20222042.jpg

ビューティフル・ボーイ
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン

この題材の映画が作られたことに感謝。

by Qtaro-mama | 2019-02-10 04:45 | 映画 | Comments(4)
2019年 02月 06日

Rohena Gera 「Sir」

f0035251_4252128.jpg

Sir
監督: Rohena Gera

インド映画。

私も彼の下で働きた〜い。女子にはオススメです。


f0035251_4252646.jpg

L'INTERVENTION
監督: Fred Grivois

劇場内、おじさんが異常に多かった。

by Qtaro-mama | 2019-02-06 01:41 | 映画 | Comments(0)
2019年 01月 30日

アルフォンソ・キュアロン 「ローマ」

f0035251_6411351.jpg

ローマ
監督:アルフォンソ・キュアロン

最近ほとんどテレビを見る時間がないのですが、友達にNetflixでやってる韓国のドラマが面白いから絶対見て・・・と3回くらい言われてたので、今日の夕方カフェに行く代わりに家に残って見てみたのです。

そしたら日本語字幕が付いてない〜。こういった作品はやっぱりリラックスしながら日本語字幕で見たいもの。早々に脱落。

そして予備知識なく、同じNetflixで見つけたこの「ローマ」を見始めました。

なんというか、カメラの位置とか、木下恵介の「陸軍」とか思い出した。

こういうの大好きですね。


f0035251_6412926.jpg

The Hate U Give
監督:George Tillman Jr.

1時間半くらいにまとめたらもうちょっと良かったような・・・・

by Qtaro-mama | 2019-01-30 07:10 | 映画 | Comments(0)