モンパルナス

kyutaro999.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 14日

チョコレートアイス

f0035251_522242.jpg


最近のQ太郎のことを・・・

2週間前くらいに、「Brevet」と呼ばれる中学校の卒業試験があったのです。私はこれがどういう位置のものかいまだ正確に分かってないのですが、一応、これに合格しないと高校に行けない・・・みたいなものなのかな。

Q太郎は、今年はかなりゆったりとした授業日数で、木曜は午後に1時間、金曜は午前中に1時間だけ・・・みたいな時間割。一番多くある月曜、火曜に限ってお昼くらいまで寝てるから、午前中の授業を逃してしまう。フランス語の授業はたしか月曜と火曜の午前中にしかなかっから、本当に数えるほどしか受けなかったと思う。

そういった状況で試験を受けて、果たして受かるのか疑問だった。でも校長先生には「Q太郎だったら、簡単に受かるレベルのものだよ・・・」と言われる。でもね、同級生ママに聞くと、試験前には予備試験や補習みたいなのもあって・・・相変わらずQ太郎は、家では机に向かってるの見たことない。

しかし私には、試験のレベルより別の心配事があった。試験当日、果たしてQ太郎は起きれるのか・・・。起こさないと夕方までグッスリなんてこともしょっちゅうなのです。起きない時は全く起きない。

試験ってこの日1回のチャンス?起きれなかった人のために、後日特別に受けられたりしない?

試験は2日間行われました。

1日目の前日、Q太郎は映画を見に行って深夜12時に帰宅・・・

2日目の前日、またまた映画に行き深夜の帰宅

1日目の朝、全く起きなかったのです。もうダメか・・・と放っておいたら、試験の始まる15分前に起きて、何も口に入れず、シャワーも浴びずに出て行きました。

2日目も同じ。

一応、メトロに乗っていくので、15分前だとギリギリなのです。最低でもジュースくらい口にしていってくれれば良かったんだけど・・・(試験は1教科3時間くらい続くので)

こんな感じだから、とにかく試験に参加さえすれば、中学卒業のチャンスはあるんじゃないかと思ってたので、とりあえず起きれた事でかなりホッとしました。

そして、今日結果を見たのです。実は結果は3日前くらいに出てたみたいですが、もう自分では結果はどうでも良いと思ってたので、全く気にしてなかった。それでQ太郎に言われて、今日見てみると・・・


すごい点数でした・・・


すっごく良かった・・・ということ。Q太郎の学校(かなり少人数だけど)で、一番だったそうです。




f0035251_5223143.jpg

これは先週の写真。一枚目の写真は一応、今日、美容室帰り。

でもビフォーアフター、あまり変わりませんね。ちなみに地毛です。パーマじゃないです。

f0035251_5223777.jpg

先週やっと来月の日本行き航空券を買い、Q太郎の旅行代やその他色々払ったら、Q太郎パパのクレジットカードが限度額に達してしまい、使えなくなった。

それで私もちょっとは節約しようと思ってたけど・・・・今日もまたまたカフェに来てしまいました。

by Qtaro-mama | 2018-07-14 06:44 | 料理・食べ物 | Comments(8)
Commented by danjun at 2018-07-14 12:34 x
いつもQ太郎君関係、興味深く読ませてもらってます。日本とフランスの教育環境の大きな違い。結果、果たして詰め込む詰め込むの日本の教育がどうなんだろう?と。否定ばかりではありません。日本の学校、部活悪いことばかりではないと思います。ただフランスの中学生の日常と、精神的にも3歳は先を行ってるような。Q太郎君が早熟というこもあるかな。身近に美術館、映画館、音楽があって、それを小さい頃から楽しめる環境ってやっぱりあったほうが良い。そういう良いところ日本も取り入れていって欲しいですね。本や音楽や映画って人が生きていく上で凄く影響を与えてくれるから、知らずに社会勉強ができる。親や学校が教えないことを沢山勉強できるのかも。天然パーマ羨ましい(笑)かわいいからかっこいいになってる!
Commented at 2018-07-14 16:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chov at 2018-07-14 17:49 x
Q太郎君、よかったですね!
ママさんや周りの大人の方達が見守り距離感もきっと絶妙なのでしょう。
1教科に3時間ということは、きっと日本みたいに暗記中心の試験とは違うのでしょうから、きっと小さい頃からの色々な経験で培われてきた「思考能力」や「理解力」がものを言っているのではないかと想像しました。

もう子供とは呼べない感じのQ太郎君ですが、お母さんとカフェに行ったり映画の話をしたり。いいですね!^^
お菓子をあげた彼女とはうまくいっているのかな?(#^.^#)
Commented by Qtaro-mama at 2018-07-15 04:56
>danjunさん
本日、2回目の映画に行ってるQ太郎です。
映画好きの母としては、学校で学べないことを映画で学んでいってくれるのは賛成です。

Q太郎、ここ1年で自分の個性みたいなのがグーンと出て来ました。ファッションなんかも、いかにして他の人と違う格好をするかがポイントのようです。その為には、30度を超える暑い日でも黒の長袖なんかを来て、変なところで個性を出してます(笑)。最近は蛍光色のようなものも取り入れて、いろいろ考えてるみたいです。
この年で、他の人と同じことはしたくない・・・と主張するQ太郎は、ある意味あっぱれですね。

今の髪型、蒸し暑い日本では完全に暑苦しいのですが、下を刈り上げて上だけこういうモジャモジャのが最近流行ってる様子です。天然パーマ、洗い方をきちんとしないと、時々ドレッドのように固まってしまうのが要注意です。

Commented by Qtaro-mama at 2018-07-15 04:59
>鍵コメさん
ありがとうございます。
登校するかどうかは別として、これで高校には行けるみたいです。
日本行き、今回は関西から入ることにしました。家族でとても楽しみにしてます!
Commented by Qtaro-mama at 2018-07-15 05:06
>chovさん
3時間というのはフランス語のテストで、数学などは2時間でした。授業をほとんど受けなかったQ太郎が受かったくらいですから、ある程度、暗記中心のものとは違うのでしょうね(総合力を見るようなものでしょうか?)

彼女はよく分かりません。2、3日前に一緒に映画行った人は女の子だったみたいですが(Q太郎パパが道でバッタリ会ったみたい)、友達なのか彼女なのか。フランス人の女の子もかなり進んでますので、一人の男の子と長ーくという感じでもないみたい。でも私たちの時代も同じだったかもしれないけど、この位の年頃の子って、親にはまず話さないですよね。秘密ばかりです。
Commented by germanmed at 2018-07-15 06:29
ぎゃーっ、Q太郎くんが大人になってる!ひえーっ・・・。

頭が良くて感受性が強いと、色々生きにくい事もあるでしょうね。
でも、どうしてもと言えばベルギーで深夜まで付き合ってくれるパパや、こうして見守ってくれているママがいて、だからやっていけているのかな、と勝手に想像。
詰め込み教育じゃない、個人の自由を尊重してくれる国で、素敵な個性をぐーんと伸ばしていって下さい♪
Commented by Qtaro-mama at 2018-07-16 05:22
> germanmedさん
おっしゃる通りなのです。私たちには理解出来ない難しいことがたくさんあるみたいです。夕方まで寝てるのは、決して怠けてるわけではないんですよね。まだまだ医療的なサポートも必要みたいです。
幸運なことに、フランスでは教育も医療もほとんどお金がかからないことが救いかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< プーレ・バスケーズ      チーズサンドイッチ >>