モンパルナス

Beijing Bicycle

f0035251_2345376.jpg
王小帥(ワン・シャオシュアイ)の旧作「Beijing Bicycle」を、近くの図書館で見つけたので、さっそく借りてきました。新作「シャンハイ・ドリーム」を見てから、ずっと見たいと思ってた作品です。



一台の自転車を巡って対立する、田舎から出てきた青年と都会の学生。そして彼らの仲間達。自転車を使って、現代の北京を魅力的に、時に厳しく見せてくれます。思ったほど単純なストーリーではなく、社会的背景も含めて、興味深い作品でした。

北京は大好きな街で、これまでに3回行ってますが、行く度に古い町並みがなくなっていくのを見るのは、ちょっと悲しいです。2000年の作品ですが、2006年の現在、オリンピックを前にどんな風に街並が変わっているのか、自分の目で確かめてみたいような気もします。

昨日は、アラン・タネールの1971年の作品、「la salamandre」をテレビで見ました。主演はビュル・オジェ。フランス語の作品で、細かい所があまり分からなかったけど、カメラがレナート・ベルタの若い頃の仕事で・・・最後の方は映像の美しさにゾゾーッと鳥肌立ちましたねぇ。

実はこの作品が見たくて、最近、ケーブルテレビの映画系のチャンネルに申し込んだら、一気に映画チャンネルだけ6局増えて、映画ライフがますます充実しそうです。特にクラシック作品を多く放映するチャンネルがあって、それがお気に入りです。
# by Qtaro-mama | 2006-05-04 23:48 | 映画 | Trackback | Comments(2)

お天気が良かったので

昨日は、Q太郎の保育園の日。朝、園まで送った後、私は家に戻ってゆっくりと朝食。その後、バスで近くの図書館まで行った。借りたかったDVDもすぐ見つかり、図書館の中をブラッと1周して退出。

家ですぐにそのDVDを見ようと思ったけど、お天気が良かったので、すぐ近くのダゲール街を歩いてみる。典型的なパリの商店街で、平日の昼間でも人が多い。

そしてDenfert Rochereauからメトロに乗って帰ろうと思ったが、お天気が良かったので、前から気になっていたMonge近くのパン屋さんに行ってみる事にした。1度乗り換えるだけで、そんなに遠くはない。

目指すは「le boulanger de Monge」というパン屋のエスカルゴというパン。このピスタチオ味が美味しいらしい。

パン屋を出てメトロの入り口に向かったが、お天気が良かったので、ムフタール街を歩いてみる事にした。ここも有名な商店街の1つ。歩いているだけで楽しい。

トコトコ歩いてパンテオンの脇に出る。お天気が良かったので、そのままリュクサンブール公園を突っ切って帰っても良かったけど、ちょうどうちの近くを通るバスが来たので、乗ってしまった。

モンパルナスに着いて時計を見たら、ちょうど12時。家を出るときは、10時半近かった。いろいろ歩いたのに、たった1時間半しか経ってなかったなんて・・・パリの小ささを感じた。

夕方、Q太郎を迎えに行った後、そのまま近くの公園に寄って、芝生でお昼に買ったエスカルゴパンを2人で食べた。でも、あまりにも暑過ぎて、ゆっくり味わえない。Q太郎もみるみる顔が赤くなっていく。それでも、7時までみっちり3時間、元気に遊びました。

パリはやっと春らしくなってきましたよ。
# by Qtaro-mama | 2006-05-03 22:05 | Trackback | Comments(2)

パテとテリーヌ

週末、Q太郎パパは2種類のパテを作りました。「鴨のパテ」と「豚レバーのパテ」です。前にも書いたけど、パテはQ太郎パパの得意料理の1つで、夜、私がテレビを見てる間に、30分ほどで手際良くパパッと作ってしまいます(焼き時間は別です)。ひき肉が手に入る日本に居た時も、パテに使うお肉だけは、塊肉を買ってきて、自分でひき肉にして作ってました。その際、豚の脂も一緒にひいて混ぜたりするのがポイントのようです。

f0035251_21313956.jpg



今回の鴨のパテには、香りを付ける為に、オレンジのスライスが乗ってました。中にはグリーンペッパーが入っているので、爽やかな辛みとオレンジの香りが何とも言えない組み合わせで、思わずパンが進みました。

食べてる時に、ふとテリーヌとパテの違いが気になって、Q太郎パパに聞いてみました。彼が言うには、元々パテとは、パイ生地に包まれたものだけを指して、その他全てがテリーヌだった。でも現在は、パイがなくても、パテと呼んでいるとの事。だから本来は。この豚と鴨のパテも、テリーヌと呼ぶのが正しいらしい。Q太郎パパは料理を勉強した人ではないので、間違ってる部分もあるかもしれませんが、なるほどなと思いました。

f0035251_21302121.jpg
これが彼の愛読書、テリーヌとパテの本。クリスマスに、自分へのプレゼントとして買ってたのが可笑しい。
# by Qtaro-mama | 2006-05-02 21:37 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

アステリックスとバイキング

今日は気温が10℃くらい、寒くてQ太郎はマフラーをやってます。

f0035251_0262916.jpg
お天気が悪くなる事が分かっていたので、午後は映画館でアニメ「アステリックスとバイキング」を見てきました。



アステリックスは、もともとフランス人に人気のマンガです。実写版の映画ではアステリックスをクリスチャン・クラヴィエ、オベリックスをジェラール・ドパルデューが演じてましたね。ガリア人という設定の為か、日本人にはちょっと馴染みが薄いように思います。でも、私はこういうコテコテのフランスっぽいマンガ、嫌いじゃありません。

映画が終わってからは家に戻り、オートミールクッキーのオヤツを食べました。昨日の夜、Q太郎パパが映画館の中で食べれるようにと作ってくれたものです。映画の感想を話しながらみんなで食べるクッキーは、サクサクして美味でした。
# by Qtaro-mama | 2006-05-02 00:27 | 映画 | Trackback | Comments(6)

ヴェラ・ドレイク

2004年のマイク・リー作品「ヴェラ・ドレイク」をテレビで見ました。

イギリスが舞台で、タイトル通りヴェラ・ドレイクという女性が出てくるんだろうなぁとは思ってたけど、まさかこういう話しだとは思わなくて、ストーリーが進むにつれて、驚き度も増していきました。

見てない人の為に、あえてストーリーは書きませんが、見終わったときはヴェラに対する同情の気持ちでいっぱいでした。ヴェラを演じたイメルダ・スタウントンを初め、出演者も全員素晴らしかった。台本もなく、主演のイメルダ以外はどういう作品なのか知らされてなかったらしい。作品の裏話をいろいろ知るにつれて、ますますこの作品が好きになった。

監督のマイク・リーはこれまでにも数々の賞を受賞してきました。「ネイキッド」、「秘密と嘘」など好きな人も多いと思いますが、私が忘れられないのが、彼のデビュー作「Bleak moments」。彼の原点とも、一番彼らしいともいえる作品。マイク・リーのファンの方、機会があったら、是非チェックしてみて下さい。
# by Qtaro-mama | 2006-05-01 05:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ベルシー・ヴィラージュ

日本はいつの間にかゴールデンウィークなのですね。気にかけてないと、ついつい日本の祝日忘れてしまいます。フランスにはゴールデンウィークはありませんが、今週と来週は月曜が祝日なので、3連休が2度続く事になります。春になった事だし、どこか近郊へ小旅行でも良かったのですが、うちは5月の末に、「私の両親がフランスにやって来る」という一大イベントが待ち構えてるので、この連休はパリに残る予定です。

今日はベルシー・ヴィラージュへ行ってきました。かつてワイン倉庫だった所に、オシャレなお店やレストランがたくさん出来て、新しい地区として生まれ変わりました。ほとんどのお店が閉まってしまうパリでは貴重な「日曜でも買い物が出来る」場所の1つです。

地下鉄クール・サンテミリオンで降りると、すぐにベルシー・ヴィラージュとなります。お昼前に着いたけど、パリジャンはやはり郊外に出かけてるのか、人はまばら。普通の週末はもっと混んでるのかな? ショッピングを楽しんでるのも、観光客かもしれません。お店もフランスらしいものから、子供のオモチャ屋、本屋まで様々。ここで素敵なお土産を探すのも良いかも。

そのまま隣のベルシー公園に寄っても良かったけど、雨が降ってきたので、私達は一通りまわった後、お昼を食べて帰ってきました。日曜に買い物を楽しみたい観光客や、小さいお子さんがいる家族などには、お薦めの場所かもしれません。でも私達家族には、1度行けば十分というのが本音。普段の週末は、緑のある公園に行ってピクニックを楽しむ方が好きかもしれません。

ベルシー・ヴィラージュについては、こちらのページに記事が載ってました。
# by Qtaro-mama | 2006-04-30 23:12 | Trackback(3) | Comments(0)

夜のトイレ

昼間はオムツが外れたQ太郎ですが、夜は別です。昼と夜とでは、排尿機能の発達の仕組みが違うため、子供によっては、朝までおしっこを貯められないと言われてます。だから、昼間にオムツが外れてる子でも、夜にオムツをはかせるのはなんら変な事ではないのです。

私達も初めから、夜はオムツを続ける気でいたし、実際、今でも毎日はかせてます。なぜならQ太郎は、寝る前にお水をたくさん飲むのです。水はベッドの隣に置いておくので、時々、夜中に起きて1人で飲んだりもしてます。だから、夜中のオムツを外すのは、まだまだ先で良いという考えなのですが・・・。

予想外の事が起きました。オムツにおしっこしないのです。「ママ〜、おしっこでーす」と夜中に起こされるようになりました。朝5時くらいの事もあります。うちはトイレは1階にしかなく、Q太郎の2階の部屋から、毎回、抱っこでトイレに向かいます。夕飯に水分をたくさん取ったりして、寝た直後に続けてトイレに行ったりする時は、「おむつの中にして良いよ」と言いたくなる時もありますが、それだけは絶対言っちゃダメだぁと思い、急いでトイレに向かいます。

トイレに行った後は、再度すぐに寝てくれるし、起こされるのも毎日ではないので、問題というわけではありません。朝までグッスリの日もあるけど、そういう時でもオムツが濡れてる事ってほとんどないのですよね。これから夏に向けて、水分を取る機会も多くなると思うし、今すぐにオムツを取ろうとは考えてませんが・・・おしっこをしないのに、オムツを履かせるのも変な感じだなとは思ってます。

※昨夜は9時と12時に、トイレに行きましたよ。
# by Qtaro-mama | 2006-04-29 22:26 | Trackback | Comments(8)

責め苦にあうマルシュアス

先週行けなかったので、今日は久しぶりにルーブル美術館へ。朝は10℃しかなかったけど、お昼が近づくにつれ、太陽もサンサン、気温も上がってきました。

f0035251_2185510.jpg
ピュジュの中庭にて。前回行ったマルリーの中庭と対局の位置にあります。



f0035251_21102692.jpg
これがピュジュの「クロトンのミロン」。Q太郎は階段に座って、ゆっくり鑑賞してました。



f0035251_2195319.jpg
今日の目的はミロのヴィーナス。正面は人が多過ぎて、写真が難しい。



f0035251_21162191.jpg
今回、Q太郎が気に入ってたのがこれ。一応、写真に撮って、家で調べてみたら、「責め苦にあうマルシュアス」という有名な作品のようです。痛々しい様子がリアルに表現されている所が、Q太郎も興味を持ったのでしょうか?
# by Qtaro-mama | 2006-04-28 21:22 | Trackback | Comments(0)

ダーウィンの悪夢

かなりショッキングでした。全て実話のドキュメンタリー作品。アフリカの大きな湖(ビクトリア湖)近辺で現実に起こってる問題、グローバル化の波によって荒らされた現地の人々の生活。貧困にあえぐ人々、食料を奪い合って殴り合う子供たち。

日本では映画館での上映なんか飛ばして、いきなりNHKとかで放映してもらいたいなと思ってたら、既にHNK-BSにて放映されたようです。

f0035251_2165748.jpg
こういう力強い作品は、もっと多くの人の目に留まって欲しいな。
# by Qtaro-mama | 2006-04-28 21:07 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

危険な遊び

f0035251_2056178.jpg




f0035251_210489.jpg


オモチャを口にくわえるのも、三輪車の上に乗って手を離すのも、危険なので、良い子の皆さんは真似しないようにしましょうね。
# by Qtaro-mama | 2006-04-27 21:07 | Q太郎 | Trackback | Comments(2)

久しぶりのパスタ

子供も大好きだから、スパゲッティがよく食卓にのぼるという家庭も多いかな?
週末の土曜日、うちも久しぶりにパスタでした。パスタを打つのは簡単とはいっても、生地を寝かせたり、伸ばしたりする作業があるわけだから、食べる前に2時間くらい(余裕を持って)時間がある時じゃないと出来ないので、うちではそんなに頻繁に食べるというメニューではありません。

f0035251_21523315.jpg
パパが生地を入れ、Q太郎がレバーをまわす。二人三脚での作業、息の合ったところを見せてました。



f0035251_21531116.jpg
この日はタリアッテレにしました。ソースはQ太郎パパが担当。彼のミートソースはシンプルで、とても美味しいです。



パスタはやっぱり手打ち!という方、分かりますよね。1度、生パスタの美味しさを知ってしまうと、この位の作業は全然手間でも何でもないのです。これはお蕎麦やうどんにも言えるかな、
# by Qtaro-mama | 2006-04-26 21:56 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)

フランスの風邪

日曜から私が風邪をひいてしまったようで(Q太郎もちょっとだけ発熱)、昨日は熱のせいか、飲んだ薬のせいか一日中眠くて(眠くならないと書いてあったのに)、ほとんど横になってました。

今日起きたら、節々の痛みと喉の痛みがあるものの、熱は下がったから普通に過ごせそう。それにしても、フランスに来てから、風邪をひく事が多くなったような気がする(毎回、熱出るし)。日本に居たときは、こんなに頻繁に風邪ひくことなかった。こちらの風邪ウィルスには日本の薬は効かないと聞いた事あるけど、それ以前に、私の体が、日本には存在しないフランス産のウィルスと次々戦ってるような気がする。海外生活1年目は、こういう事も仕方ないのかしら?

f0035251_21263854.jpg
パリの公衆トイレです。1人ずつ使用する仕組み。閉じ込められたらどうしようと思うと、怖くて使えません。
# by Qtaro-mama | 2006-04-25 21:29 | Trackback | Comments(10)

四月の雪

f0035251_2142992.jpg
評判は良く分からなかったけど、一応、監督がホ・ジノという事で、見に行ってきました。



ん〜、どうなんでしょ。見終わった後は、何かが足りないなぁと思って、友達にも「あまりお薦めじゃないかも」なんて答えてたけど・・・このポスターをずっと眺めてたら(多分、日本版ポスターとは異なりますね)、なんとなくジワジワ来るような感じで、そんなに悪くなかったかなぁなんて思い直すようになりました。ホ・ジノらしい作品と言えるかもしれません。

「冬ソナ」を見た事ない私、ヨン様、初体験でしたが、日本に居た時は、テレビで映像をいろいろ見ていた為、初めて彼の演技を見たとは思えなかったですね。

土曜日はテレビで、是枝裕和監督の「誰も知らない」を見ました。巣鴨の子供置き去り事件を題材にして作られた作品です。内容は考えてた以上にショッキングだったけど、事件のその後を記さないのは、観客にとって、不親切かなと感じました。気になって自分で調べたら、本当の事件はもっと悲惨だった事が判明。途端に作品自体にリアリティのなさを感じました。これなら全てフィクションで通した方が良かったかも。最後の方に流れる歌もあそこには要らなかったかなぁ。
# by Qtaro-mama | 2006-04-24 21:43 | 映画 | Trackback(1) | Comments(4)

パリのモスケ

パリのモスケ(モスク)には、レストランが入っていて、クスクスなどが手軽に食べられます。私のお気に入りの場所で、観光でパリに来た際は、毎回食べに行ってたくらい。今日は隣の植物園に行ったついでに、お昼を食べてきました。

f0035251_112641.jpg
モスケの外観です



f0035251_12858.jpg
食べる前の和やかなひと時



f0035251_124861.jpg
食べる時は2人とも真剣。やっぱり親子だなと思います



ここのモスケはインテリアが素敵なので、観光で来た際に寄るのもお薦めです。お茶(甘くて美味しいミントティー!)だけでも歓迎されますよ。モスケなのでお酒は置いてません。アラブの人達は、子供好きの人が多いので、子連れでも問題ないです。実際、大きなベビーカーを中に持ち込んでる人、たくさん見かけました。テラス席もあるので、これからの季節良いですね。
# by Qtaro-mama | 2006-04-24 01:05 | Trackback | Comments(2)

2歳7ヶ月のQ太郎

うちの隣にはオモチャ屋さんがあります。外出の度に、オモチャの山が飾られたショーウィンドーを目にしなければなりません。これって子供にとっては夢のような環境なのですが、今までのQ太郎は、ショーウィンドーを眺める事はあっても、中に入る事はありませんでした。店内には大好きな電車のレールセットが置いてあって、それで遊べる事も知っているけど、私達が、買い物をする時以外は、お店には入らないのを知っているので、Q太郎もあえて入りたい言う事はなかったのです。

それが先月、いつものようにショーウィンドーを見ていると、店内のオモチャも見たいと言い出したのです。軽く「今度ね」と流して家に入ろうとすると、「見たい、見たい」と駄々をこねるのです。初めての事でびっくりしました。よくデパートのオモチャ売り場で、寝転がって足をバタバタしてる子供のイメージそっくり。なだめようと思ったけど、ますます自分の思いを通そうとする。

この出来事が象徴するように、今月のQ太郎は、自分の思い通りにならないと、駄々をこねる(思いを強く訴える)事が多くなったような気がします。親にとっては大変だけど、Q太郎の心が成長したからこそ、こういうワガママも出るようになったのかな?と、私はちょっと嬉しくも思ってます。

駄々をこねられても、すぐに折れるような親ではないから(Q太郎もそれは良く知ってるので)、暴れるのは長い時間続かず、すぐに「ごめんなさい」または「Pardon」と謝りに来るから、まだ可愛い方かもしれないですね。これが、素直に謝れなくなる日がいつかは来るのでしょう。

f0035251_23515039.jpg
久しぶりに顔がポッチャリしてない写真が撮れた!



先月くらいから、週末のお昼寝がなくなりました。多分、寝るよりはパパと遊んでる方が楽しいんでしょうね。私達も無理強いせず、お昼寝しなくてもOKにしました。平日は今まで通り、必ず1時間半〜2時間お昼寝しますよ。もっと寝たいようですが、私がいつも16時前に起こすようにしてます。
# by Qtaro-mama | 2006-04-22 23:55 | Q太郎 | Trackback(1) | Comments(2)