モンパルナス

世界遺産に着く前に

f0035251_3414417.jpg
食べて



f0035251_3422814.jpg
考えて



f0035251_343352.jpg
食べて



f0035251_3433610.jpg
飲んで



f0035251_3441452.jpg
また食べて



f0035251_3445635.jpg
デザートはぁ?



f0035251_345292.jpg
あなたの今日のデザートはチョコのクレームキャラメル





今日は世界遺産の街「プロヴァン」に車で行ってきました。パリを出たのが遅くて、着いたのはお昼過ぎ。とりあえず腹ごしらえという事で、レストランに入った時の様子が上の写真。

Q太郎が頼んだ子供メニューはコルドン・ブルー。七面鳥の肉にチーズとハムを挟んで揚げたもので、こちらの子供の大好きメニューです。

レストランを出ると既に14時半。フランスでレストランに入ると、どうしても時間がかかってしまう。肝心のプロヴァンの様子は、また明日以降書きますね。
# by Qtaro-mama | 2006-08-24 03:49 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)

タルティフレット

今日はもうすぐ日本へ帰ってしまうお友達をよんで家でランチ。メインにはタルティフレット(tartiflette)を用意。お料理はいつものごとくQ太郎パパにお願いしました。


f0035251_475277.jpg
タルティフレットの主役はこのreblochonというチーズ



f0035251_481915.jpg
炒めたタマネギとベーコン、茹でたジャガイモを用意します



f0035251_485225.jpg
その上に先ほどのreblochonチーズを上下に半分に切って乗せます



f0035251_4195381.jpg
隙間も埋めます



f0035251_492584.jpg
こんな感じにオーブンで焼き色が付いたら食べ頃



f0035251_41067.jpg
コニッションと一緒に食しましょ



子供にも大人にも好評だったタルティフレット。サヴォワ地方の料理だそうです。寒い冬にハフハフ言って食べましょ。


f0035251_4115611.jpg
ちなみに今日のデザートはタルト



タルト生地をいつもと違ったレシピで作ってみたと言ってましたが、いつもと同様、大成功でしたよ。
# by Qtaro-mama | 2006-08-23 04:29 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)

アーサー・リー

f0035251_5575369.jpg
60年代のバンド、「LOVE」の中心人物だったアーサー・リーが8月3日に亡くなりました。



死因は白血病だったようで、療養中にはベネフィットコンサートなども行われてたらしい。今は私も音楽とは無縁の生活をしてるからなぁ、全然知らなかったです。

昔は私も、この辺の音楽が大好きで、特にLOVEはお気に入りでした。3枚目の「Forever Changes」はとにかく名盤。やたら回数を聴きまくった盤で(もちろん持ってるのはLP)、今はジャケットを見ただけで、全曲口ずさめるくらいです。

実は90年代の初め頃に、アーサー・リー本人に会うために、ロサンジェルスへ行った事があります。友人が彼のソロアルバムを出すという事で、その打ち合わせだったのですが、私もアーサー・リー会いたさに連れて行ってもらいました。

本人を目の前にして、かなり感激したのを覚えてます。いろんなアーティストに会ったけど、握手で緊張したのは、後にも先にもこの人だけだったと思う。やっぱりオーラが出てました。

影響されたアーティストも数知れず。久しぶりに大音量で聴きたいなぁ。ご冥福をお祈りします。
# by Qtaro-mama | 2006-08-22 05:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

神楽坂の路地

日本を発つ日のお昼、大好きな神楽坂を歩いてみました。以前、近くに住んでいたので、散歩に食事にと、しょっちゅう行ってた場所です。

その神楽坂で、私が良く利用していたのが鳥茶屋。大切なお祝い事や、人を招待する時、単純に美味しい物を食べたい時は、必ずといっていいほど行ってました。実は、私達の結婚式もこちらで挙げましたよ。

この日のお昼ご飯も、鳥茶屋で頂きました。名物は「うどんすき」ですが、別亭は親子丼も美味。迷ったけど、いろいろな物が食べたくて、うどん会席のような物を注文。1つ、1つがそれぞれに美味しくて、使われてる器も素敵な物ばかり。量も多くて、お値段リーズナブル。今どき珍しい正統派の和食のお店だと思います。変わらない味に満足してお店を後にしました。


f0035251_16523861.jpg

f0035251_1653941.jpg



神楽坂をもうちょっとのぼって路地を入った所に、Q太郎が生後1ヶ月くらいから行ってた和カフェがあります。「茶寮」です。

インテリアも素敵だけど、お食事も飲み物もデザートも、どれを取ってもお店のこだわりが感じられて、私は大好きでした。

特にデザート系はどれも美味しそうで、いつも選ぶのを迷ってた。Q太郎パパはここの抹茶シフォンケーキがお気に入り。Q太郎の1歳の誕生日にも、ここで誕生日ケーキを注文しましたよ。

私達が行ってた頃は、混んでる事もあまりなかったのですが、このお店、現在はかなり盛況のようです。
# by Qtaro-mama | 2006-08-21 16:56 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

夏の特別な一日

時差ボケの残る昨日は、Q太郎パパの誕生日でした。


f0035251_15373682.jpg
サダハルアオキにてケーキを購入



f0035251_15444275.jpgf0035251_153948100.jpg


夕方にはQ太郎とオートミールクッキーを作り、夕飯には鶏のお腹にマッシュルームをたくさん詰めた料理を作ってくれたQ太郎パパ。

いつもありがとうございます。


f0035251_15404669.jpg
私からのプレゼントはこちら



いつもリモコンを探してるQ太郎パパの為に、小物入れ。気に入ってもらえたようで、私も嬉しいです。
# by Qtaro-mama | 2006-08-20 15:48 | Trackback | Comments(8)

東京の夜

日本滞在中、東京に行く予定のなかった私達が、急遽、東京行きを決めたのは1通のメール。

そのメールには、私のお気に入りの焼き肉屋さんのカルビ肉の写真が添付されていたのでした。そのお肉の赤い色を見たら、もうダメ・・・1人で東京行きを決め、Q太郎パパに言う前に、ホテルまで予約してしまいました。

そんなわけで、東京の夜はもちろん私達家族が大好きな両国の焼き肉屋さん。

先日、田舎に遊びに来てくれたゲイのお兄さん達も来てくれて、Q太郎もテンション上がりまくり。ここでも「肉よりキノコが食べたい」発言が飛び出し、いそいそと皆でQ太郎にキノコを焼きまくる。

和牛、最高でした。

パリでも、韓国焼き肉のレストランは1、2度行った事あるけど、やっぱり日本の焼き肉とは異なります。そして、ここのお店も特別なのかもしれません。ゲイのお兄さん達は、「叙々苑より美味しい」と言ってました。私は叙々苑では食べた事ないので比べられませんが・・・うちは焼き肉といったら、この両国の「百味亭」を利用してます。また一年間我慢して、来年の夏も行ければ良いなぁ。



東京では・・・
f0035251_16444267.jpg
旧友のムーミンと再会し・・・



f0035251_16451469.jpg
地下鉄にお行儀良く乗り・・・



f0035251_16461260.jpg
梅園で抹茶ババロアパフェを食しました
# by Qtaro-mama | 2006-08-19 16:48 | Trackback | Comments(6)

バカンスは続く

早朝4時15分、ひっそりとしたパリに到着しました。

飛行機の中も、行きと同様、順調に過ぎました。「満席の為」という理由で、私達三人はビジネスクラスに席を貰えましたよ。夜10時に出発の便、Q太郎は成田離陸と同時に寝始めて、起きたのはパリに着く一時間半前(朝食の時間だった為、起こしました)。私も同様にずっと寝れたので、夜便は本当に楽だと感じます。

現在、まだ朝の8時半。今日はゆっくり休む予定です。


f0035251_1635458.jpg
アボガドの種、いつの間にか、こんなに成長してました
# by Qtaro-mama | 2006-08-18 16:05 | Trackback | Comments(6)

和食、万歳!

f0035251_212983.jpg
今日はすき焼き



f0035251_21284582.jpg
明日は焼き肉




明日、東京に一泊して、あさってフランスに帰ります。

次は、モンパルナスから更新しますね。
# by Qtaro-mama | 2006-08-15 21:33 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(13)

からすのパンやさん

Q太郎の絵本、新たに三冊購入しました。読んであげるのが本当に楽しみです!

f0035251_2241440.jpg
f0035251_2243062.jpg
f0035251_2244830.jpg
# by Qtaro-mama | 2006-08-14 22:12 | Trackback | Comments(2)

パリ空港の人々

フランスを出発する日、パリの空港での出来事。

チェックインを済ませた後、私達は朝食を取るべく、ファーストフード店のような所に席を探しました。

日本では、ファーストフード店のような場所では、セルフサービスが徹底されていて、食べた後は自分で片付けをするという事が徹底されているように思えますが、海外に行くと、国によっては、全く片付けをしない(しなくても良い?)所も見られます。

その朝、私達が見つけた空きテーブルにも、前の人達のゴミがそのまま残されてました。他にテーブルを見つける事は難しかったため、Q太郎パパがトレーをゴミ箱へ持っていき、テーブルを片付け、私達はそこに荷物を置く事が出来ました。そして荷物を見る為、私がそこに残り、Q太郎とパパは朝食を買いに出かけたのです。

私は待ってる間に電話をかけてました。会話をしながら、ふと隣のテーブルを見ると、食べかけのサンドイッチと半分以上残されたコーラが置かれてました。隣に座っていた人は、トイレにでも立ったのか?それともまた片付けないまま行ってしまったのかな?と漠然と考えていたその時、席を探していた若い女性がその席に座りました。そして、前の人が残していった食べ物をテーブルのトレーに集め始めました。そのまま、ゴミ箱に持っていくのかなぁと見ていると、その女性は信じられない行動に出ました。

なんと、食べかけのサンドイッチ、ゴミ、コーラ全てを、隣の私達のテーブルの上に置いたのです。

えっ、どういう事?・・・一瞬私は、目の前に置かれた意味が分かりませんでした。私はまだ電話を終えてなかったので、とっさには何も出来ませんでした。でも、これは何か抗議した方が良いと思い、電話をすぐに終えました。

「これは私達のではありませんが・・・」

置かれた食べかけのサンドイッチを指して、その女性に言いました。すると彼女はこう答えました。

「私達のものでもないわ」

私は、その答えと、彼女の身なりから、常識が通じない人かもしれないと、とっさに判断しました。そして「どうして私達のテーブルに置くのですか?」と質問したいのをグッと我慢して、そのままQ太郎パパを待ちました。しかしこちらも、そのままにしていては自分達のトレーを置く事が出来ない。私がゴミ箱へ持っていくのも悔しいし、捨ててから、持ち主が戻ってきて、捨てた事を抗議されるのも怖い。そこで、私はとりあえず自分の足もとに置く事にしました。

隣の女性のもとには、同僚らしき女性3人も集まり、それぞれ飲んだり食べたり。しばらくすると、初めに席を取っていた女性が同僚達に耳打ち。その後、別の女性が私に言いました。

「どうして、あなたは自分で食べたゴミを下に捨てるの?」

えーーーーーーー

開いた口がふさがらないとはこういう事。その女性に対して、「私は捨ててません」というのがやっとでした。実際、足もとに置いただけで、捨ててはなかったのです。それに私が食べたものではありません。

別の女性が口を開きました。「時々、自分が食べたものを片付けない人がいるけど、私はああいう人達が耐えられない。そういう人達が存在するのが信じられない」

それに対して、他の女性も「私もそう、そう」といった感じで相づち、私は別な方向を見ながら、Q太郎パパの帰りを待ちました。

その時、Q太郎とパパが到着。それと入れ替えに、隣の女性達も食べ終わったのか、席を立ち始めました。「ねぇ、ねぇ、聞いて〜」と私が日本語でそれまでの出来事を説明しようと思った瞬間、私はまた信じられない状況を目撃しました。

なんと、そこで食べていた女性4人全員が、自分の食べたゴミをテーブルにそのまま残していったのです。ゴミ箱に捨てていった人はゼロ。さっき、「片付けない人が耐えられない」と言ってたのは何なの?

私は本当に呆れ果て、Q太郎パパの不在中にあった事をゆっくりとそのまま話しました。Q太郎パパも席に着いた時、隣にいた女性に唖然としたそうです。私から見えない所に座ってた女性は、タバコを吸っていたのですが(そこは禁煙席)、灰皿がない為、灰を床にそのまま落としていたのだそうです。

この話しは、ここで終わりではありません。続きがあります。

私達はその後、搭乗ゲートに向かいました。荷物検査を通った所で、Q太郎パパが言いました。

「彼女達に気がついた?」

「えっ、誰?」

後ろを振り返ると、先ほどの女性達4人が居ました。なんと彼女たちは、荷物検査の検査官だったのです。荷物検査は二手に別れていて、私はちょうど彼女たちとは別の方向で検査を受けてました。

荷物検査といえば、今の時代、かなり重要と思われる職業。常識が通じないと思われた女性がそういう所で働いてるのを見るのは、かなり複雑な気持ちになりました。

スミマセン。話しが長くなりました。まとめです。

フランスに住んでいると、常識では考えられない言動を取る人が結構います。この朝、空港で起こった事は、特別な事ではないと思ってます。こんな事を毎回気にしていては、フランス(パリ)では暮らしていけません。実際私は、飛行機に乗った瞬間から今日まですっかりこの出来事を忘れてました。たまたまニュースで空港の映像が写ったのを見て、ふと思い出したのです。

もし、自分が食べてるテーブルに、隣の人がゴミを置き始めたら、皆さんはどういう態度を取りますか?断固、抗議しますか?

彼女達が生まれ育った国では、ゴミはとりあえず隣のテーブルに置くというのが常識なのかもしれません。久しぶりに「常識」の違いを思い知らされた出来事でした。
# by Qtaro-mama | 2006-08-13 17:38 | Trackback | Comments(11)

日本の携帯とトイレの進化

日本に来て、いろいろ気付いた事。

携帯の進化

妹が新しい携帯を用意してくれて、それがドコモのFOMAなのですが・・・・いきなり日本のテクノロジーの凄さみたいなのを感じてます。フランスの携帯なんて、写真が撮れるだけで、ワイワイ騒いでるレベル(だけど私の周りには、カメラ付き携帯を持ってる人自体居ません)。それが日本の携帯は、画面を開くと、勝手に天気予報とかニュースが流れてくる。メールも、前に比べるといろいろな機能が付いていて・・・フランスでは、携帯でメールを送るという事を一切やってないので(日本語じゃないので、別な意味で面倒)、ボタンを押す私の手もだいぶぎこちない。1つのメールを書くのに、物凄い時間を要してます。


トイレの進化

実家に着いてすぐ、Q太郎パパがトイレに入ったところ、「ウワァー」という声が聞こえてきました。「何ごと?」と思って、トイレに駆け寄ったところ、そこには立ち尽くすQ太郎パパの姿が・・・。便器のふたが自動で開いたことにびっくりしたらしい。用を足すと、水も自動で流れてきた。そのままトイレを後にしようとすると、今度は便器のふたが自動で閉まった。

フランスでも、ウォシュレット機能の付いたトイレが、だんだん人気が出ているとは聞いた事があります(それでも実際には私も目にした事はありません)。私達が東京で借りてたアパートにはウォシュレット機能のトイレが付いていたし、今ではかなり一般的に広まりつつある物だとは認識してます。しかし、便器の蓋が自動で開閉し、水が流れるものが出まわってるとは知らなかった。

日本を離れて、1年半。ほとんど浦島太郎状態です。


f0035251_15592216.jpg
昨日、隣の人が作ってたカメ。とっても上手だった
# by Qtaro-mama | 2006-08-12 16:02 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(4)

冷えてます

f0035251_17274491.jpgf0035251_1728095.jpg


んー、おいしいーーー!

f0035251_17323069.jpgf0035251_17324531.jpg


んー、つめたーーーい!

f0035251_1733054.jpgf0035251_17331474.jpg


んー、にっぽんさいこうーー!


Q太郎、冷たい物ばっかり食べて、お腹を壊し気味です。

毎日の最中アイスに、冷えた麦茶。Q太郎、今まで生きてきた中で、冷たい物をこんなに連続して取るって事なかった。

フランスでのQ太郎は、アイスクリームを食べる事が許されるのは、週末だけだったし、冷たい飲み物ってほとんど飲んだ事ないかも。

パリでは、お店でミネラルウォーターなんかを買ったとしても、冷えてる確率は少なく、氷が入った飲み物もあまり見つからず、家でも生ぬるい水しか飲ませてなかった。こちらのあらゆる所で、飲み物を前にし、その冷たさに、毎回、目を丸くしてビックリしているQ太郎。見ていて面白いです。
# by Qtaro-mama | 2006-08-11 17:50 | 日本での夏休み | Trackback(1) | Comments(0)

Q太郎とモモ

f0035251_17175174.jpg
ねぇ、ねぇ、見てぇ



f0035251_17181786.jpg
これがバーティよ



f0035251_17191023.jpg
これはソドー島よ




昨日の雨の日、飼い犬のモモは風邪をひいたのか、一日中、調子が悪く食欲がない。Q太郎も疲れが出たのか、昨日はずっと熱が出てた状態。

今日は2人とも元気になった。2人とも食欲回復。良かった、良かった。
# by Qtaro-mama | 2006-08-10 17:23 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(6)

ないたあかおに

日本に来て買いたいと思ってた物がQ太郎の絵本。フランスからも注文出来なくはないけど、自分で手に取って選びたいものなので、ネットでは買い物しづらい商品。


f0035251_16532222.jpg
私が好きな「ないたあかおに」




f0035251_16534069.jpg
「もったいないおばあさん」の英語表記版。これならQ太郎パパと私の両方が読んであげられる



もう1冊、Q太郎パパが選んだ日本語の絵本は「おなかのかわがやぶれたかえる」。カエルの絵が可愛くて、私もすぐに気に入りました。

本当はあと何冊か購入したいのだけど、興味あるのが見つからなかった。絵本選びって難しい。

その代わり、アンパンマンの「かるた」を見つけた。かるた遊びって楽しそうと思って、いったん手に取ったけど、安易にアンパンマンで良いのかしらと疑問が湧き、とりあえず今日は保留。他にどんな種類のかるたがあるのか、ちょっと調べてみたいと思います。
# by Qtaro-mama | 2006-08-09 17:02 | Trackback | Comments(6)

やっぱり海

f0035251_22241042.jpg
6日連続の海、今日はやっぱり波が高い




f0035251_22243084.jpg
お昼過ぎに海に入ってるのは、2人だけ




f0035251_22245195.jpg
とうとう海でもパンツを脱ぎ捨てた


台風が近づいてるんですね。海に入るのは、今日が最後かなぁ。


f0035251_222588.jpg
海の帰りにリサイクルショップで「ワンピース」の掛け時計を見つけた。海賊が好きなQ太郎の部屋にかける予定。これで300円也。
# by Qtaro-mama | 2006-08-08 22:30 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(4)