モンパルナス

<   2017年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

パリのメトロとタクシーとバス

今日久しぶりにバタバタした。

外出先からメトロに乗って帰ろうとホームで待ってると、電車が運行中止のアナウンス。ホームは人で溢れかえってたけど、みんな我先にと出口に急ぐ感じ。

私はそのまま切符売り場の窓口へ行った。切符の払い戻しをお願いしようと思ったのです。私の前に待ってたのは3人ほど、でも窓口の人は不在。みんなで大人しく待つ。

どのくらい待ったかな。1人、また1人・・・と脱落し、私が先頭となった。メトロの切符1枚、多分200円くらいするんですよ。私は意地でも払い戻しをしてほしかった。

その後、駅員さんが口の周りをナプキンで拭きながら奥の部屋から出て来た。どうも、食事を取ってたような雰囲気。

「払い戻ししてください」

私のチケットを見て・・・
「どうして?既に中に入ったチケットでしょ?」

「でも電車が来ないみたいなので・・・」

駅員さんは手元のパソコンで情報を確認。そこで初めて、電車が止まってることを知る。

「払い戻しは出来ないけど、ハンコを押すから次回使ってください」

チケットのことだけでだいぶ時間がかかってしまった。家にはタクシー(
Uber)で帰ることにしようと思い、すぐにアプリで配車を依頼。

携帯アプリで、タクシーが今どこにいるから分かるので見てると、5分ほどで近くに。しかし最後がなかなか動かない。パリは一方通行の道路も多く、ここに来るまでに時間がかかってるのかな?なんて思ってると、電話が来た。Uberを利用すると、結構な確率で乗車前に電話がかかってくることがあるので、これも同じく場所の確認かなと出ると、応答しない。電波が悪いのか何なのか・・・。でもこちらが動いてもしょうがないので、そのまま待ってみると、いきなり「キャンセルしました」のお知らせが。待っても来ないからという理由で、運転手さんがキャンセルしてしまったらしい。

その時点で自分からかけてみることも考えたけど、どういう運転手さんか分からないので、怖いからやめた。

それで一番近いバス停までVelib(レンタル自転車)、そしてバスでの帰宅。

しかもバスの運転手さん。さっきハンコを押してもらったメトロのチケットを出したけど、受け取ってくれない。機械に差し込んでくれの合図。機械に差し込んだって、一度入れたものだからエラーが出るのは分かってる。諦めてそのまま乗ってしまった。

ハンコが押されたチケットはまだ手元に。次回バスかメトロに乗る時に出せばまた使えるのだと思う。それをQ太郎パパに言ったら、「変なところで見られてるからヤメた方がいい。不正乗車の罰金はかなり高く付くから・・・」と。

まぁ、言ってることは分からなくもない。確かに罰金の話はたまに聞いたりするので・・・。


f0035251_5235850.jpg

今日、O次郎が10ユーロを拾った。

正確には、私が駅の階段で見つけて、O次郎に「拾って・・・」と合図。O次郎がすばやく拾ったというわけです。

日本だったら「交番へ・・・」となりますが、ここは派出所のない外国。皆さん、どうされてるのでしょうね。O次郎には、「好きな本買っていいよ」と言っちゃいました。


そういえば今日乗ったUberタクシーの方、私が現れなかったという理由で料金が6ユーロ加算されていた。現れなかったって、ずーっと待ってて勝手にキャンセルしたのはあっちなのに、6ユーロも取るってどういうことなのよ?って思って、抗議のメールを出したらすぐに払い戻しとなった。

実は前々回、10分くらいの距離を乗っただけなのに、40ユーロくらいの料金を取られていた(Uberタクシーは登録してあるカードでの自動支払いが出来るのです)。詳細を見たら、なぜかオルリー空港まで行ったことになってる。

まぁ、これも申告したらすぐに払い戻しになったけど、気づかなかったらそのまま支払ってたかも。パリのUber利用者さん、結構気をつけた方が良いですよ。

f0035251_5242068.jpg

しょうもない写真。なんかやってみたくなった。
by Qtaro-mama | 2017-08-31 05:47 | Trackback | Comments(0)

Hubert Charuel 「Petit Paysan」

f0035251_5071.jpg

Petit Paysan
監督:Hubert Charuel

今日はかなり暑い日。午後8時、涼を求めて映画館へ行ったら、クーラーが壊れてた。

タイトルの「Petit Paysan」には特別な意味があるのかな?そのまま「小さな農家」と訳せばいいのかしら。

主演のスワン・アルロー、彼ってもの凄くきれいな顔をしてるなぁと昔から気になってた。そんな彼が農業?って思ったけど、かなりサマになってる。

良い感じにまとまってる作品でした。
by Qtaro-mama | 2017-08-30 05:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)

中華街のベトナム料理

f0035251_4521379.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

なんか、メールして近況聞きたい人たくさんいるのですが、今年の夏は何となく気持ちがバタバタしてしまって・・・今のところ当たり障りのない記事をブログに書くので精一杯です。

もっと深いところまで書きたいと思う時もあるけど、そこまでは時間がない感じ・・・。まぁ、夏休み中だからしょうがないですね。

そういえば今日、ある人から、「〇〇がテレコになってます」という表現を聞きました。この「テレコ」の意味が全く分からなくて・・・

調べて「互い違い」という意味があることは知ったけど、これって標準語じゃないですよね?なんかこの歳になって、こんな風に全く知らない言葉が出てくるとビックリするんですけど・・・。


f0035251_453792.jpg

昨日は13区の中華街にあるヴェトナム料理店へ。私の記憶によれば、いつも行ってる中華屋とここが唯一、中華街でミシュランガイドに載ってるお店だと思う(もしかしたら違ってたかも)。

f0035251_4555613.jpg

間違って、前菜二つも頼んじゃったぁ・・・って感じ。とにかく量が多くて多くて・・・残さずに食べようと頑張ったら(それでも残したけど)、久しぶりにお腹いっぱい過ぎて吐きそうでした。
by Qtaro-mama | 2017-08-29 05:14 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)

ソフィア・コッポラ 「The Beguiled」

f0035251_428137.jpg

The Beguiled
監督:ソフィア・コッポラ

1971年に公開された、ドン・シーゲル監督「白い肌の異常な夜」のリメイクだそうです。こちらはクリント・イーストウッド主演。

オリジナルは未見ですが、見終わった後に感じたのは・・・なんかオリジナルの方が面白そう。

悪くはないけど、何かが足らない。何だろうなぁ・・・。ソフィアの「ヴァージン・スーサイズ」を見直したくなります。
by Qtaro-mama | 2017-08-29 04:38 | 映画 | Trackback | Comments(2)

田舎のバーベキュー

f0035251_432892.jpg

週末は田舎に行ってきました。

庭のマロニエの木も、この通りだいぶ茶色くなってました。

f0035251_4221478.jpg

午後はだいぶ気温もあがったので、ずーっとプール。

f0035251_419338.jpg

そしてずーっと読書と日焼け。

f0035251_420836.jpg

猫アレルギーのQ太郎の前をNEKOという名前の猫がゆっくりと通り過ぎ・・・

f0035251_43153100.jpg

夜はまだまだ外で食事が出来る明るさ。

f0035251_4215143.jpg

f0035251_4222363.jpg

f0035251_4364830.jpg

いつものバーベキュー。他にも写真に写ってない料理たくさん。

f0035251_591586.jpg

再び彫刻もやりました。



なかなか手慣れたものです。
by Qtaro-mama | 2017-08-28 05:16 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)

カフェのサラダ

f0035251_528811.jpg

最近こういうバスみたいなのを街なかで見るのです。昨日は3回も見たし、先日は近所のパン屋さん前の細い道路を走ってた。

観光客用だとは思うけど、一体どのルートを走ってるのか・・・。

f0035251_5305215.jpg

昨日載せれなかった写真をいくつか。

これはサンミシェル方面で見つけて写真に撮ったもの。

f0035251_531170.jpg

そしてモンパルナスに戻ったら、広告に出ているのを見つけた。

最初に写真を撮った時は、その辺の落書きだと思ってましたが・・・。

f0035251_5282916.jpg

昨日、じゃんけんに負けて、お米を運ばされてる図。

f0035251_5255322.jpg

実は今日も昨日と同じ辺りをウロウロ。しかし昨日と違ったのは、大雨が降ったり止んだりで、かなり忙しかったこと。

写真は今日食べたカフェのサラダ。こうやって見ると、パンがいくつか乗ってますね。もちろん別添えでパンもたくさん付いてくるのですが・・・。

f0035251_526378.jpg

帰りは、リュクサンブール公園の中を通るのが近道。

庭師がちょうど作業中。

f0035251_5265470.jpg

パリの公園の花の植え方は、本当に一見の価値ありというくらい美しい。

f0035251_5252929.jpg

その後、いつもの船遊び。

お天気が悪いからか、誰もやってなくて選び放題。今日は初めてベルギー。
by Qtaro-mama | 2017-08-26 05:53 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

洋梨とチョコレートのタルト

f0035251_4544897.jpg

洋梨とチョコレートのタルトを作ってみようと思いつき、昨日缶詰を買ってきた。ちょうど生の洋梨も出てるけど、煮加減が難しそうだなと思ったのです。しかもレシピ本は最初から缶詰使用だし・・・。

f0035251_4554485.jpg

缶詰で正解だったかも・・・。洋梨に対して、中のフラン種が少なめなので、ちょっとボコボコに。

f0035251_52771.jpg

でも洋梨がたっぷり入ってて、食べてても軽い軽い。タルト食べてるとは思えない、自分はただのフルーツを食べてるだけと錯覚して、みんな2切れずつ。

f0035251_45145100.jpg

午前中タルトを作った後、O次郎がテニスをやりたいというので、壁打ちでも出来ればと、近くのテニスコートがある公園へ。

f0035251_452566.jpg

しかし、壁はなかった・・・。

しかもO次郎、嫌になるくらい、ラケットにボールが当たらないの。

f0035251_452404.jpg

ボール拾いに疲れ果て、最後は寝た。

f0035251_525073.jpg

お昼、友達と待ち合わせで近所のカフェへ。日替わりの「海苔風味のリゾット」みたいなのを注文。付け合わせの魚が、味も食感も煮魚。ご飯の部分も、懐かしさ感じさせる味(かなり和風)。何が入ってたのか分からないけど、ここのシェフとはたまにすれ違うので、今度聞いてみようかな・・・と本気で思ってしまった。

f0035251_5265371.jpg

夕方お米を買いに、徒歩で5区の方のお店へ。途中、学生街を通るから当たり前だけど、本屋ばかりやたらあって、もう寄り道ばっかり。

写真はソルボンヌ大学。

f0035251_5203280.jpg

f0035251_526677.jpg

下の写真は映画関連専門の書店。

f0035251_5181267.jpg

f0035251_529475.jpg

こちらの本屋では、店頭のセール本につかまり、2冊お買い上げ。

f0035251_5343548.jpg

お米を買った後、ノートルダム大聖堂近くの公園で休憩。

f0035251_5321468.jpg

そしてここでも。
by Qtaro-mama | 2017-08-25 05:39 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

新しいカフェのムース・オ・ショコラ

f0035251_0163364.jpg

お昼にバニーニでも買おうと外に出たら、お気に入りのお店が休みだった。それでそのまま、気になってたカフェに行ってみることに。

f0035251_0171367.jpg

お店の名前は「Le Lithographe(リトグラフ)」。ラスパイユ駅の隣で、お気に入りカフェの目の前なのに、なぜか今まで目に止まらなかった。でも何度もこの道を通るようになって、お客さんがいつもいることに気づき、試してみたいと思ったのです。

f0035251_0164151.jpg

私が注文したのは週替わりのメニューからチリコンカルネ。結構パリでは珍しいかなと思った。

でも、運ばれてきたお皿を見てビックリ。ライスが付いてる!うちはチリコンカルネの時は豆が入ってるから、ライスは付けないかな・・・。食べながら、近いうちにQ太郎パパにリクエストしよう・・・と考えた。

f0035251_0165093.jpg

O次郎も同じく週替わりメニューからチキン。本当はチーズバーガーと迷ってて、どんな調理法かお姉さんに聞いた後にやっぱりハンバーガーを選ぶかなと思ったらチキン。しかもこれ正解。とっても美味しい。

しかもまたライス。これって意外とパリのビストロでは珍しいかなぁ?なんて思った。でもこういう料理の時でも、フランスは必ずパンが付きます。

f0035251_4175147.jpg

お腹がいっぱいになって、お会計を頼もうと思ったら、O次郎が勝手にムース・オ・ショコラを注文してた。メニューが読めるようになって何でも分かる。

しかもこれ、すごく美味しい。いわゆる軽めのムースオショコラじゃなくて、チョコレートが濃いバージョン。




ムースオショコラ食べる前に、思いついて動画を撮ってみました。

O次郎、かなり味わって食べてます。


ちなみにここのカフェ、私は食事のメニュー含めてかなり気に入りました。すぐにリピートすると思います。
by Qtaro-mama | 2017-08-24 04:57 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

シェーブルのクレープ

f0035251_356044.jpg

今年は6月に暑い日が何日かあったけど、7月8月ははっきり言って、1日も暑い日がなかった気がする。今日は久しぶりに30度近くまであがったけど、このまま秋に突入する勢い。

f0035251_461285.jpg

新刊が続けて出たので、日本のamazonに注文。Q太郎いわく、「漫画はやっぱり日本語で読みたい」。

f0035251_420682.jpg

散歩の途中に見つけた、郵便博物館のショップ。外からしか見なかったけど、可愛いの結構売ってますよ。

f0035251_3564060.jpg

今日は午前中にテニスをやって、私はクタクタ。しかも白米をうっかり切らしてしまって・・・お昼はクレープリーへ。

f0035251_3572324.jpg

今日は入ったことないお店をチョイス。炭酸水を注文したら、ブルターニュ産。

f0035251_46665.jpg

私は疲れすぎてて何が食べたいか考えれず。基本のハム、卵を注文。

f0035251_483832.jpg

O次郎は、「シェーブル(ヤギのチーズ)のクレープありますか?」とお店の人に聞いて注文。メニューにはなかったけど、特別に作ってもらった。

こんな風にチーズだけが丸々入ってるクレープ。

f0035251_4195081.jpg

今日の夕飯。昨日から冷やしておいたメロンと、またまたQ太郎パパが買ってきた大きな骨付きハムをスライスしたもの。前回のはスペイン産だったけど、これはポルトガル産。

前のもそうだったけど、こういうハム、意外としょっぱくないですよ。

f0035251_4195319.jpg

ハム1枚につき、このくらいの量のサラダ食べてます。
by Qtaro-mama | 2017-08-23 05:30 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

ロバン・カンピヨ 「120 Battements Par Minute」

f0035251_21445445.jpg

120 Battements Par Minute
監督:ロバン・カンピヨ

今年のカンヌ映画祭のグランプリ作品。審査委員長のペドロ・アルモドバルとしては、この作品にパルムドールをあげたかったのは間違いないと思います。

90年代のパリ、エイズの治療、理解を求めて戦う人、グループ。

前半の勢いある部分も好きだけど、丁寧に作られたラストのシーンも美しい。そしてこれ、時間が経つにつれ、じわじわとやって来る。

俳優陣はみなさん良かったけど、1人圧倒的な存在感を放つ女優さんがいた。彼女の名前はアデル・ヘネル。既に有名な女優さんらしいけど、私はあまり知らなかった。今後、断然注目だな。。

Q太郎と一緒に見てもいいかなとも思ったけど、息子と見るとかなり気まずいシーンが結構あります。気をつけてください。
by Qtaro-mama | 2017-08-23 03:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)