モンパルナス

<   2017年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

美味しかったクレープリー

f0035251_21465828.jpg

お昼前にFNAC(本屋さん)へ。本屋さんで使える商品券のようなものを貰ったので、プレゼントなど色々買い物。

写真はFNACの隣にある建物。この写真に写ってるの全て工事現場にかかってる絵です。窓とか全て。でも今、この写真を見てると、あまりにリアル過ぎて自信がなくなってきた。

一階にZARAが入ってる建物ですが、私たちが前回住んでた時からずーっと工事中なんですよ。一体いつ終わるの?って感じ。

f0035251_21502979.jpg

1時半過ぎに、漫画を持ち込んでクレープリーへ。

「碧いホルスの瞳」、全く聞いたことない漫画でしたが、午前中に行ったFNACの男性店員さんお薦め、あまりにも熱く語るので買ってみました。

ストーリーも面白いけど、とにかく絵が綺麗なんだそうです。

f0035251_21562930.jpg

今日入ったクレープリーは、以前からお昼のセットがやたら安いなぁと目を付けてたところ。

シードルちょっと入れ過ぎ。

f0035251_21563446.jpg

セットで選べるクレープは5種類くらいあったかな。その中の卵、トマト、玉ねぎというのを選んだら、やたらすぐに出てきました。

f0035251_21564263.jpg

切った瞬間は、トマトの水分が出てるかなって思ったけど、食べ続けたらそんなに気にならない。それよりも、トマトの酸味と玉ねぎの甘さが絶妙な美味しさ。

チーズの入ってない軽さも気に入った。

f0035251_310139.jpg

テラス席に座ってました。多分、ここの正面辺りにパン屋がある。

f0035251_3101666.jpg

f0035251_31097.jpg

店内もなかなか素敵な感じ。

f0035251_3115491.jpg

セットのデザートはチョコレートをチョイス。

f0035251_3125146.jpg

安いところだとヌテラの時があるけど、ここはちゃんとチョコレートだった。

f0035251_3133721.jpg

飲み物(シードル)、食事クレープ、デザートクレープ、コーヒーが付いて9.5ユーロ。

もしかしたらフランス人や男性には少ないかな?という量なんだけど、私にはちょうど良かったです。

f0035251_314238.jpg

帰り道、本屋さんの前を通ったら、有川浩さんの猫がこっちを見てる。

私は犬派ですが、思わず買いたくなる
by Qtaro-mama | 2017-07-29 06:37 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

マーブルケーキ

今、映画「ダンケルク」のサントラをYoutubeで探し出して聴きながら書いてます。

映画の感動再び、ハンス・ジマー最高


f0035251_4262745.jpg

パリの朝ってたまに、雨が降ったのか、掃除で水をまかれたのか分からない状況があるのです。

今朝もこの場所に立って、辺りを見渡しても判断出来ず。

でも今この写真を見ると、ゴミが一つも落ちてませんね。やはり清掃車が通った後でしょうかね。

f0035251_4264995.jpg

本屋さんで見つけてビックリした。

「絵文字」って、今や世界共通語なんでしょうか?

f0035251_4284741.jpg

これは別の本屋さんの店頭に置かれてた本。

文庫本みたいな感じかな。色が素敵。

f0035251_4545561.jpg

上の本が置かれてたのはモンパルナスの本屋さん「L'oeil ecoute」、眼は聴くという意味。

ポール・クローデル(カミーユ・クローデルの弟)の著書に同じタイトルがあるけど、そこから取られたのかな?

間口は狭いけど、中は結構広い。しかも地下もある。営業時間が長くて、この本屋さんのファンは多い。

f0035251_4282529.jpg

おやつにマーブルケーキ。

以前2回続けて、砂糖の入れかたを失敗したので、今日は慎重に。
by Qtaro-mama | 2017-07-28 05:10 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

トム・オブ・フィンランド

f0035251_405322.jpg

トム・オブ・フィンランド
監督:Dome Karukoski

このポスター、街で見かけることが多かったけど、ずーっとトム・オブ・イングランドだと思ってた。

それで、トム・オブ・フィンランドというのは、フェィンランド人の画家の名前で、ゲイを描いた作品で有名になった人。彼の伝記映画。

フィンランドやドイツでは、ゲイであることを公表することすらままならず。しかし、その後に渡ったアメリカの自由さにはビックリ。

かなり興味深く見れました。
by Qtaro-mama | 2017-07-28 04:14 | 映画 | Trackback | Comments(2)

サラダ・ニソワーズ

メトロ13番線のPlaisance駅まで探索に行ってきました。本当はこの駅の先まで行きたかったけど、Velib(自転車)の駐輪場があまりなくて、ちょうど見つけたところで返却。

f0035251_4383052.jpg

このPlaisance駅はモンパルナスから数えると、大体2駅目。歩いても来れるくらいの距離。

でもうちの周りとは既に雰囲気違う(悪い意味じゃなく)。ケバブ屋さんの値段も安くてビックリだわ。

Q太郎パパがたまに来るアラブ系の食料品店もこの先にあるはず。

f0035251_4384764.jpg

こういう所って、気になって絶対覗いちゃうのよね。

なんか今日は中途半端な散策となってしまったので、次回は時間たっぷり取ってまた来ます。

f0035251_4394163.jpg

帰り道、先日来た映画館アントルポの前を通った際、お昼ご飯を食べて行くことを思いつく。映画館だけは何度も来てるけど、併設のレストランは入ったことがないのです。

f0035251_4393640.jpg

レストランは中庭があって、思ってた以上に素敵な空間でした。

f0035251_56979.jpg

時間がなかったのでサラダ・ニソワーズだけを注文。

次回は女友達と一緒に来よう。

f0035251_5223767.jpg

ランチの後、映画を見るために急いでオデオン方向へ自転車で移動。

自転車を停めたところが、昔、いつも泊まってたホテルの近くだったので、写真を撮りに寄りました。

f0035251_5224420.jpg

17世紀に建てられたお屋敷だそうです。

表からちょっと覗いてみたら、受付の後ろに素敵な壁紙を発見。

ここのホテルは部屋ごとに壁紙が違ってて、それが本当に素敵なの。一人旅だったら、またここ泊まりたいなぁ・・・なんて考えて急いだら、間違って違う映画館へ行ってしまった。そこからまた走って走って・・・本編には間に合いましたが・・・ちょっとバタバタした午後でした。
by Qtaro-mama | 2017-07-27 05:33 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

エミール・クストリッツァ 「オン・ザ・ミルキー・ロード」

f0035251_23415390.jpg

オン・ザ・ミルキー・ロード
監督:エミール・クストリッツァ

批評がいまいちだったので、見に行くか迷ってたら、近所の映画館では上映が終わってしまった。でも気になってたので、上映してる映画館探し出して見に行きましたよ。

日本人の生活レベルでは(フランスでも)考えられないようなビックリ映像満載です(笑)。

見逃さなくて本当に良かった。


f0035251_23554652.jpg

Fantastic Woman
監督:セバスティアン・レイロ

あなたは本当に素敵な女性です。

これ、個人的にお薦め作品。

f0035251_01169.jpg

ソング・トゥ・ソング
監督:テレンス・マリック

批評が悪いのは知ってたのです。でも舞台がテキサスのオースティンだというので、それだけでも見れたらと思ったのですが・・・

場内は私一人。

内容は、想像以上にヒドかった。
by Qtaro-mama | 2017-07-27 05:29 | 映画 | Trackback | Comments(4)

マルシェの果物

昨日紹介した映画「Baby driver」ですが、選曲が本当に絶妙なのです。誰でも知ってるようなヒット曲ではないけど、誰も知らないレベルのマイナーな曲とも違う。

うわぁ、ここでこの曲使うか・・・みたいなのが満載。

まず1曲目が、ジョン・スペンサー・ブルーズ・エクスプロージョンの「Bellbottoms」で始まりますから。しかも使われる部分が長い。

この辺が分かると、あとはスラスラ行くと思います。





この曲、映画の鍵です。

原曲はCarla Thomasですが(多分)、私はアレックスバージョンも大好き。あえて、こちら貼り付けておきます。





もう1曲、映画の中で使われてるの紹介。ジョナサン・リッチマンの「Egyptian Reggae」。一体、いつ作られたの?みたいな映像。



f0035251_4534427.jpg


最近マルシェで買う果物といったら、アブリコットにペッシュ・プラ(平たい桃)、そしてこのReine Claude(クロード王妃)。

買ってきたのはいいけど、熟れるのも早く、すぐに食べないと小さな虫がたくさん寄ってくる。
by Qtaro-mama | 2017-07-26 05:01 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)

クリストファー・ノーラン 「ダンケルク」

映画の感想がたまっちゃいました。


f0035251_484538.jpg

ダンケルク
監督:クリストファー・ノーラン


あぁ、これはもう1回見に行こうかと思ってるほど気に入りました。

ある種の体験ですね。

見終わった後にちょっと歴史を復習したので、2回目はもっと分かると思います。


f0035251_4163264.jpg

Viceroy's House
監督:グリンダ・チャーダ

インド、パキスタンの分離独立の話。これも今まで興味がなく、なるほどぉと歴史の勉強のつもりで。

日本が平和なのは、こういった宗教対立がないのも理由なのかなと見てる時に思ったりした。

f0035251_4285157.jpg

ベイビー・ドライバー
監督:エドガー・ライト

1本の映画に、こんなに既成の曲が使われてるのって見た事ないかも・・・っていうくらいに入ってる。でも良く考えたら、スコセッシの「カジノ」も多かった? でもあれは、作品自体が長かったから・・・。時間で比べたら、この「ベイビードライバー」が上を行くんじゃないかな。


f0035251_4475438.jpg

スパイダーマン ホームカミング
監督:ジョン・ワッツ


私がこの作品を見に行った理由は一つ、「アイアンマン」が出てるから。

最近、トニー・スタークが気になる存在です。





アイアンマンが歌ってる。しかも上手い!!!
by Qtaro-mama | 2017-07-25 05:03 | 映画 | Trackback | Comments(4)

タパス&中華

f0035251_342336.jpg

昨日の夜は友達家族たちを食事に招いてたので、バゲット3本購入。

f0035251_3425738.jpg

前菜に手作りタパスをたくさん準備したのです。

f0035251_3425165.jpg

上左から、野菜のグリル、赤ピーマンのマリネ、下左がタコ、右がイカ。

この他に、ポルトガルの干し鱈のコロッケ(これがシンプルな味付けで美味!)、ハムメロンなどなど。

f0035251_3433811.jpg

これはガスパチョ。ガスパチョって意外と味の加減が難しいと思うのですが、これはかなり好きな味。

それで結局、皆さん前菜だけでお腹いっぱいになってしまって、前代未聞、メイン料理にたどり着けませんでした。


f0035251_421541.jpg

今朝O次郎は、一人でTGV(フランスの新幹線)に乗って、田舎のおばあちゃんの家に行きました。

一人といっても、フランスでは子供だけを連れて行ってくれるサービスがあるのです(飛行機みたいに)。だけど、こういうの初めてだから昨日からかなり不安そう。今朝は朝ごはん食べれませんでした。

行ってみたら、一車両、まるまる子供達だけで埋まってて・・・もちろん付き添いのお兄さんお姉さん達がいます。

1時間20分だけだし、隣の子たちとおやつを交換してたらあっという間に着いたみたいです。


f0035251_3443861.jpg

f0035251_3444511.jpg

f0035251_3451675.jpg

f0035251_345920.jpg


O次郎を送り出した後、残りの3人で中華街。

食べたいものをそれぞれ頼んだ感じ。写真に写ってない野菜系が2皿。

その後、映画を見るのに中心部の方へ行って、帰りはバスで帰ろうと思ったら、なかなか来ない。多分25分は待ったでしょうか。タクシー乗ってもいいかなと思ったけど、そのくらい待つと、もうちょっとで来るんじゃないかと思って、なかなか動けない。

そしたら今日は、ツール・ド・フランスの最終日らしく、パリの至るところが通行止めとなってたらしい。だからバスもいつもの通りに運行出来なかったのかな。

結局タクシーで帰ったのですが、タクシー運転手も長年やってるけど、こんなに至る所が通行止めになってるのは初めだと言ってました。

フランス人にとって、ツール・ド・フランスというのは一大イベントみたいですね。
by Qtaro-mama | 2017-07-24 04:22 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

カフェ 「Le Jockey」

最近、自分の体調の変化がいくつかあるけれど、一番ビックリするのは、夕方遅い時間に昼寝をしてしまうこと。

ここ何週間か、毎日のように17時とか18時、今日なんか19時にソファーで寝てしまった。

夕飯の準備も終わって、あとは食べるだけ・・・というちょっと気を抜いた時間帯に睡魔に襲われる。寝起きが最悪。いつも罪悪感。

こんな感じだから、早く寝ようと思っても寝れないのです。


f0035251_4165428.jpg

パリに着いて、最初の2ヶ月間滞在してたアパルトマンの近くのカフェでお昼を食べました。

f0035251_417397.jpg

O次郎はベーコンチーズバーガー。

f0035251_417861.jpg

私はコブサラダ。

実はコブサラダという料理名、最近知った。

少ないように見えるけど。パンもたっぷり付いて、お腹いっぱいに。

f0035251_4192622.jpg

ここのカフェ、他のところよりちょっぴり高めですが、私は雰囲気がかなり好みなのです。

トイレもかなりきれい。

f0035251_4193349.jpg

お店の前には、ザッキンの彫刻。
by Qtaro-mama | 2017-07-22 05:37 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

ジョスランの塩バターキャラメル

パリのタクシーは、前回住んでた時は、年に1回使うか使わないかの頻度だったけど、今回は既に10回くらい使ってるかも。

なぜなら今は「Uber」があるから。

本当に便利だと思います。パリは流しのタクシーが基本いなくて、タクシー乗り場に行かなきゃならないから、このUberの来てくれるサービスは助かる。

パリはメトロとバスでどこでも行けるけど、行き先によってはタクシーが便利な時もあるのです。観光で来た人にも使えると思いますよ。


f0035251_448035.jpg

おやつにクレープ食べようか・・・と話してたのに、出かけてたら17時半になってしまった。

遅いおやつだけど、帰る前に1枚食べていくことに。

f0035251_447129.jpg

先日も行ったジョスランで食べたいと言うけど、17時半という時間は早いのでお店自体やってるかどうか分からない・・・・と思ってたら、やってた(笑)。

私はとにかく喉が渇いてたので、飲み物を注文。O次郎は塩バターキャラメルが自家製であることを目ざとく見つけて、それを注文。

f0035251_4483581.jpg

お店の人が、「分けて食べる時の為に・・・・」と言って、お皿を持って来てくれた。

そういえば韓国では、こういう取り皿は言わないとなかなか貰えないことが多かったなぁ。

f0035251_44711100.jpg

自家製の塩バターキャラメルが最高に美味しい。市販のとはやっぱり違いますね。
by Qtaro-mama | 2017-07-21 05:12 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)