モンパルナス

<   2016年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパ土産

Q太郎パパが2週間のヨーロッパ出張からたくさんのお土産と一緒に帰ってきました。フランス、ドイツ、ポーランド、スペイン、移動が多くてかなり疲れたみたいです。

f0035251_16154297.jpg

帰ってきた日のランチは、お土産のスペイン産生ハムと一緒に。こういうハムを切る時にスライサーあるとやっぱり便利ですね。手ではこういう風に薄くは切れません。

f0035251_16154557.jpg

休む間もなく作ってくれた、スペイン風オムレツのトルティージャと一緒に頂きました。

f0035251_16185542.jpg

O次郎にはこちらのお土産を。初の自分のタンタン本です。いつもはQ太郎パパのお古を読んでます。

f0035251_16184440.jpg

Q太郎にはハリーポッターの最新作フランス版。年齢と共にお土産も変わってきますね。
by Qtaro-mama | 2016-10-17 16:49 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

ティム・バートン 「ビッグ・アイズ」、ニマ・ヌリザデ「エージェント・ウルトラ」

f0035251_22353347.jpg

ビッグ・アイズ
監督:ティム・バートン

先日のミス・ペレグリンをかなり気に入ったので、ティム・バートンの未見の作品を。

これ、予告編も見たことなく、ストーリーも全く分からずに見始めたからか、すごく楽しめた。このストーリーの実在のモデルがいるなんてビックリです。本当に映画のような話し。

主演の二人というか、特にエイミー・アダムスの控えめな感じが良かったかな。

f0035251_22352524.jpg

エージェント・ウルトラ
監督:ニマ・ヌリザデ

英語が聞き取れないところが結構あって、細かいところは良く分からなかったけど、ストーリーにはあまり関係ないかな・・・。

もうちょっと面白いかなとは思ったけど、わたし的にはキャスティングがツボです。
by Qtaro-mama | 2016-10-16 09:32 | 映画 | Trackback | Comments(2)

今日のおやつ 「肉まん」

ノーベル文学賞のニュース、皆さんも聞きましたよね?

私は思わず「ハァ?」って声出ましたよ。冗談だと思った。

ボブ・ディランの音楽、昔から何度も聞いてたけど、彼の書く詩の意味なんて考えたこともなかった。


f0035251_163217.jpg

この曲のオリジナルってクイーン?とQ太郎が聞いてきた。聴いてみると、ボヘミアンラプソディには違いないけど、歌ってるのはクイーンじゃないみたい。映画「スーサイド・スクワッド」の中の曲らしい。

それから久しぶりにクイーン。この「オペラ座の夜」は私が初めて聴いたクイーンのアルバムであって、唯一。今聴いても興奮しますね。


f0035251_16295684.jpg

今日のおやつは、Q太郎リクエストの肉まん。寒くなってきました。
by Qtaro-mama | 2016-10-14 16:46 | Q太郎のおやつ | Trackback | Comments(4)

クエンティン・タランティーノ 「キル・ビル」

f0035251_14473391.jpg

キル・ビル
監督:クエンティン・タランティーノ

「イングロリアス・バスターズ」を気に入ったQ太郎と、2夜続けてキル・ビル1と2。

今改めて2の終わり方を見ると、3作目が作られてもおかしくないのかなぁと思いましたね。


f0035251_14191919.jpg

アメリカのシンガー、グレン・キャンベルのドキュメンタリー。

新しいアルバムを発表直後にアルツハイマーと診断されたところから始まる。私から見ても、症状はかなり重いように見えたけど、ツアーを続けるグレンと家族。歌うのを途中で忘れてしまうんじゃないかと見てる私もハラハラでした。
by Qtaro-mama | 2016-10-14 14:36 | 映画 | Trackback | Comments(0)

タルト2種

最近、夜と早朝がかなり寒くて、先週風邪をひいて2日も学校を休んだQ太郎が再度「寒くて死にそう・・・」と言い出すので、一昨日の夜はとうとう暖房を入れてしまった。まぁ、本当に必要な時に入れて壊れてたら嫌なので、正常に動くかどうか確認の意味もあったのですが・・・。

それで、そんな暖房を入れる気温なのに、いまだ「蚊」が出ます。しかも大量。

昼間は出ないんですよね。なんか寝る時を待ってるみたいで、夜10時過ぎくらいから増えてくる。一応、電気ラケットで全部殺して万端にしてから寝ます。

昨日も寒かったし、もう全部殺したに違いないと、いつも閉めてる寝室のドアを開けっ放しで寝たら、他の部屋から入ってきたみたいで、かなり刺された。しかも唇までやられて、あまりの痛さに起きてしまったほど。

昨日遊びに行った家でも話題になったのは同じく「蚊」のこと。別のフランス人ママの家でも同じらしく、うちだけじゃないってのは分かってるのですが・・・。

蚊を殺す電気ラケットの電池がちょうど切れてしまって、どうせもう必要ないからと変えるのを躊躇ってたけど、やっぱり必要なことに気付いて、昨日大きい電池を買ってきました。

多分、去年と同様11月くらいまでは続くんじゃないかと思います。


f0035251_1450590.jpg

パンが発酵してる様子が好きです。

寒くなると、こういうゆっくりと発酵させる料理が良いですね。

f0035251_14534084.jpg

昨日はフランス人ママ友宅でランチ。去年仲の良かったアルゼンチン人ママが韓国に来ていたので、彼女を囲んでおしゃべり。

アルゼンチン人ママは急に引っ越しを決めたというか、夏前にサヨナラを言う間もなくアメリカへ行ってしまった。まぁ、下の子はO次郎と同じ歳だけど、上のお子さん2人がアメリカの大学へ行ってる云々、複雑な事情があるからですが・・・。

でもよくよく聞くと、仲の良かった旦那様だけを残して引っ越しを急に決めたのは、やっぱり韓国に馴染めなかったからというのも理由の1つではあるみたい。初め住んだ所では、人種差別的な嫌がらせをされたとも聞くし・・・。

色々な理由があるけど、1年くらいで別の国に行ってしまうという人、結構周りにいます。

f0035251_1453665.jpg

フランス人ママは仕事を始めたので超多忙。デザートは私が持っていくことに。

最近作ってる2種類、それにホットドッグ用のパンを午前中に準備。タルト生地を前日に用意しておけば、これくらいは短時間で作れます。

フランス人ママに、「どうしてタルトの部分をこんな波打ってるようにきれいに作れるの?」と聞かれたけど、こういう型なのよ〜(笑)。別に特別な技術は必要としないの。ただ型に沿って生地を置くだけ。
by Qtaro-mama | 2016-10-13 15:27 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

舩橋淳 「フタバから遠く離れて」

ポーランドの映画監督、アンジェイ・ワイダ氏が亡くなりました。

いわゆる「抵抗3部作」と呼ばれる「世代」「地下水道」、そして「灰とダイヤモンド」、学生の時に見てかなり影響されたのを覚えてます。こういう作品に若い時に出会えて良かったなぁといまだに思うのですが・・・

この作品を考える時、同時に思い出すのが、高田馬場にあった「ACTミニシアター」という映画館。このアンジェイ・ワイダ監督の作品をはじめ、多くの名作をこの場所で見ました。

本当に小さな映画館でした。

まず受付でお金を払ったら、靴を脱いでカウンターの下に置きます。土足厳禁なのです。そして中は、座椅子のようなものに座りながら鑑賞するスタイルで、寝ながらでも見れたはず(枕はなかったよね?)。そんな状態だから、寝た回数は計り知れず。

オールナイト上映もよくあって何回か行ったけど、深夜2時から4時くらいの時間帯はヤバかったな・・・。今思い出すと、あの座椅子というのは、「どうぞ寝て下さい」にしか見えない。


f0035251_14585232.jpg

フタバから遠く離れて
監督:舩橋淳


テレビのハードディスクに入ってた映画。日本で録画してあったもの。タイトルから福島県双葉町のドキュメンタリーだったとは想像出来ず。

この作品には、第二部もあるみたいなので、機会があったら是非見てみたい。
by Qtaro-mama | 2016-10-12 17:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

レモンクリームのマカロン

「ハウス・オブ・カード」のシーズン3までを見終えました。

途中から、主役のケビン・スペイシーがどんどん嫌な奴になっていって、あぁ、この人消えて欲しい・・・と強く願ったけど叶わず。正義って何だろう・・・と思う日々。

今これを見てて面白いのは、アメリカの大統領選と重なること。連日のヒラリーとトランプ両氏のニュースも興味深い。

シーズン4が公開されてて、すぐにでも続きを見たいところだけど、なぜか韓国のネットフリックスでは公開されてない。どうしてよ?


f0035251_2127295.jpg

今日は朝から出かけて、いったん家に戻ってマカロンを2種類焼く。その後また出かけて、戻ってからマカロンのクリームを挟む作業。坂を上り下りして疲れてたからか、レモンクリームを入れてたボウルを手を滑らせて割ってしまった。

普通に割るだけならまだ良いけど、ガナッシュクリームが入ってたものだから、床が悲惨なことになって、しばし呆然・・・。

写真は再度クリームを作って挟んだもの。ちなみに、初めて色素で色を付けてみました。

f0035251_211535.jpg

床を片付けた後、1人おやつタイム。

昨日Q太郎が「前回のよりちょっと柔らかめだね・・・」と。

さすがQ太郎、中に入れたチョコレートの量が違うのよ。

前回の固めの方が美味しかったかな?って聞いたら、「どっちも美味しいけど・・・」とボソッと。チョコレートが入ってればどっちでも良いのかな?と思ってたら、今日最後の1切れを食べた後に、「前回と今回の中間くらいの固さが良いんじゃないかな・・・」

貴重な御意見。
by Qtaro-mama | 2016-10-11 21:44 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

疑惑のチョコレートタルト

先週からO次郎がギターを習い始めたのです。まだちょっと早いかなぁと思ったけど、興味のない習い事をさせるくらいなら、本人が希望してるものをと思いまして・・・。

O次郎のクラスメートもちょっと前から始めてて、同じ先生を紹介してもらいました。先生といっても、学校でフランス語を教えてるフランス人。去年、Q太郎がフランス語でお世話になりました。

それで先週初めてのレッスンを受けたのですが、そこで言われたのが、ギターがちょっと小さい・・・と。昔から家にあるクラシックタイプのギターですが、確かに小さいのです。O次郎には大人用のはまだ大き過ぎても、そのギターは小さ過ぎる。その中間のサイズが売られてて、あまり高くない・・・と。どうせこれからも使うのならと、さっそく買いに行ってきました。

f0035251_1621637.jpg

ソウルで楽器を買うとき定番の楽器市場へ。ここ、お店の数はまぁまぁあるものの、扱ってる商品がどこの店も似たり寄ったりで、買う方としてはあまり面白くない。しかも値札が付いてなくて、人の顔見て値段付けられます。

O次郎の友達が同じ場所でギターを買ったというので値段を聞いたところ、1万5千円だと。決して安くない。私は1万円以上出すのは嫌だなと思ってました。

それで片っ端から値段を聞いていくと、大体1万5千円、1万2千円。あぁ〜、絶対足元見られてる・・・。

そろそろ疲れてきたなぁと思った辺りで、お店の人に「予算はいくら?」と聞かれたので、思いきって「8千円」と言ってみた。

そしたら奥の方へ行って、このギターだったら付属品なしで8千円で良いよ。現金のみだけど・・・。

お店のお兄さん、ご丁寧にATMがある場所まで連れて行ってくれて、現金下ろしてすぐ購入。現金のみでレシートなし・・・怪し過ぎるわぁ。

f0035251_16193192.jpg

タルト続きます。

前回、全粒粉を使ったタルト生地を作りたかったのですが、作ろうと思ったときに全粒粉がちょうど切れてて、ライ麦粉を使ってしまいました。それはそれで上手くいったのですが、やはり全粒粉で作りたく、週末に専門店で購入してきました。

それでまた作る時に気付いたのですが、買ってきたばかりの全粒粉の色が普通の小麦のように白いのです。これって本当に全粒粉?と疑惑の目を向けてしまいました。

購入の際、お店の人にも確認したのです。それで韓国語のパッケージ、頑張って読んでみると「小麦粉100%」と書いてある。小麦粉100%ってどういう意味だろう?全粒粉も小麦粉100%に間違いないような気がするけど・・・ん〜?

今回は6対4の割り合いで小麦粉と混ぜたので、まぁ、出来上がって食べてみれば分かるかな。

出来上がってすぐに食べてみました。ん〜、サクサクはそれなりにしてるけど、普通の小麦粉の味しかしないような気がする。全粒粉のサクサクというより、違う小麦粉を6対4で混ぜ合わせたサクサクだな・・・。

モヤモヤが残ります。


f0035251_16192977.jpg

チョコレートに使ったのはこちらのチョコレート。ベルギー人ママ友が遊びに来るたびに持ってきてくれる。韓国は美味しいチョコレートが高いので、本当にありがたいです。
by Qtaro-mama | 2016-10-10 17:04 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

ティム・バートン 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

f0035251_203234.jpg

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
監督:ティム・バートン

子供たちと鑑賞。

見終わって「モスバーガー」でお昼ご飯食べながら、3人で感想を言い合ったりして・・・

みんなそれぞれ好きなキャラクターは違ったけど、みんな大好きな映画でした。
by Qtaro-mama | 2016-10-09 22:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)

コーエン兄弟「ビッグ・リボウスキー」

f0035251_2163824.jpg

ビッグ・リボウスキー
監督:コーエン兄弟

ネットフリックスを見てたQ太郎。「これ、面白そうじゃない?」と言ってきたのが「ビッグ・リボウスキー」。

この作品の面白さが分かるなら、大したもんだなぁ・・・と思いながら一緒に鑑賞。

それにしても面白い。嫌になるほど・・・

私が好きなのは、ジミー・デイル・ギルモアが出るシーンでしょうか。彼のファンなので・・・

コーエン兄弟作品の中では、これが1番回数を見てるかも。それって結局、一番好きな作品ってことかもしれない。
by Qtaro-mama | 2016-10-08 21:47 | 映画 | Trackback | Comments(2)