モンパルナス

<   2011年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

クリント・イーストウッド 「ヒアアフター」

f0035251_5264738.jpg

ヒアアフター
監督:クリント・イーストウッド

昨夜見ました。

どんなストーリーか全く知らなかったので、素直にビックリ。好きですねぇ、こういうの。楽しめました。

双子の兄弟のエピソードはやっぱり胸に来ます。


f0035251_5322280.jpg

トスカーナの贋作
監督:アッバス・キアロスタミ

こちらは逆にダメだった。途中で見るのを止めようと思ったくらい。

どう見たって、この2人合わないでしょ。言い争いばっかりで嫌になる。
by Qtaro-mama | 2011-05-31 20:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Q太郎の母の日のカード

f0035251_20132175.jpg

f0035251_20133926.jpg

時々、全く意味不明のポーズを取ります。

f0035251_2018934.jpg

そういえば、昨日Q太郎が着ていたTシャツも私のでした。

「EP」とシンプルに書いてますが、エルヴィス・プレスリーなんですよ。メンフィスのグレイスランドで買いました。


f0035251_20532967.jpg

Q太郎は、母の日用に学校でこういうカードを製作してきました。四辺を開けると・・・

f0035251_20542241.jpg

こんな風にハートと言葉が。

f0035251_20584444.jpg

出た!Q太郎得意の派手な太陽。

f0035251_2054151.jpg

そして裏面はこんな感じ。

仕上げるのに、もの凄く時間がかかったらしいです(ちょっと納得)。
by Qtaro-mama | 2011-05-30 21:22 | Q太郎 | Trackback | Comments(8)

母の日のQ太郎料理

f0035251_2112312.jpg

今日は、フランスでは母の日です。

それとは関係ないけど、パリに住んでるうちに、パティスリー・デ・レーヴの日曜限定のミルフィーユを食べておこうかなぁと思って、お昼近くに買いに行きました。でも売り切れてたので、別のケーキをチョイス。

f0035251_2131060.jpg

Q太郎が選んだのはフランボワーズのタルト。

f0035251_2142583.jpg

そして私はフレジエ。これ絶品。

f0035251_21162522.jpgf0035251_21161094.jpg

2人で「お母さん、抱っこ〜」。

f0035251_2101352.jpg

ケーキ屋さんへ行く前には、すでにこんなお昼ご飯を用意してありました。

出来上がった卵焼きを切り分けたのは私だけど、それ以外は全てQ太郎。おにぎりの具は、基本の梅干し。

f0035251_211985.jpg

朝、卵焼きの作り方を教えてあげました。こういうのは練習あるのみですよね。
by Qtaro-mama | 2011-05-29 21:26 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(19)

タウン・ヴァン・ザント 「Waiting Around to Die」

先日、「クレイジー・ハート」の記事の中で、亡くなった知り合いのミュージシャンについて書きましたが、彼の映像を探してる時に、タウン・ヴァン・ザントとデュエットしてるのを見つけました。それから久しぶりにタウン・ヴァン・ザントのアルバムを聴く日々。




じいさん、泣くなぁ、泣かないでくれぇ。こっちまで泣きたくなるよぉ・・・みたいな映像。歌詞がずっしりと胸に響いたんでしょうか。下に歌詞を記しておきます。


Sometimes I don't know where this dirty road is taking me
Sometimes I can't even see the reason why
I guess I keep on gamblin', lots of booze and lots of ramblin'
It's easier than just a-waitin' 'round to die

One-time friends I had a ma, I even had a pa
He beat her with a belt once cause she cried
She told him to take care of me, she headed down to Tennessee
It's easier than just a-waitin' 'round to die

I came of age and found a girl in a Tuscaloosa bar
She cleaned me out and hit it on the sly
I tried to kill the pain, I bought some wine and hopped a train
Seemed easier than just a-waitin' 'round to die

A friend said he knew where some easy money was
We robbed a man and brother did we fly
The posse caught up with me, drug me back to Muskogee
It's two long years, just a-waitin' 'round to die

Now I'm out of prison, I got me a friend at last
He don't steal or cheat or drink or lie
His name's codeine, he's the nicest thing I've seen
Together we're gonna wait around and die


タウン・ヴァン・ザントには1度だけ会った事があります。ある女性に紹介してもらって挨拶しましたが、当時の私は、彼の名前と顔ぐらいしか分かってなかったかな(彼の凄さをあまり知らなかったという意味)。
by Qtaro-mama | 2011-05-29 06:22 | Trackback | Comments(5)

ポン・ジュノ 「母なる証明」

最近、テレビで見た映画について。

f0035251_6323124.jpg

母なる証明
監督:ポン・ジュノ

この邦題になんとなく違和感覚えます。

シナリオも良く出来てて悪くはないけど、同じ監督だと「殺人の追憶」や「グエムルー漢江の怪物」の方が好きかなぁ。


f0035251_6334174.jpg

瞳の奥の秘密
監督:ファン・フォセ・カンパネラ

こういうのはテレビの画面じゃダメだなぁ。映画館で見なかったことが心残り。


f0035251_21105832.jpg

Tamara Drewe
監督:スティーヴン・フリアーズ

面白さのポイントみたいなのが全然分からなかった。英語が分からないとダメ?誰か教えて下さい。
by Qtaro-mama | 2011-05-28 21:25 | 映画 | Trackback | Comments(2)

そら豆のフムス

f0035251_444368.jpg

フランスの料理雑誌を見て、何かを作るって滅多にないのですが・・・

材料がPicardの冷凍そら豆(フェーブ)となってたので、それなら私にも出来そうと思って作ってみました。

材料のほとんどが豆なので、ヘルシーですよね。なんとなくワカモレ(アボガドのディップ)みたいだなぁなんて思いながら食べてましたが・・・今、もう一度レシピを確かめると「フムス」と書いてありました。

確かに「豆」だしなぁ。やっぱりフムスなのかなぁ。

f0035251_43417100.jpg

こんな風にトルティーヤに付けて食べると、気分はワカモレです。

f0035251_4433067.jpg

今日は、朝食用にパウンドケーキ(カトルカール)も焼きました。

このシットリしたやつ、たまに無性に食べたくなるんですよね。
by Qtaro-mama | 2011-05-27 05:35 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(11)

スコット・クーパー 「クレイジーハート」

f0035251_4412075.jpg

クレイジーハート
監督:スコット・クーパー

ジェフ・ブリッジズ大好きだし、カントリーミュージックも嫌いじゃないので、結構気に入るかなぁと思ってたけど、見てる間、あるミュージシャンについて考えてしまって、なかなか集中出来ませんでした。

そのミュージシャンと知り合ったのは、かれこれ20年前のこと。初めて行ったテキサスにて。それからも会う機会は多かったけど、友達の友達という感じでそんなにたくさん話すほどではなかったかな。それでも彼のニュースは常に入って来てたし、新しいアルバムが出ると毎回プレゼントしてもらってた。

彼の名前を久しぶりに見たのは、2ヶ月ほど前のこと、フランスの新聞にて。かなり大きく扱われた記事だったので、「また新作でも出したかなぁ」ぐらいに思い、内容まで確認しようとはしませんでした。

それが追悼記事、彼の死を知らせるものだと知ったのは、その数日後。普通にショックでしたね。

「クレイジー・ハート」同様、彼はカントリーロック、ブルーズのミュージシャン。

映画と違ったのは、ジェフ・ブリッジズ演じるバッド・ブレイクが、昔は人気ものだったのに今は落ち目という設定に対し、知り合いの彼は若い頃に全く売れず、本気で音楽を止めようと考えてたときに人気が出始めたというもの。その時、彼は40歳。

不思議な事に、彼の音楽が一番売れたのはヨーロッパ、特にこのフランスではかなりのファンがいたと記憶してます。私も初めは彼の人気ぶりが良く分からなかったのですが、二度ほどフランスで、彼のコンサートにお邪魔した際、ファンの熱狂ぶりをこの目で確認しました。

それからCDも売れて来て、彼の元にはたくさんのお金が入ったはずなのに、なぜかいつもお金がないと嘆く。調べてみたら、なんとマネージャーだけが儲けていたという事件もありました(マネージャーはそのお金で家を建てました)。

色々あったけど、私が好きだったのは、売れる前と売れた後の彼の人柄みたいなのが、全く変わらなかった事。ヨーロッパでは人気ものだけど、テキサスの自分の家に帰ると、全く無名のいつもの彼。付き合う仲間も行きつけのお店も同じ。

享年62歳。癌で闘病生活を送っていたようです。

今回、彼のビデオなども紹介しようと思いましたが、なかなか彼の魅力がそのまま伝わるようなものが見つからず。名前も公表せず、私の中の思い出として、こちらに書くだけにします。
by Qtaro-mama | 2011-05-27 03:25 | 映画 | Trackback | Comments(2)

水曜日はおにぎり

f0035251_2043554.jpg

メトロの「M」。

f0035251_20493420.jpg

私のTシャツを着るQ太郎、これシリーズ化しそうですね。

これは、ニューオリンズのジャズフェスティバルに行った時のもの。1998年版です。

f0035251_2050153.jpgf0035251_20522413.jpg

O次郎は、今日はタンタン。プレゼントで頂いたもの。

今日のお昼は、Q太郎におにぎりを作ってもらいました。先週作ってもらったら、上手に出来たので継続を。タコウィンナーはマスターしたので、次は卵焼きかな。

ちなみに、Q太郎にお料理してもらう時は、お遊びの一環じゃなくて、真面目にやってもらってます。
by Qtaro-mama | 2011-05-25 20:59 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(12)

Q太郎のおやつ 「イチゴのロールケーキ」

f0035251_691734.jpg

寒かったり暑かったり・・・風邪ひきそうです。午後に気温が上がっても、朝、Q太郎を学校に連れて行く時は、まだまだ寒かったりするんですよね。

それで今の時期、「はんてん」が大活躍です。

f0035251_6131956.jpg

カーディガンじゃ寒いんですよね。この「はんてん」のあったかさが良いんですよ。

f0035251_6163539.jpg

今日は4時半過ぎに学校から帰り、急いでおやつを食べて公園に直行。最近、クラスメイトが遊んでるとかでQ太郎が行きたがる。

日本でQ太郎と同じくらいの年齢の子だと、1人で学校へ行ったり、遊びに行ったりしてるんでしょうかね。パリのQ太郎は、まだ1人での外出はありません。1人留守番もまだ。

つい最近になってようやく、O次郎が遊んでる砂場から100メートルくらい離れてる所(私から見えない場所)で友達と遊ぶくらい。それまでは、私の目の届かない所へは絶対行かせてませんでした。家庭によっても、住んでる環境によっても違うと思いますが・・・我が家はこんな感じです。

ちなみに上の写真は、今日のおやつの「ロールケーキ」。時間がなくて、巻く前の写真だけ。
by Qtaro-mama | 2011-05-25 06:38 | Q太郎のおやつ | Trackback

ウディ・アレン 「アニーホール」

日曜にカンヌ映画祭が終了し、パルム・ドールにテレンス・マリックの「ツリー・オブ・ライフ」が輝きました。

作品的には賛否両論のようですが、どうなんでしょうね。今回は審査委員長にロバート・デ・ニーロ。これが別の人だったら、ダルデンヌ兄弟の作品が、3回目のパルムドールって事もあり得たのかなぁ?なんて考えてます。映画祭というのはこういうものなので(特にカンヌ)、こればかりはしょうがないですね。

私たちはテレビで受賞式を見ていましたが、ダルデンヌ兄弟が舞台上に立った時、Q太郎に「この2人はベルギー人で兄弟なんだよ」と教えたら、「えっ?僕とOちゃんみたいに?」って答えてた。

将来、Q太郎とO次郎の2人が一緒に映画を作るなんて事はあるかしら?


f0035251_21551777.jpg

アニーホール
監督:ウディ・アレン

先日「マンハッタン殺人ミステリー」を見た時に、「アニーホール」を見直したいなぁと漠然と思いましたが、調べたらフランス版のiTunesにあったので、さっそくレンタルしました。でも字幕が付いてなかったので、苦手な英語での鑑賞。久しぶりに画面に思いっきり集中しちゃいましたよ。

現在のウディ・アレンを最近テレビで見たばかりなので、若い彼の姿がちょっと新鮮。なにしろ1977年の作品です。今から30年以上前のウディ・アレンとダイアン・キートン。

今見ても、2人の出会いの所とか良いですよね。そしてダイアン・キートンが素敵だぁ。

次は、自分の中でのナンバー1「マンハッタン」、そして「ブロードウェイのダニーローズ」辺りを見てウットリしたい。
by Qtaro-mama | 2011-05-25 03:42 | 映画 | Trackback | Comments(13)