モンパルナス

<   2009年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

こまったさんのカレーライス

f0035251_16472052.jpg

「分とく山」野崎洋光が教える 和風 肉料理

夏休み、日本で買ってきた料理本の中の1冊。

平日、お肉を料理することはあまりないけれど、こういうのを読んでると無性に作りたくなって、先週は久しぶりに豚肉のしょうが焼きをやった。

料理本には相性というのがあると思う。
私は野崎さんの料理と相性が良いのか、彼の料理本を使いやすいと感じていて、かなりの頻度で利用しています。

そして、上の料理本の序文に野崎さんのこんな言葉があります。

”豊かさ”とはレストランで豪華なものを食べることではなく、鮮度のいい素材を手に入れて、自宅で思いどおりに料理できる技があることだと思います。

フムフムと頷きながら読んでしまいました。

f0035251_16474664.jpg

こまったさんのカレーライス
作者:寺村 輝夫

昨日の夕飯は、冷凍庫に入ってる「イカ」を使ってしまいたかった。
中華系のおかずにしようと思ったけど、Q太郎が以前、この本の影響から「イカカレーが食べたい」と言ってたので、カレーにすることにした。

いつも「こまった、こまった」と発言している主婦が出てくるこの本。
寝る前にちょっと読んであげるには、かなり文章が長いし、私的にはそんなに面白いと感じてないのですが・・・子供は違った感想を持っているようで、Q太郎は大好きなんですよね。特に玉ねぎを切り始めて、周りが海になるシーン。いろいろな魚が出てくるのが面白いようなのです。

イカカレーを食べながら、「こまったさんの本の中に出てくるカレーみたいでしょ?」とQ太郎に言ったら、「こまったさんは結局、こういうイカカレーは作ってないんだよ」という返事。

えっ?と思い、後でこっそり読み返したら本当だった。こまったさんが作ったのは普通の豚肉のカレー。確かにスーパーでイカは買ってるシーンは出てくるけど、そのイカは別メニューでおつまみになっていた。

子供って、しっかり覚えてますねぇ。

裏表紙にいろいろなカレーの種類が載っていて、それを見ながらQ太郎は「今度はこれが食べたい」発言を連発するのですが、Q太郎が一番食べたそうにしてるのは「カレーうどん」。ん〜、食べさせた事ないからなぁ。気持ちは分かる。

寒くなったら美味しいカレーうどん、真っ先に作ってあげよう。
by Qtaro-mama | 2009-09-30 20:27 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)

ピクサー最新作「カールじいさんの空飛ぶ家」

夏休みに日本から帰ったらすぐに見ようと思ってたのに、Q太郎とパパが3Dじゃなきゃ嫌だとか言い出して・・・

それでも週末に一緒に見ようと思ったけどなかなか時間が取れず、気がついたら上映館数もかなり少なくなってしまったので、今日ついに、1人で見に行ってしまいました。

f0035251_20322095.jpg

カールじいさんの空飛ぶ家
監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン

冒頭10分で傑作であることを予感させるストーリー、そしていきなり泣かされそう。

シンプルに素晴らしい作品です。

大人にも子供にもお薦め。
出来たら予告とか見ないで行って欲しいな。

Q太郎とパパには今週末、絶対見てもらいます。

f0035251_20331528.jpg

by Qtaro-mama | 2009-09-29 22:41 | 映画 | Trackback | Comments(9)

出産準備とジゴトゥーズ

突然の入院となっても慌てないように、とりあえず入院グッズだけは準備しておこうと、先ほど病院から貰ったリストを取り出しました。

ザーッと見てチンプンカンプン。

分からないフランス語単語ばかり。

準備が進んでない理由としては、とりあえず今回は2人目ということもあって、Q太郎のものがいくつか残ってることが大きいかな。ベビーカーなんかもすっかり捨ててしまったと思い込んでいたけど、物置を探したら生後0ヶ月から使えるものが残っていた。ベビーベッドももちろん、Q太郎がつい半年前まで使ってたものがあるしね。ただマットレスだけは、1度こちらのサイズの違うものに替えてしまった。日本製のベビーベッドの規格に合うマットレスを探したけど、結局見つからなくて、夏に日本に帰った際、購入して持ってきた。

日本の実家には、Q太郎が1歳くらいまでに着ていた洋服、下着類もどっさり残っていた。もう着なくなったので、誰か必要な人がいたらあげてしまってと送っていたもの。かなり大きな段ボール箱にパンパンに詰めて、フランスに全て持ち帰って来た。1年間、洋服はほとんど買わなくても良いような量。金額にするといくらになるのか?物凄く節約になりました。

それと先日、友達からジゴトゥーズ(Gigoteuse)を4枚も頂いてしまった。可愛いものばかりでムチャクチャ感激。大切に使わせてもらおうと思ってます。

f0035251_17670.jpg

ジゴトゥーズとはフランスで良く使われてる寝袋のようなもの。

掛布団だと寒い冬にはだけて風邪をひく心配があるけど、これを着せることによって、冬でも暖かいのが保てます。日本のスリーパーをもうちょっと厚く、なおかつ可愛くさせたような感じのものかな。

ちなみに上の写真はIKEAのジゴトゥーズ。
新生児サイズのものを病院に持っていかなければならないので、もしかしたらこちらを買ってしまうかも。品質を見てからだけど、IKEAのジゴトゥーズ、かなり安い。

今週中には10ヶ月、臨月突入となります。
by Qtaro-mama | 2009-09-29 07:45 | パリの妊娠生活 | Trackback | Comments(12)

ヌーヴェルヴァーグ50周年

今年はヌーヴェルヴァーグ50周年という記事を見た。

私はヌーヴェルヴァーグに関して思い入れがあるわけではないので、そう聞いて特別な感想を持ったわけではないけど、そういえば最近、フランソワ・トリュフォーの作品をしばらく見ていないなぁとは思った。

パリに住み、そしてフランス語がちょっと分かる今だからこそ、アントワーヌ・ドワネルのシリーズは全部見直してみたい。

ジャン・ピエール・レオーはいまだに活躍されてますよね。
モンパルナスの近くに住んでいるので、たまにエドガーキネの辺りを歩いているとは聞いたことがあるのですが、すれちがっても分かるかどうか・・・。

「大人は判ってくれない」の中で、子供達がギニョルを楽しんでるシーンを見つけました。ここはリュクサンブール公園の中の劇場。今も昔も、ギニョル君を楽しむ子供達の目は同じですね。



by Qtaro-mama | 2009-09-28 00:18 | 映画 | Trackback | Comments(13)

週末のハーフマラソン

今日の午前中、Q太郎パパはパリーヴェルサイユ間のハーフマラソンに参加してます。パリーヴェルサイユ間というのは、いつものハーフマラソンよりちょっと短くて、16キロだそうです。

私とQ太郎は、今回は家でお留守番。応援はなし。

Q太郎の誕生日会が終わって、今週末は赤ちゃん用品の買い物に行くぞ!と思ってたら、先日の検診で私が1週間の外出禁止(自宅安静)になってしまいました。先生に理由を聞いたけど、正確には良く分からなかった(笑)。まぁ、大事を取ってということでしょうね。

ちなみにマラソンの話しですが、Q太郎パパはいつでも走ってるわけではなく、週に1回、走れる時間が取れるか取れないくらいかな。先週の日曜に14キロ練習して、今日の本番を迎えたところ。

先週末は夕方の空いた時間に、Q太郎もパパと自転車でサイクリングに出かけ、14キロ走って戻って来ました。Q太郎もかなり体力が付いて来た方ではないかと思ってます。
by Qtaro-mama | 2009-09-27 16:41 | Trackback | Comments(0)

アン・リー 「テイキング・ウッドストック」

f0035251_328382.jpg

Hotel Woodstock(Taking Woodstock)
監督:アン・リー

1969年に行われたウッドストックの音楽についての映画ではなく、フェスティバルに関わった人たちのストーリーです。だからあの頃の音楽や、演奏シーンなどを期待して見に行くと肩透かしを喰うでしょう。

見た直後の感想としては、「アン・リーは凄いなぁ」という事がやはり一番に来ましたよね。

普通だったら、当時の映像とか演奏シーンなんかをどうしても入れてしまうと思うのですが、そこをあえて見せない編集。私は大好きでした。

それとお母さん役のイメルダ・スタウントン、なかなか面白かったです。
彼女が主演してるマイク・リーの「ヴェラ・ドレイク」、また見たくなりましたよ。
by Qtaro-mama | 2009-09-26 05:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

パリの小学校、体操服とtablier

Q太郎の小学校、先々週から体育(gymnastic)の授業も始まりました。
持ってくるように言われたのは、「捨てても良いようなTシャツと、運動出来るような半ズボン」。

下着の代わりに2年くらい着て、本当に捨てようと思ってたプチバトーの白いTシャツがあったので、それを持たせることにしました。ゼッケンみたいなのはなくて、胸と背中の部分に大きく名前を書けばOK。

今は美術と音楽の授業もあります。

音楽の授業に準備するものはありませんが、美術の授業には絵の具や色鉛筆、そして「tablier」を持ってくるようにとありました。tablierは絵の具を使う時に洋服の上に着るスモックのようなもの。古いシャツでもOKと書かれてて、Q太郎パパの洋服タンスを開けて探したけど、適当なサイズが見つからない。

f0035251_15551811.jpg

結局、近所の画材屋さんでこちらを買いました。

昔の美術の先生が着ていたようなイメージの洋服。
これにベレー帽を合わせたらアーティスト?

今年の美術の授業のテーマは、「動物」だそうです。
by Qtaro-mama | 2009-09-25 05:21 | Trackback | Comments(4)

(エルメより美味しい)Q太郎パパのゴーフレット

Q太郎の誕生日会の翌日、友人カップルがランチに来てくれた時の食後の様子。デザートには冷たいものを出そうと考えてましたが、なんとなくその時の気分でこんな感じに変更。

f0035251_523136.jpg

実は、見かけによらず(?)、真ん中に置かれたゴーフレットが好評です。前日の誕生日会でも、子供にも大人にも比較的良く食べられたのが、このゴーフレット。

どうしてなのかな?
その辺のお店では売ってないものだからかな?

日曜に来た友達の旦那さまからは、「ピエール・エルメで12ユーロもしたクッキーよりはるかに美味しい」といったお褒めの言葉を頂きました(笑)。

f0035251_557014.jpg

ピエール・エルメのクッキーは食べたことありませんが・・・

この日は、前日にお土産で頂いたラデュレのマカロンも一緒に頂きました。
自分ではラデュレのマカロンは2回しか食べたことなく、それも家族分の「3つ」を買っただけ。

初めて見るたくさんのラデュレマカロンを目の前にして、ついつい写真を撮ってしまったQ太郎ママでした。
by Qtaro-mama | 2009-09-24 15:46 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

Suzie Templeton 「ピーターとおおかみ」

f0035251_025398.jpg

ピーターとおおかみ(Peter & the wolf)
監督:スージー・テンプルトン(Suzie Templeton)

今日は、Q太郎とこちらの映画を見て来ました。

こういう作品に出会うと、本当に嬉しくなります。
2007年のオスカー短編アニメ賞受賞。

セルゲイ・プロコフィエフのおなじみの名曲「ピーターとおおかみ」と共に、ヴィジュアル的にも目が離せないマリオネット達。子供達だけに見せておくのは、かなりもったいない。

一応、Youtubeでも全て見ることが出来ます。
映画館の大きなスクリーンで見た後だと、あまりの違いにちょっと悲しくなりますが、どんな感じの作品かは分かるはず。



こちらは予告編です。
by Qtaro-mama | 2009-09-24 04:27 | 映画 | Trackback | Comments(4)

6歳の誕生日プレゼント

f0035251_5444596.jpg

下の9月19日の記事の写真は、18日に撮ったものなので、厳密にはまだ5歳の時でした。

こちらは正真正銘、19日の誕生日会の前、6歳になってから撮った写真。着てる洋服が違うというのもあるけど、なんか一気にお兄ちゃんっぽい顔になってません?

f0035251_20293196.jpg

今年の私たちからのQ太郎への誕生日プレゼントはこちらにしました。
「Fossiles et roches」、化石と岩石についての本です。

いまだにスターウォーズとかも好きですが、ちょっと前から化石が大好き。外に行った時も、怪しい石を見つけたら必ずポケットに入れるし、公園の砂場に行っても、大きな穴を掘って常に何かを探してる。

f0035251_20352475.jpg

何日か前にこういった自作の本のようなものを作ってるのを見た時、今年は化石系のプレゼントにしようと決めました。

線の端に、それぞれ模様が付いてるのがちょっと素敵。

f0035251_540470.jpg

最後に写真をもう1枚。
プロマイド風で、見るたびに笑ってしまう。
by Qtaro-mama | 2009-09-22 20:42 | Trackback | Comments(6)