モンパルナス

<   2008年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧

鬼は外、福は内



鬼は外 福は内 
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ
まめのおと
鬼は こっそり 逃げてゆく



何度も聞いてると情けなくなる・・・でも子供らしくて良いかな。
by Qtaro-mama | 2008-11-30 19:36 | Trackback | Comments(8)

わたしの渡世日記

f0035251_18103429.jpg

わたしの渡世日記
作者:高峰秀子

面白くて、上下の2巻を一気に読んだ。高峰秀子のファンの人はもちろん、彼女の事を知らない人でも楽しめると思う。

こんな凄い人生を送った女優、彼女が選ぶ旦那様とはどんな人かと思えば・・・むちゃくちゃカッコイイ。この本で初めて写真を見たけど、お似合いの二人だと思った。結婚式の様子、彼女の気持ちを考えると涙が出そうに。義母との確執はウーンと唸る凄さ。

読んで本当に良かったです。
by Qtaro-mama | 2008-11-30 18:14 | Trackback | Comments(2)

寒天流し器で作る黒糖ゼリー

最近、金曜日のチーズ・ディナーの後に食べるデザートをなるべく私が昼間に準備するようにしている。先週作った抹茶ババロアはQ太郎パパにかなり好評だった。今週も同じものを作りたかったけど、生クリームの買い置きがなかったので、家にある材料+寒天を使って出来るもの・・・と考え、「黒糖ゼリー」を作ることにした。

そして作ってる途中で思い出したのが、「デザート寒天流し器」の存在。

f0035251_6105586.jpg

日本に行った際、Q太郎パパが私に買ってくれたもの(本人が欲しかった?)。でもまだ1度も使う機会がなかった。

f0035251_642237.jpg
f0035251_645021.jpg

箱に載ってる写真はこんな感じ。使い勝手は良さそう。

f0035251_6172359.jpg

そして我が家の黒糖ゼリー。材料は黒糖と寒天と水。

これだけでも美味しいけど、あんみつみたいに小さく切ってアイスと一緒に盛っても良さそう。

この寒天流し器、Q太郎パパが買ってるのを見た時は「えっ?」って思ったけど、なかなかのヒット!次はこれで水羊羹を作ってみたい。



(画質の関係で、今回は小さなスクリーンで見て下さい)
Q太郎はパパに「一番に頂戴」と言ってるのですが、順番では女性が初めにサーブされる事になってるので、Q太郎は2番目だと説明を受けてるところです。
最後は、いつもはゼラチンの柔らかいゼリーに慣れてるため、寒天の固めの食感にビックリしたみたい。
by Qtaro-mama | 2008-11-29 21:05 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

スティーブ・マックイーン「Hunger」

f0035251_17123345.jpg
Hunger(ハンガー)

監督:スティーブ・マックイーン


北アイルランドの刑務所に入ってる、IRAのメンバーBobby Sandsを中心に話しは進む。

映像が美しいところもたくさんあるけど、話しが私には重過ぎた。好き嫌いが分かれる作品かも。今年のカンヌ映画祭、カメラドール(新人賞)受賞作品と言われれば、納得の1本です。

昨日テレビで見たのは、去年、同じカメラドールを受賞したイスラエル映画「ジェリー・フィッシュ」。

テルアビブを舞台に、3つのストーリーが重なり合う。なんかフワフワしておとぎ話のよう。こちらは軽く見れます。
by Qtaro-mama | 2008-11-29 05:41 | 映画 | Trackback | Comments(2)

生け花教室の後

昨日は久しぶりに生け花を習ってきました。一応、初心者の5回コースに設定して頂いていて、それが終わったら続けるかどうか考えようと思ってます。私と大体同じ時間に来るフランス人女性の2名は、師範を目指してる方達で、毎回とても素敵な作品を作られてますよ。


f0035251_21324653.jpg

レッスンで使ったお花は、家に持ち帰っています。昨日使用したのは、こちらの赤い実の枝と奥のチューリップ。長さが違い過ぎて、この2つを一緒に飾ることは出来なかったので、帰りにお花屋さんに寄り、松ぼっくり付きの枝を買ってきて、それを赤い実と合わせました。

f0035251_21332255.jpg

チューリップというと春が定番だったような気がするのですが、最近だと寒い時期でも簡単に手に入るのでしょうか?それともこれは冬に咲くチューリップなのかな?こうやって見ると、花が開いてない状態でも素敵ですね。
by Qtaro-mama | 2008-11-29 00:08 | Trackback | Comments(0)

こけし人形、Kimmidoll

近所のオモチャ屋さんのショーウィンドーに、ちょっと前からコケシのようなものが飾られていて、いつも遠目から見て「韓国のキャラクターかなぁ」なんて思ってたけど、昨日近づいてみたら、こけしの1つ1つに日本の女の子の名前が付けられていてビックリ。そして名前の意味なんかも丁寧に書かれてる。

写真が見つからなかったので、良かったらこちらのサイトに飛んでみて下さい。左上の「the characters」をクリックすると彼女達の姿が見れます。皆さんの名前、ありますか?

日本名が付けられてるところから、日本の会社の商品かと思ったけど、サイトを見るともしかしたらオーストラリアの会社?これから流行るかな?それとも既に人気者?
by Qtaro-mama | 2008-11-28 05:54 | Trackback | Comments(6)

ピエル・パオロ・パゾリーニ 「奇跡の丘」

「奇跡の丘」
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ


マタイによる福音書を映画化。キリストの話しはいくつか映画になってるけど、やっぱりこの作品が一番素直に感動出来る。

カメラの位置がとにかく良いのです。人々の顔をアップでとらえるシーンが多くて・・・見てるこちらとしてもとにかく目が離せない。パゾリーニは映像を見せる事にかけては天才。

出演者が全員素人だったって、今回見終わった後に初めて知った。全員あれは演技じゃなかったのぉ。

私がパゾリーニ作品をまとめて見たのは、多分99年に行われたパゾリーニ映画祭にて。初め渋谷の映画館でやってたけど、その後、私がバイトしてた銀座の映画館に移ってきたので、大半の作品はそこで見たのだと思う。

毎回素晴らしい作品ばかりで、映画祭開催中はとにかく幸せだったなぁ。

その中でも私がかなり気に入ったのが「大きな鳥と小さな鳥」。これは世間的にはそんなに評価が高い作品ではないと思うけど、先日、テレビで見直してもやっぱり好きだという気持ちに変わりはなかった。

今週金曜日は「豚小屋」の放映。もちろんこれも見ますよ。
by Qtaro-mama | 2008-11-27 16:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)

クリスティーヌ・フェルベール「Mes aigres-doux, terrines et pates」

f0035251_2247157.jpg

ジャムでお馴染みのクリスティーヌ・フェルベールさん、ジャム以外でもいくつかレシピ本が出ているようで、最近、Q太郎パパが買ってきたのがこちら「Mes aigres-doux, terrines et pates」。「sweet and sour、そしてテリーヌとパテ」といった感じでしょうか。sweet and sourって何て訳すのかな?甘酢?

これでさっそく作ったのが「griottes au laurier」、そして「airelles au pinot noir」

f0035251_224685.jpg

こちらがgriottes(グリオット)。

f0035251_22454026.jpg

こちらがairelles、日本語名ハックルベリー?どちらも冷凍になってたのを買ってきたもの、便利です。

f0035251_446254.jpg

出来上がりはこちら。グリオットの方は小さな瓶に3つほど。

こういったフルーツ系のものを付け合わせやソースにするって、日本ではあまりないと思うのですが、こちらではお肉料理で結構お馴染みかもしれません。個人的にはちょっと苦手なんですがね、去年、Q太郎パパ手作りチャツネとフォアグラの組み合わせを食べてからなんとなく美味しさが分かってきました。

ちなみに今回作ったものは、今年のノエルに開ける予定だそうです。
by Qtaro-mama | 2008-11-27 04:58 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)

パリの図書館、エスパス・ジャポン

昨日、学校の帰り道にQ太郎が言った。


Q太郎:今日はね、あんまり遊ばなかったの。

母:何やってたの?

Q太郎:お絵描きやって、あとはたくさん本を読んでた。

母:本、読むの好きなんだぁ。

Q太郎:どうして本をたくさん読んだか知ってる?

母:知らない。どうして?

Q太郎:だって、お父さんみたいになりたいからよ。

母:あぁ、お父さんも本が好きだから?

Q太郎:違うよ。あのね、お父さんは何でも知ってるでしょ。あれはね、本をたくさん読んだからなんだって。そうお父さんが言ってたの。僕もね、いろいろな事知りたいの。だからね、本をたくさん読むのよ。


Q太郎君、まさにグッドタイミングです。お母さんも読書について真剣に考えてたところでした。私は毎晩、テレビで映画を見ることが多いのですが、その時間をそろそろ読書に当てたいと思い、まさに昨日、パリで日本語の本が借りれる図書館を見学してきたところなのです。

その図書館は、エスパス・ジャポンという日仏文化センターの中にあり、ちょっと前までは家から行きづらい所にあったのですが、最近、引っ越しをしたそうで、モンパルナスからだとメトロで乗り換えなしで行ける場所になったのです。図書の貸し出しは無料ではないので、図書館の様子を見てから会員になるか決めようと思ってました。

図書館の本、パラパラッと見た程度ですが、蔵書数は私にとっては合格点でした。次回は会員になって本をさっそく借りてこようと思ってますよ。

日本語の本が手に入らない(図書館が近くにない)のを理由に、読書から遠ざかるのはおしまいです。
by Qtaro-mama | 2008-11-26 17:21 | Trackback | Comments(10)

あらためて自己紹介

パリは今週に入ってから、グッと寒くなってきました。今日の昼間は6℃かな。

なんか最近、1週間が過ぎるのがあっという間。ベルギーの子供のクリスマス(サンニコラ)は12月6日なんです。あと1週間ちょっとかな。Q太郎へのプレゼントはまだ考えてません。でも今週末にはクリスマスの準備を始めなければ。ツリーがもう手に入ると良いんだけど・・・。

今朝思い立って、自己紹介のページを新しくしてみました。
by Qtaro-mama | 2008-11-25 23:32 | Trackback | Comments(4)