モンパルナス

<   2008年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

パリの幼稚園、洋服の汚れ

昨日、日本人幼稚園にQ太郎を迎えに行くと「申し訳ありません、お絵描きの時間にズボンが汚れてしまったので取り替えました」と先生に言われた。

「お絵描きの時間に洋服が汚れるなんて、フランス人幼稚園では毎日の事ですから大丈夫ですよ、気にしないで下さい」と答える。

家に帰ってからズボンを見てビックリ。これじゃぁ、たしかにメトロに乗るのは恥ずかしいかも。

f0035251_20595452.jpg

Q太郎パパに見せても、やっぱり笑ってました。
by Qtaro-mama | 2008-01-31 21:05 | Trackback | Comments(8)

1月のテレビ映画

先日テレビで、三池崇史の「極道恐怖大劇場 牛頭(ごず)」を見た。
久しぶりの日本映画だったし、三池崇史、結構好きな作品あるから期待してたんだけど・・・前半、全然面白くなくて、後半巻き返すかなぁと思って我慢して見たけど、最後までつまらなくてガッカリでした。

以下、同じく最近テレビで見た映画です。

プラダを着た悪魔
監督:デヴィッド・フランケル

mon meilleur ami
監督:パトリス・ルコント

Hors de prix
監督:ピエール・サルヴァドーリ
主演がオドレイ・トトゥとGad Elmalehで、ポスター見ても惹かれないんだけど、監督がピエール・サルヴァドーリだったので見てみた。良くも悪くもなくといったところでしょうか。軽めに見れます。「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」という邦題で、一応、日本公開されるらしい。

レッスン!
監督:リズ・フリードランダー
ニューヨークの落ちこぼれ高校生に、アントニオ・バンデラス演じるダンサーが社交ダンスを教える話し。とても楽しめた。原題は「Take the Lead」、フランス語タイトルが「Dance With Me」、そして邦題が「レッスン!」。笑えた。

サムサッカー
監督:マイク・ミルズ
サムサッカーって何だろうと思ったら、「指しゃぶり」の事だったぁ。

今、テレビでやってるのが「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」。先週は「レニングラード・カウボーイズ、ゴー・アメリカ」も見た。監督はもちろんアキ・カウリスマキ。

改めてこれらの作品を見直すと、レニングラード・カウボーイズ達の演奏シーンがやたら多いことに気づく。彼らが東京でやったコンサートには、2日くらい行った。めちゃくちゃ楽しかったのいまだに覚えてる!
by Qtaro-mama | 2008-01-31 06:37 | 映画 | Trackback | Comments(6)

最近見た夢

最近、私の夢がおかしいんです。

一昨日、イヤな感じの夢を2、3回続けて見ました。起きる直前に見たのには、フランス大統領のサルコジまで出てきてしまった。なんか私と結構仲良く、起きてからも、一体彼とはどういう関係だったのかなぁ?と考えずにはいられないような内容。

そして昨日はとうとう、自分が死ぬ夢を見た。死ぬばかりでなく、やっぱり片付けが終わってないみたいな感じで、その後生き返る。

この夢を見た後に、一度目を覚まして時計を見たら4時くらいだったけど、なんとなく自分が死んだという事がショックで、すぐにはまた眠りに付けなかった。

先ほど気になってネットでちょっと調べてみると、自分が死ぬ夢というのは悪いことではないらしい。

古い自分が死に、新しい自分が再生する暗示。今までとは違った新しい人生を歩むことが出来るしるしです。

特に今の自分には、新しい人生を歩みたいというような思いはなく、平凡ですが今のままで十分に幸せだと思ってます。新しい環境という事だと、やっぱり日本への転勤なんかが決まったらかなり嬉しいけど、そんな話しはなく、自分が何か新しいことを始める計画もありません。

夢とはいえ、なんとなく気になるなぁ。今夜はどんなのを見るんだろう?
by Qtaro-mama | 2008-01-30 22:27 | Trackback | Comments(6)

エマニュエル・ムレ 「Un baiser s'il vous plait」

フランス人監督、エマニュエル・ムレの「Un baiser s'il vous plait」、ずっと見逃していて、もうテレビでも良いかなぁという気持ちになってたけど、やっぱりやっぱり映画館で見ておこうと出かけたら、やっぱりやっぱり映画館で見て良かった・・・という作品でした。

f0035251_426625.jpg

彼の作品を知ったのは、前作「チェンジ・オブ・アドレス」から。主役の男性(監督自身)のキャラクターを好きになれるかどうかが、映画の評価を分ける気もするけど、シナリオがきちんとしていたので、最後まで飽きずに見る事が出来た。

今回の作品も同様、監督自身が主役を演じる。彼の作風はエリック・ロメールに例えられる事が多いけど、監督自身が演じることからウッディ・アレンの方に近いかな。

エリック・ロメールのフランス映画らしさ、そしてウッディ・アレンの滑稽さを併せ持ったような、不思議な作品でした。


f0035251_4271043.jpg
ちょっと前に見た「Actrices」も、監督が主役を務めているパターン。

監督は大好きなヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。


彼女の盟友Noemie Lvovskyも出演している。ちょっと前に彼女が監督した作品にはヴァレリア・ブルーニ・テデスキが主演していた。お互いの作品に出演し合いっこしてるみたい(互いの才能を認め合ってる親友なのでしょうね)。

「Actrices」、演劇を見せるあたりが興味深いんだけど何かが足りなかった。Noemie Lvovskyの「Faut que ca dance!」の方が私には合ってるかなぁ。でもキャストは豪華ですよ。男性陣はマチュ−・アマルリックにルイ・ガレル。

マチュー・アマルリックは、次期「007」の悪役に決定しましたね!初め聞いた時は本当にビックリしたけど、かなり納得のキャスティング。もちろんアルノ−・デプレシャンの新作にも出ますよ。どちらも楽しみです。
by Qtaro-mama | 2008-01-30 04:31 | 映画 | Trackback

寝る前の絵本

先日、IKEAに行ったのは、Q太郎のベッド脇に置くランプを買うため。以前は「おやすみ」と声をかけドアを閉めれば良かったのに、入院以来、暗闇で寝るのが苦手となってしまったようなのです。


f0035251_4211783.jpgf0035251_4213660.jpg

コンセントを外しても使え便利です。赤が好きなQ太郎はこの色を選んだけど、なんか非常灯みたいですね。他に青、緑がありましたよ。



f0035251_4175048.jpg

夜寝る前は、私かパパが本を読むのを習慣としてたのですが、ちょっと前から、Q太郎自身がdoudouのウサギにベッドで読んであげるようになりました。

f0035251_4182676.jpg

入院の時、いっつも一緒でしたからね。絆が深まったようです。


by Qtaro-mama | 2008-01-29 04:26 | Trackback | Comments(2)

スウェーデン風ご飯

f0035251_629279.jpg

土曜の夕飯は、スウェーデン風でした。

これらの具材を自由に、IKEAで買った薄いパンにはさんで、クルクル巻いてロールサンドのようにして食べます。

f0035251_6294937.jpg

手前のニシンのマリネはQ太郎パパ特製。スウェーデンでは朝食に食べるものだそうです。

f0035251_6323482.jpg

この日のデザートは、パパ特製のカヌレ。夕飯前に作ってオーブンに入れたもので、食べる時はまだ熱々。冷めてる時とはまた違った美味しさがありました。
by Qtaro-mama | 2008-01-28 06:35 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)

サイケデリックQ太郎



忘れた頃にギターの練習を始めるQ太郎。



最近、こういったサイケな曲がお好みのようです。
by Qtaro-mama | 2008-01-28 05:28 | Trackback | Comments(6)

ひなたぼっこ

f0035251_5372753.jpg


f0035251_5375074.jpg


春が待ち遠しくてたまらない。

今日のおやつ
by Qtaro-mama | 2008-01-27 05:40 | Q太郎 | Trackback | Comments(6)

マルシェが終わった後は

外に出たら、ちょうどマルシェの掃除隊が来ていたので、写真に撮ってみました。

f0035251_342241.jpg

ちょっと前からマルシェ後の掃除をする際、車道を通行止めにして行うようになりました。詳しくは分からないのですが、どこかのマルシェで事故があったようで、それ以降そういう事に決まったようです。

f0035251_361360.jpg

この人、ちょっとした有名人。

アニエス・ヴァルダの映画「落ち穂拾い」と「二年後」に出ている。いわゆる拾う人。水曜と土曜日のマルシェには必ず現れる。モンパルナスを良く歩いてるようで、この前4日続けて近所ですれ違った。
by Qtaro-mama | 2008-01-27 03:08 | Trackback | Comments(8)

フランスの切手

年末、クリスマスカードを出すのに郵便局へ行った時のこと。

パリ市内用の普通の切手が欲しかったのに、私を見た郵便局員のムッシュー・・・

「君にピッタリの切手が奥にあるんだよ、ちょっと待ってて」

そう言って奥の部屋へ消えて行った。そして帰ってきたムッシューの手には、こちらの可愛らしいハートの切手が。

f0035251_5545328.jpg

年末の忙しい時で、私の後ろにはゆうに20人は並んでいたと思う。その待ってる人たちの前で、気の弱い私は「違う切手にして下さい」と言えず、そのまま10枚買ってきました。

ちなみに切手には「GIVENCHY」と書かれてます。事務用に使うのなんか恥ずかしいです。
by Qtaro-mama | 2008-01-26 05:56 | Trackback | Comments(18)