モンパルナス

<   2007年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧

レ・リタ・ミツコのギタリスト、早過ぎる死

フランスのバンド、レ・リタ・ミツコのギタリスト、フレッド・シシャンが亡くなったって・・・・ビックリ。

進行性のガンって・・・発病して2ヶ月で亡くなったって事?

今年、新譜が発売されて、現在、ツアーの真っ最中。亡くなった日もコンサートが予定されていたって。享年53歳、早すぎる。

昔、日本からオランダに行く飛行機の中で、異様な雰囲気の外国人グループが私の隣に座ったことがあるの。彼らは日本でコンサートを終えたレ・リタ・ミツコのバンドのメンバー達でした。
by Qtaro-mama | 2007-11-30 17:09 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

サンニコラが早めにやって来た!

1週間後の12月6日は、ベルギーの子供達のクリスマス「サンニコラ」となります。6日当日だけではなく、ちょっと前から小さなプレゼント(お菓子や小物など)を靴の中に入れておくらしいので・・・私たちも用意しました。


f0035251_551387.jpg
パパ、ママ共同制作のアルファベット+数字の表。

手描きじゃないです。プリンターで印刷して、切り貼り作業。



f0035251_613180.jpg
拡大するとこんな感じ。

あとでQ太郎に色を塗ってもらうつもり。


今朝起きて、台所でこれを見つけたQ太郎、サンニコラが持ってきたと信じてます!
by Qtaro-mama | 2007-11-30 06:19 | Trackback | Comments(4)

プチバトーのマフラー

f0035251_2036260.jpg

今週、Q太郎の下着を買いにプチバトーへ行って、自分用マフラー、衝動買いしてしまった。ちょうどこんな感じのが欲しいと思ってたところ。

f0035251_20362469.jpg

こちら全てプチバトー。

左の黄色の定番レインコートは、Q太郎、1歳の誕生日に貰ったもの。いまだ、かなりの頻度で着てますよ。

青いしましまマフラーは、私が使ってたものだけど、今はQ太郎にお下がりであげてしまいました。

フランスの人は、男性でも女性でも、スカーフ、マフラーの使い方が本当に上手だと思います。いつも、すれ違う人の首もとについ目が行ってしまいますよ。
by Qtaro-mama | 2007-11-29 20:41 | Trackback | Comments(2)

うちの中華皿

今日は、肉まんを作ろうと思って豚肉を買ってきたけど、なんとなく気分で水餃子に変更。皮をこねて休ませてる間に、うちの中華皿一式の写真を撮ってみました。


f0035251_7151168.jpg


Q太郎パパと北京に行った際、買い求めたものです。こういった物を買ってこようと、旅行前から決めてました。さすがに北京は安かったですよ。

まだ、これ全部を使用しての、中華宴は開いたことないです。

ちなみに、うちのコーヒーカップ、デザート皿などは、ベトナムで買ってきたもの。これまたセットで買うと、かなりお得だった。機会があったら、こちらも紹介しますね。

あっ、今日の水餃子は、慌ただしく皮を伸ばして中身を詰めて、Q太郎と私で30個食べた。遅く帰ってきたパパには残り10個だけ。写真撮る余裕はなかったです。
by Qtaro-mama | 2007-11-29 07:21 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)

パリで蕎麦打ち入門

週末、「こだわりの蕎麦打ち入門」という本を買ったQ太郎パパ、その後、彼は手打ち蕎麦を作ったのか・・・気になってた方います?(別にいないかな・・)。一応、どんな感じだったか、同じように挑戦したい人の為に簡単に書きますね。


f0035251_1491713.jpgf0035251_1493432.jpg


まず蕎麦粉は、フランスのその辺のお店で手に入る「farine de sarrasin」を使いました。いわゆる、クレープを作るのと同じ粉です(フランスのクレープは蕎麦粉で作られてますよ)。

本格的なそば打ちは、道具にもこだわりがあるようですが・・・うちはパスタマシーンで作りました。同じ麺なので、理論的には出来るはず・・・そう考えて作り始めました。

結果は・・・初めてにしては美味しいお蕎麦が出来たと(私は)思う。茹でてる時に、麺が結構切れてしまったので(捏ね不足が原因)、それが次回の課題かな。

やっぱり初めは冷やしで食べた方が味が分かるかなと思ったけど、夕方寒くてそんな気分じゃなかった。美味しいダシを取って「鴨なんばん」。

初めて作ってみたけど・・・・私、鴨なんばんのファンになりました。
本にも「鴨肉はダシがよく出て、汁が特段にうまくなる」と書いてあったけど、本当に最後に入れるだけで、ジワァ〜っと鴨の脂が汁に染みて、何とも言えない旨味になるの。特にこちらの鴨、味が濃いような気がします。

東京に住んでた時、お蕎麦屋さんでQ太郎パパが鴨なんばん頼んだりすると、「鶏ですが良いですか?」と言われる事が何度かあったのを思い出した。

Q太郎パパが買った蕎麦の本を読んでたら、かなり蕎麦の世界は奥が深くて、勉強になった。パパが「何度かやってみないとダメだなぁ」と言ってるので、「毎週末、蕎麦でも良いよ」と答えてあげた。

今、これ書いてる側でも、You Tubeで蕎麦の実演の映像見つけて1人でみてるの。おかしい〜。
by Qtaro-mama | 2007-11-28 01:50 | 料理・食べ物 | Trackback

Screamin' Jay Hawkins

先日テレビで、ジム・ジャームッシュの「ミステリー・トレイン」をやってたので途中から見ました。

メンフィスを舞台にした3つのオムニバスを、ホテルのフロントマンとエルビス・プレスリーの曲が繋いでます。工藤夕貴と永瀬正敏が出ているので、見た事ある人も多いのではないでしょうか?

私にとっても、思い出深い作品です。

昔、メンフィスに行く機会が何度かあり、この映画に出てくるお店をいくつか知っています。第2話で、変な男がエルビスの幽霊をヒッチハイクした話しをするカフェ、私のお気に入り朝食スポットでした。ちょっと閑散とした場所にある為、映画の中に見つけた時は本当に驚きましたよ。

もう1つの思い出といったら・・・赤いスーツを着たフロントマンを演じていたスクリーミン・ジェイ・ホーキンスの事です。


f0035251_19571535.jpg


90年代の終わり頃、彼がメンフィスでレコーディングをしていた際、プロデューサーが私の知り合いだったので、スタジオに遊びに行ったことがあるのです。とても礼儀正しい気さくな人で、一緒にグレイスランドに行ったり、ご飯を食べたり、いろいろとスケールの大きい話しを聞かせてもらいました。その後、私がパリに旅行に来た時も、たまたま宿泊先の近くのスタジオで彼が仕事をしていたので、挨拶に寄らせてもらったりした。スクリーミン・ジェイ本人は、当時パリ郊外に暮らしてました。

本人は、残念ながら2000年に亡くなってしまったから、結局、私が見たレコーディングが最後のスタジオ録音となってしまったみたい。

人柄もさることながら、ブルーズマンとしても偉大な人でした。彼のことは知らなくても「I Put A Spell On You」は知ってるっていう人、多いんじゃないかな? Youtubeで、セルジュ・ゲンズブールと一緒に「便秘のブルーズ」を歌ってるのまで見つけた。凄いよ。
by Qtaro-mama | 2007-11-27 19:59 | 音楽 | Trackback | Comments(8)

家ピザの動画

土曜の夜は久しぶりに、ピザを作りましたよ。

生地は事前に作って、発酵させておきます。今回は多めに作って、使わない分は冷凍庫に入れました。これはパスタなども同じ。毎回、生地を作る手間が省けて便利ですよ。



生地を発酵させてる間に、上に乗せるチーズの準備。

今回は、コンテチーズ(comte)を使いましたが、溶けるチーズだったら何でも良いと思います。ピザ用チーズみたいなのも売られてますね。ああいうのも便利で良いですね。

続きはこちら
by Qtaro-mama | 2007-11-26 06:23 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)

フランス人幼稚園のお友達の誕生日会

今日Q太郎は、フランス人幼稚園のクラスメートのお誕生日会に行ってきました。お誕生日会といっても大勢が集まるものではなく、同じクラスの仲良し男子3人組で、一緒にオヤツを食べるといった感じのもの。それでも、新しいクラスになって約3ヶ月。こうやって招待してもらえるのは嬉しい事です。

実は、そのクラスメートのお母さんから話しを貰うまで、私はその子の存在を知りませんでした。もちろんお母さんとも話した事がなかったのです。朝夕、Q太郎の幼稚園に送り迎えしますが、私が教室に居るのはせいぜい1、2分のこと。他の子供達の顔などをじっくり見ることは、ほとんどありません。去年、年少のクラスが終わった時点でも、私が顔と名前を一致させられた子供達は、多分5人くらいだったかも。日本だと、その点、もうちょっと交流があったりするのかな?

お誕生日会の始まりは、夕方16時。各家庭によって違いはありますが、フランスでは大体、子供を時間に連れて行き、親は玄関でサヨウナラ。後程、親が指定された時間に迎えに行く・・・というパターンが多いようです。

「何時に迎えにくれば良いですか?」と尋ねたところ、「19時」という答え。これもフランスならではの時間だなと感じましたよ。

言われた通り、19時に迎えに行くと、赤い顔をしたQ太郎が、お腹に手をやりながら出てきました。「ケーキ、食べ過ぎちゃった」

大好きなお友達と学校以外で遊ぶ3時間、とっても楽しかったようで、帰り道、声を弾ませながら、どんな遊びをしたか一生懸命に説明してくれました。そんなQ太郎を見たら、私まで嬉しくてしょうがなかったです。
by Qtaro-mama | 2007-11-25 07:19 | Trackback | Comments(6)

パリのBook-off

今日の午前中は、初めてパリのBook-offに行ってきました。

Book-offの存在は知っていましたが、今まで利用したことなかったのです。今年の夏、日本に帰った際、初めて地元のBook-offに入ってみて、衝撃的な安さにビックリ。どうしてもっと早く利用しなかったのかと後悔。来年日本に行ったら、普通の本屋に行くよりまずBook-offに直行して買いまくるつもりです。

こちらに住んでいると、日本語の活字に飢える時が急に来るのです。そういう時に2ユーロくらいで買える文庫本の存在はありがたいかも(パリにはジュンク堂もありますが、かなり高くて買えません)。

今日はゆっくり見てる時間がなかったので、平日1人の時にでも、また寄ってみたいと思います。

ちなみにQ太郎パパは、「こだわりの蕎麦打ち入門」という本を(もちろん日本語です)、3ユーロで買いました。そして「明日、蕎麦打とうかなぁ」と言ってて、さっきスーパーに行ったら、鴨肉とネギを買ってるの。明日の夜のメニューは、「鴨なんばん蕎麦」らしいですよ。
by Qtaro-mama | 2007-11-25 01:44 | Trackback | Comments(7)

初めて作るどら焼き

今朝のフィットネス、めちゃくちゃハードだった。疲れ過ぎて何にも出来ないので、お昼にどら焼き作ってみました。


f0035251_214222.jpg


中のアンコは小豆を煮て作ったもの。普段、煮小豆はそのまま食べるのが好きなのですが、毎日で飽きてきたので、適当に潰してみた。

今から映画へ。帰ってから日本茶と一緒に頂きたいと思います。
by Qtaro-mama | 2007-11-23 21:45 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)