モンパルナス

<   2007年 10月 ( 46 )   > この月の画像一覧

見て、出来たでしょ!

いつもは、お母さんにお尻を押してもらってたけど、今日は自分で出来たね。

初めて成功です。




見て!出来たでしょ。



見て!出来たの。
by Qtaro-mama | 2007-10-31 06:52 | Trackback | Comments(4)

Fnacのモンパルナス店のカフェ 「Roberta」

Fnacのモンパルナス店、店内改装が始まったのは何年前だろう?もう永遠に終わらないんじゃないかと思ったけど・・・・。いつの間にか、地下のスペースにカフェが出来てるらしい事が判明して、昨日、Q太郎とお昼を食べに行ってみました。

お店の名前は「Roberta」。イタリア系のカフェのようです。

セルフサービス形式になっていて入りやすい。でも、食べ物の値段を見て、結構高いからビックリして、Q太郎に「別なお店にする?」と提案したけど、既に食べ物を目の前に見てしまったQ太郎には、ダメだった。


f0035251_20432425.jpg
左がQ太郎が頼んだフォカッチャ。右が私のサンドイッチ。


フォカッチャ6.10ユーロ。約1000円でしょうか。

Q太郎にほんのちょっとだけ味見させてもらったけど、とっても美味しかった。中に入ってるズッキーニもフレッシュな感じ。結構、量が多かったから、誰かと半分でも良いかも。もちろん私のサンドイッチも美味しかったけど、次は私もフォカッチャかな。

その辺のパン屋でも、普通のサンドイッチが4、5ユーロしたりするし、レストランなんかじゃ、やっぱりこの値段じゃ食べられないから、そう考えると、この味でこのお値段、そんなに高いものじゃないかも。


f0035251_2043746.jpg
生ハム、噛み切れない・・・・


店内は落ち着いていたし・・・・あと、隣にトイレもあった!これ重要。

コーヒーの値段は、たしか1ユーロ80だったかな?友達との待ち合わせにも使えそうです。
by Qtaro-mama | 2007-10-30 20:46 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)

Mon 1er Festival、今年で3回目

今週からToussaint(万聖節)休みに入りました。来週までQ太郎の学校はバカンスとなります。

私たちは「Mon 1er Festival」という映画祭に行ってきました。3歳から15歳までの子供たちを対象にした映画祭ですが、今年3回目だそうです。Q太郎は2年前から行ってるから、一応、1回目から参加してる事になるのかな。


f0035251_7264152.jpg
今日見たのは、中国のアニメ。

1959年に作られたとても古い作品。



当時はフランス語に訳せる人がいなかった(?)との事で、字幕や吹き替えのフィルムが一切なく、今日は劇場内の後ろの方に女性が待機して、画面を見ながらの直接吹き替えでした。

初めに、「フィルムの状態がかなり悪いです・・・・」と断りがあった通り、途中、中断すること4回ほど。劇場内は子供たちで満席でしたが、フィルムが中断するたびに、騒ぐ騒ぐ。そして引率の大人が、凄い勢いで注意する。見ていて可笑しかった。

でも、一般的にこちらの子供たち、映画館のマナーはなかなか良いと思いますよ。

作品自体は、他の上海アニメ同様、素晴らしいものでした。この映画祭で上映されたのをきっかけに、もっと知られていない上海アニメの劇場公開を望みたいところです。
by Qtaro-mama | 2007-10-30 07:28 | 映画 | Trackback | Comments(2)

Q太郎パパのピュレ(マッシュポテト)

フランスではマッシュポテトの事を「ピュレ」と呼びます。

f0035251_2154432.jpg
Q太郎パパが愛用しているのは、こういったタイプのマッシャー(うちのはカートリッジは付いてません)。

潰すタイプのものより、簡単に出来ると言ってます。





蒸したジャガイモを、熱々のうちにマッシャーに入れて押し出す。



味付けは、塩、こしょう、ナツメグ、バター、そして卵の黄身。その時の固さによって、牛乳を入れる時もありますが、この時は入れてませんでした。映像のように、かき混ぜて出来上がりです。

この時の食事のメインは、ベルギー、リエージュのブダン(Boudins)。白とキャベツが入った緑色の2種類。

ちなみに、リエージュのブダンは、フランスのものとは全く別物だそうです。リエージュのものは、ちょっとソーセージに近い感じかな?




Q太郎パパがピュレを作ってる間、鍋を覗いてみました。ブダン、豚の鼻、そして野菜スープ。

豚の鼻はミュゾを作るためのもの。3時間煮込みます。スープは夕飯用。

f0035251_21164230.jpgf0035251_2117694.jpg

ちなみに、これらは土曜日のお昼ご飯でした。パン屋Seccoに行って、12時半頃に帰ってきてから準備開始。食べられたのは13時40分頃かなぁ。

付け合わせのサラダは、アンディーブとプチポワ(peties pois)をマヨネーズで和えたもの。プチポワの缶詰は「extra-fins」を選ぶのがポイントです。
by Qtaro-mama | 2007-10-29 21:26 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

フランスのイチゴの季節

日本では冬になると、大きくて美味しそうなイチゴがたくさん出回りますが、フランスのイチゴの季節は、春、夏です。冬には見かけません。


f0035251_4322120.jpg
これは昨日の夜に食べたもの。


Q太郎パパが準備してくれたものだけど、こんな感じで目の前に出されたので、ビックリした。

私はいつもヘタは取らず、洗ってザルにあげるだけですが・・・ヘタを取って出されると、妙な存在感ありますね。ちなみに黒糖と一緒に食べました。

イチゴの季節はもう終わり。味が落ちてくるだけなので、もう来週は買わないな。
by Qtaro-mama | 2007-10-29 04:36 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)

パリのパン屋「Secco」のマカロン

先週から、Velib(今夏から始まったパリ市のレンタル自転車サービス)を試し乗りしてます。1週間のチケットを購入しました。

使えそうだったら、1年分の登録をするつもり。Velibについは、また別の機会に書きますね。

昨日は、お昼前にそのVelib自転車に乗って、気になるパン屋「Secco」(元プージョラン)に行ってきました。最寄り駅はInvalidになるのかな?モンパルナス駅からちょっと行くと、自転車専用レーンがあって、なかなか快適な道のりでした。


f0035251_4323949.jpg
Seccoのマカロン

昼食後のデザートとして頂きました。


ピスタチオは美味しかったけど、チョコレートの方は、私にはちょっと味が濃過ぎるかなぁ。「近所のパン屋の軽めのマカロンの方が好みかも・・・」って言ったら、Q太郎パパも同じ意見でした。


f0035251_4331618.jpg
Q太郎のマカロン。

パパがヌテラで絵を描いた。



Seccoのパンは、昼ではなく、夜ご飯で食べました。今度、写真を紹介します。
by Qtaro-mama | 2007-10-28 17:03 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

Q太郎、大好きなお友達と長電話



お友達の男の子との長電話。大好きなお友達という事が、Q太郎の表情から分かりますよ。

ちなみにQ太郎は、日本語もフランス語も早口になる傾向があります。そして、電話をしながら、その辺をウロウロ歩き回るのは、完全にQ太郎パパと同じ。親の事を良く見てますよ。
by Qtaro-mama | 2007-10-27 23:35 | Trackback | Comments(10)

パリのマルシェのハロウィーンカボチャ

Q太郎パパが、マルシェでカボチャを買ってきてくれた。
f0035251_23114158.jpg


f0035251_231228.jpg
この顔を彫ったのはパパ。

Q太郎は、ムッシュー・パンプキンと呼んで、持ち歩いてます。
by Qtaro-mama | 2007-10-27 23:16 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

パリで一番美味しいパン屋のその後

近所の大好きパン屋さんが閉店した後の、「その後」について書きたいと思います。(以前の「パリで一番美味しいパン屋が閉店」という記事はこちら

別にこのパン屋さんは、売り上げ不振で閉店に追い込まれたわけではありません。店主が定年を迎えたのです。今頃は、ノルマンディーの方でゆったりとした生活を送っているとの事。

閉店した後は、お店を買い取った新しいオーナーによって、すぐに再開しました。日本だと新しい店主に変わったら、店の内装なども一新すると思うのですが、見た目には何も変わった所はないようです。店の看板すら変更なし。

でも何も変えない事でのメリットはあると思います。以前からのお客さんも、そのままお店と一緒にくっついてくるわけですから。店舗を買い上げる時は、そういった事もプラスアルファでの値段になるのかなぁと思いました。

新しいお店に変わってからも、私が気になるのは、唯一パンの味。このパン屋が夏休みを取っていた時、周りにここに代わる美味しいパン屋が見つからなかった思い出があります。店主が変わっても、内装と同様、パンの味も変わらないことを祈りました。

結果から言いますと・・・・

私が毎回買うbanetteという名前のバゲットと、シリアル入りのバゲットは、以前とそんなに変わってないように感じました。ただ、1、2週目は、焼きムラがあるように思いました。まだ職人さんが、新しいオーブンに慣れてないようです。

クロワッサンが、5セント値上がりして、95セントとなりました。便乗値上がり許せない!と思ったけど、最近フランスでは、小麦粉の値段がだいぶ値上がりしたようです。5セントの値上がりはしょうがないのかなぁ。実際、うちの隣の不味いパン屋のクロワッサンは、1ユーロします。有名パン屋は全て1ユーロ以上取るようです。以前、90セントで売られていたのが良心的だったのかも。

その他のパンやケーキは、まだあまり試してないのです。徐々に味を見ていこうとは思ってますが、それと同時に、美味しいと言われているパリのパン屋さんで、まだ試していない他のお店のパンも、ちょっと食べ歩きしてみたいと思ってます。

今、気になってるのは、「Secco」。元プージョランだったというお店で、看板は以前のままらしい。調べてみると「経営者が変わったけど、プージョランの名前は残してる」という事。これじゃぁ、私の近所のパン屋さんと同じパターン?

評判良さそうなので、とりあえず味わいたいです。
by Qtaro-mama | 2007-10-27 05:52 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)

アルベール・ラモリス 「白い馬」 「赤い風船」

今日は、5区にある映画館「Reflet Medicis」に行ってきました。

場内には、おじいさんと孫と思われる男の子の二人だけが、上映が始まるのを待っていました。

もう少しで始まるという時に、今度は、年配の品の良さそうなマダムが入ってきて言いました。

「白い馬」の上映は、ここですか?

おじいさんと男の子が二人揃って、「そうです」と答えました。

マダムは、二人に向かって言いました。

「白い馬」は、私が子供の頃、初めて映画館で見た作品なんですよ。絵本もいまだ取ってあります。

男の子のおじいさんが言いました。

私も同じです。この「白い馬」が、映画館で初めて見た映画です。大好きな作品なので、今日は孫を連れて見に来ました。

その台詞を言い終わるとすぐに映画が始まりました。

白い馬、そして赤い風船
by Qtaro-mama | 2007-10-26 05:58 | 映画 | Trackback | Comments(10)