モンパルナス

<   2007年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ルーブル美術館のuniversal resto

昨日もQ太郎とルーブル美術館へ行ってきました。目的は古代エジプト!
想像以上に、素晴らしい空間だった。広くて全部は見れなかったので、次回も再度まわる予定です。

Q太郎がルーブルで楽しみにしていることの1つがランチ。中にはいくつかの飲食スポットがありますが、私たちはいつも「universal resto」を利用しています。ここはいわゆるセルフサービス形式のフードコートです。

ホームページによると、ヨーロッパで初めてのフードコートにして、フランス唯一となるらしい。確かにセルフサービスのレストランはあっても、フードコートとなるとフランスでは見た事ないかも。

このuniversal restoには、ざっと14のインターナショナルなレストランが並びます。

中華、マフィンのお店、チキンのお店、クレープ屋、サンドイッチ、フレンチ、イタリアン、メキシカン、キッシュ、レバノン料理、お寿司、スペイン料理、ハンバーガー、モロッコ料理

Q太郎、いつもはここでハンバーガー(Universal Burger)を食べますよ。もうQ太郎の中では、ルーブル=ハンバーガーという図式が出来上がってるかのようです。やっぱり子供って、こういうの好きなんですよね。

f0035251_052058.jpg
昨日は、初めて2人でクスクスを食べました。


f0035251_054664.jpg
こんな感じで近くで見ながら注文出来ます。


観光でパリに来て、連日、フランス料理やサンドイッチという食事に飽きたときは、こういう野菜だけのクスクスや、中華なども良いかもしれません。セットメニューなどもあるし、店員さんは観光客(英語)にも慣れているから、気軽に食事をするスポットとしてもお薦めです。

店内はテーブル席もかなりありますよ。お昼の時間帯に利用しても、席が全然見つからないという事はあまりないと思います。利用してる人達も、かなりインターナショナルです。

先日、私たちの席の近くには、アメリカから来た高校生のグループ6人と、新婚旅行でフランスに来たというカップル2人が座ってました。話しを聞いていると、その高校生達とカップルが偶然同じテキサス出身だという事が判明したようで、高校生グループが異常に盛り上がってた。

旅先で同郷の人に偶然会う喜び・・・・私も分かります。隣でその様子を見ながら、私も嬉しくなってしまいました。
by Qtaro-mama | 2007-02-28 00:13 | Trackback | Comments(4)

週末クッキー

f0035251_2311457.jpg
土曜日のオートミールクッキー

上にかけたのは、ケシの実


f0035251_23123359.jpg
日曜日の動物クッキー


f0035251_2313655.jpg
週末、粉ばかり触ってる父子です
by Qtaro-mama | 2007-02-26 23:16 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)

セザール賞の結果

昨夜はセザール賞(フランスのアカデミー賞)の授賞式がありました。

作品賞は私も大好きだった「Lady Chatterley」(チャタレイ夫人)。こういう取るべき作品が受賞するとやっぱり嬉しいですね。

驚いたのは監督賞のギョーム・カネ。ただの俳優じゃないんですね。作品の「Ne le dis a personne」、私は未見です。

司会は去年同様、ヴァレリー・ルメルシエ。賞の内容は本当につまらなかったので触れない事にします。他の受賞作品はこちら
by Qtaro-mama | 2007-02-26 01:22 | 映画 | Trackback | Comments(4)

我が家の手作りパスタ

f0035251_605711.jpg

f0035251_674034.jpg

f0035251_623986.jpg

f0035251_62027.jpg


f0035251_6234413.jpg
パスタの日は、朝からワクワクするよ。
by Qtaro-mama | 2007-02-25 06:11 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)

隣のスーパーの改装工事

Q太郎パパからバレンタインデーに貰ったNewTreeのチョコレート、どこかで見た事あるなぁと思ってたら、なんと隣のスーパー「INNO」にありました(板チョコ系も揃ってた)。

このスーパー、かなり使えます。有名デパート「ボンマルシェ」の食料品売り場で扱ってる商品が結構並んでるのです。それで値段はボンマルシェより安かったりする。日本へのお土産を買う場所としてもお薦め。庶民的なフランスっぽい商品とボンマルシェに売ってるような確かな商品のどちらも見つかる。

魚、チーズ、ワイン売り場はかなりの面積取られてます(あっ、パン屋も広いかも)。フォションやエディアールの商品も売ってる。

実はこのスーパー、去年の夏くらいから売り場の改装工事をしているのです。それが終わったら、詳しく記事にしようと思ってたけど、なかなか終わる気配がない。

一体どんな売り場に出来上がるのか誰にも分からない状態です。
by Qtaro-mama | 2007-02-25 00:03 | Trackback | Comments(6)

パリの公共のプール (施設編)

東京に住んでいた時も、そんなにいろいろなプールに通ったわけではありません。最後に行ったのはマタニティスイミングの教室でしょうか!新しく出来た施設のプールだった為、かなり快適だったのを覚えています。

私が現在利用しているパリのプール、ロッカールームが男女一緒なのです。これって他の所も同じですか?

日本でロッカールームが男女一緒のスポーツクラブなんて存在しなそうですよね。公共のプールはどうでしょ?私がかつて行った所は、確かに男女別だったと思います。

そのロッカールームの隣に、トイレのドアのようなものがずらりと並んでいます。そこが更衣室となります。もちろん1人ずつ入るように作られていますよ。鍵は付いていません。ドアが閉まってる場合、「使用中」という意味ですからね。間違ってドアは開けないように。

もちろんシャワー室も男女一緒です。シャンプー、石鹸持ってきて、ゴシゴシ洗ってる人もいますよ。私もその手のタイプですが、その辺は日本も一緒でしょうか。

f0035251_1741128.jpg
ドライヤーはこういうタイプ。

これは出口を出たところに設置されてます。手をかざすと熱風が出てくるシステムで、高さも調節出来る。


私はなぜかこのドライヤーだと髪型が良い感じにまとまるので気に入ってます。

靴は入り口の所で脱ぐようになっているのですが、靴用のロッカーはないのでそのまま自分で持って入ります。常連さんなんかだとそのままサンダルに履き替えてる人、結構多いような気がします。サンダルはそのままプールの所まで履いていき、泳ぐまえにその辺に脱ぎ捨てる感じです。

f0035251_174365.jpg
Q太郎もマイサンダル持参してますよ


友達も言ってましたが、室内の温度は明らかに日本のプールと比べて低いと思います。だから水から上がると、とっても寒いのです(冬だからかな?)。私は走ってシャワーに向かいますよ。

水の温度については、今までは快適だと思ってましたが(まぁ、これも日本と比べてしまうと低いような気もしますが)、先日、Q太郎と行った日は、本物の「水」だった。寒くて動いてないと震えてしまう状態。だからといって、水から出てしまうともっと寒いから、水の中から出るに出れず。常に泳いでいればそんな事も気にならないのかもしれないけど、その日はQ太郎のコーチ役に徹していたから・・・・じっと見守ってる事も多くて・・・。

そんな気持ちを知ってか、Q太郎は1時間くらい水から出ようとせず。外に出た時には、指がクチャクチャにふやけまくってました。
by Qtaro-mama | 2007-02-23 17:08 | Trackback | Comments(6)

Odette Toulemonde

f0035251_362876.jpg
この作品、いわゆる批評家たちによる批評(星の数)というものが散々なのです。


見に行くかどうか迷ってるときに、こういう結果を見てしまうと・・・・やっぱり私も躊躇してしまいますよ。

でも週末会ったお友達から、「とても良かった」という確かな情報をゲット。昨日、さっそく見てきました。

やっぱり私好みの作品だった。夢のあるストーリで、ところどころクスッとする笑いがある。あそこまで酷評される意味が分からないな。批評家は全員、男性だったのかしら?

実は、私はお昼の回に行ったのですが、場内は見事に女性ばかりでした。それも(推定)60代以上のマダムのグループが多い!中には5人組の仲良しグループで来てるひとたちもいて、なかなか微笑ましかった。

f0035251_365113.jpg

Odette Toulemonde役にカトリーヌ・フロ。

もうこの人しかいないというハマり役。日本では「奇人達の晩餐会」、「家族の気分」なんかでお馴染みでしょうか。多分、この人のキャラクターもパリのマダム達には人気なのだと思います。

私は彼女を近くで三度ほど見かけたことあるんですよ(二回は隣のスーパー)。多分、ご近所さんです。
by Qtaro-mama | 2007-02-23 03:14 | 映画 | Trackback | Comments(2)

パリの公共のプール

火曜日、初めてQ太郎と二人でプールに行ってきました。パパからは「Q太郎、けっこう泳げるようになったよぉ」みたいな話しを聞いていたので、どんな感じなのか一緒に水に入るのを楽しみにしていたのです。

f0035251_7105711.jpg

実際、泳ぐとはいっても、別にクロールやバタ足で進むわけではありませんが、確かに足が付かない深いところでも犬かき(?)のようなスタイルで進んではいきます。浮くコツを覚えたという感じでしょうか。

私たちが通ってるプールについて書きたいと思います。

ここは33メートル、25メートル、そして12、5メートルの3つのプールがあります。

私は25メートルのプールを利用しています。ここの水深、片側は1、2メートルですが、もう片側は2メートル以上あるのです。ハンパじゃなく深いですよ。泳いでいると、途中からグゥーンと深くなるのが分かるのです。初めの頃は、足が付かない場所で溺れたらどうしようという怖さもありましたが、今はなんとなく慣れました。

Q太郎はもちろん12、5メートルの子供用プールを利用しています。子供用とはいっても、水深は深いところで1、2メートルありますからね。Q太郎はもちろん足が付きませんよ。ここは別に子供専用というわけではないので、私もゆっくりしたい時はこちらで泳いだりしてます。

パリのプールの嬉しいところは、料金が安いところでしょうか。

10回分回数券が21、50ユーロ、3ヶ月分パスは32、50ユーロ。1ヶ月1500円ほどで泳ぎ放題となるわけです。

パリのプールの話し・・・続きます。
by Qtaro-mama | 2007-02-22 07:15 | Trackback | Comments(10)

ルーブル美術館のガイド本

バカンス入ってすぐの月曜は、Q太郎とルーブル美術館へ行ってきました。その日は、ピラミッド脇に今まで見た事ないような長蛇の列が出来ていましたよ。午前11時30分頃です。

私たちはルーブルパスを持っている為、団体用の入り口から入り待つことはありませんでした。ちょっと遅れてきた友達には、ピラミッドからではなく、Galerie de Carrouselから入る事を案内しました。こちらは待ち時間ゼロ、エスカレーターを降りると、券売機(クレジットカードのみ利用可)も置いてあるので便利です。

午後13時半くらいにルーブル美術館を後にしましたが、その時はピラミッドの並んでいる人の列も短くなっていました。時間、曜日によって混み具合が極端に違うのかもしれません。

f0035251_1738552.jpg
ところで、皆さん、買われました?

Penのルーブル特集号


さすが日本の雑誌。その辺のガイド本とは違った角度からのルーブルを見せてくれます。本当に保存版という感じでした。私は買って正解。この雑誌が発売される事はtahitijapanさんに教えていただきました(ありがとうございました)。パリ在住の皆様、ジュンク堂には大量に入荷されているのを見ましたよ。今現在は分かりませんので、もし購入希望の方はまず問い合わせてみてください。

ルーブル美術館のガイド本って、作品の説明が網羅されてるのはいくつか出ているのですが、それ以外のってなかなか見つからないんですよね。まぁ、美術館の本なんてそんなものだと思うのですが、私はあれだけの巨大な空間、もっと食べる事とショッピングの事も網羅されたような総合的なガイド本が出来ればいいなと思ってるのです。希望を言えば、旅行ガイドの「るるぶ」のような感じ。ディズニーランドがあるのだから、ルーブル美術館も作って欲しい。

私が考えるルーブルの最良のガイドは、ピラミッド下のインフォメーションで貰える「しおり」です。館内見取り図と共に、主な作品が写真と共に載っています。もちろん日本語、そして無料。ルーブルに着いたら、必ず手に入れて下さいね。
by Qtaro-mama | 2007-02-21 17:41 | Trackback | Comments(10)

フランスの子供用自転車

f0035251_7274018.jpg
自転車は近くのスポーツ店(GO SPORT)で購入しました。


値段は70ユーロほど(Q太郎パパが会社から貰った商品券を使用)。サイズは4歳から6歳児用。そのサイズは商品が1つしか置いてなく、デザインなど選ぶ余地はなかったようです。

f0035251_728590.jpg
お店からそのまま乗ってくれば良いかなぁと考えてたら、お家での組立式でした。


タイヤにもうちょっと空気を入れようと、日本で使ってた空気入れを取り出してみたけど、やっぱり規格が違うようで合いません。こちら専用のを買わなければなりませんね。

f0035251_7224777.jpgf0035251_722451.jpg


組み立てた後は、すぐに試し乗りに外に出ました。家の近くのエドガー・キネ通りを行ったり来たり。

その時、同じ場所でQ太郎と同じくらいの歳の女の子(1つ下かなぁ?)が遊んでいたのですが・・・・彼女のパパは有名な方でした。

女の子のパパは・・・・
by Qtaro-mama | 2007-02-20 07:32 | Trackback | Comments(6)