モンパルナス

<   2006年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

昨日の夜は、Q太郎は8時、私達は10時に寝たのに、今朝は三人とも10時半までグッスリ。この位長く寝ると、時差ボケも楽です。

今夜何が食べたい?と聞かれて、「豆腐」と口を揃えて答える私達。

パリの食生活、ほとんど不満はないけど、豆腐が近所で手に入らないのは不自由だなぁ。出来たら、毎日でも食べたい食材ですよね。


f0035251_17112617.jpg
美味しいかな?
by Qtaro-mama | 2006-07-31 17:14 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(8)

1年ぶりの日本

日本に無事、到着です。


f0035251_15225232.jpg
f0035251_15231828.jpg


シャルル・ド・ゴール空港のエールフランスのターミナルには、こんな感じのオモチャがいくつもゲート付近に用意されてますよ。


f0035251_15233570.jpg
飛行機でも「ウサギさん」と一緒



昼の便だったので、Q太郎もあまり寝れないかなと思ったけど、結局、お昼ご飯、オヤツを食べた後は、日本に着くまで寝たまま。通路を一度も歩く事なく終わってしまいました。
by Qtaro-mama | 2006-07-30 15:34 | 日本での夏休み | Trackback | Comments(13)

バカンス

うちも明日から1ヶ月、夏休みを取ります。行き先はもちろん日本の東北!
東京にも寄って、いろいろ美味しい物食べたいのですが、まだ行くかどうかは未定、天候次第かな。日本からもQ太郎の夏休みの様子をご紹介出来ればと思います。


f0035251_5172386.jpg
怪しい生き物、日本に接近中




f0035251_5175174.jpg
日本では「だるま」を買いたいというQ太郎です
by Qtaro-mama | 2006-07-29 05:22 | Trackback | Comments(12)

Q太郎と座布団

とりあえず暑さも一段落。今日は昨日より10℃は低い気温のパリです。


f0035251_2132824.jpg



昨日、Q太郎は2階の自分の部屋で、私は1階のソファでそれぞれ昼寝。でも、私が起きた時、ソファの横でこういう状態で寝ているQ太郎を見つけました。寝る為に、とりあえず自分で座布団を敷いたらしいQ太郎。1枚しか使わないのなら、なにも5枚も敷かなくて良いのにと母は思いました。
by Qtaro-mama | 2006-07-27 21:06 | Trackback | Comments(8)

大好きだから

ちょっと前から私が気をつけている事。

屋外でも家の中でも、ちょっと離れた場所でQ太郎がした事に対して注意したい時・・・。
以前はその場で、声を張り上げて叱ってましたが、最近は、一度、Q太郎を自分の所に呼んで(自分からは行かない)、それから静かな声で目を見ながら注意するようにしてます。発作的に叫んで叱るよりは、Q太郎が近づいてくる間に、お互いが落ち着いて、私も冷静に注意出来るし、Q太郎も真剣に聞いてくれるような気がします。

こういう風にするようになった理由には、「親が呼んだらすぐ来る」 = 「親の言う事は絶対」という事を今のうちに覚えて欲しいから。親の言う事なんて、思春期くらいになったら聞かなくなるのかもしれないけど、とりあえず社会のルールを覚えるまでは、徹底したいとは思ってます。

もう1つ、意識して行っている事。

一日に何度も「大好きだよ」と伝える事。

「お母さん、Q太郎が大好きだから、ちょっと抱っこしても良い?」
「お母さん、Q太郎が大好きだから、ビズしても良い?」

Q太郎に「抱っこして」と言われてからするのは重くて嫌だけど、言われる前に、私の方から抱っこするのは大好き。Q太郎も私の方から言われると意外な感じがするようで、「抱っこしてもいいよぉ」と恥ずかしそうにボソッと言うのがなんとなく可愛いです。
by Qtaro-mama | 2006-07-27 21:00 | Trackback | Comments(4)

フランスの砂糖

お土産用にフランスっぽい角砂糖を買いたいなぁと、隣のスーパーに行ったら、この怪しげな商品に一目惚れ。


f0035251_1610640.jpg
その名も「Daddy」




1つ1つの裏には、映画に関するクイズと答えが載ってて、毎回、楽しめる。これならコーヒーに砂糖を入れない私でも、つい使いたくなるかな。


f0035251_1692515.jpg
こんな箱に入ってます。下の部分がパカッと開いて、取り出し簡単




ちなみに、お土産用に便利そうなオシャレな砂糖だったら、ボン・マルシェにたくさんありましたよ。
by Qtaro-mama | 2006-07-26 16:17 | Trackback | Comments(8)

日本のお友達のパリ

日本からの友達家族が、短いパリ滞在を終え、今日帰って行きました。

連日、精力的なスケージュールで動いてた。暑くて大変そうだったけど、毎日、その日にあったハプニングを楽しそうに話してくれて、聞いてる私も笑いが止まらない事が何度もあった。

熱中症にならない為に、水ばっかり買ってて、ミネラルウォーターに大金を使ったとも言ってた。パリの物価が高い事にもとても驚いていたなぁ。

5歳のMちゃんも、「Oui」や「Merci」を連発して、とっても可愛い。Q太郎もたくさん遊んでもらって、ここ数日は、お姉ちゃんが出来た状態。

以前来た時の印象ともだいぶ違ってたらしい。親切な人が無数に居たそうです。子供が一緒だったからというのもあるのかな? クレープリーの人に親切にされた話しは、凄いものでした。1度ならず2度までも! ここで具体的に書くのは避けますが、彼女たちが食べたのは「クレープリー・ド・ジョスラン」。サービス、味ともに大満足してました!
by Qtaro-mama | 2006-07-26 04:27 | Trackback | Comments(9)

ボンポワン

フランスの子供服ブランド「ボンポワン」。興味がなくて見た事なかったけど、友達の付き合いで、リュクサンブール近くの6区のお店を覗いてみました。

ビックリした。

なんなの、この空間?


f0035251_1483940.jpg
一番奥の靴売り場




お店の作りがとにかく素敵! 観光客みたいにキョロキョロ。友達は入ってすぐのレジで、店内の地図を貰ってた。確かに、地図がないと迷ってしまうかも! とにかく広い。

私の方は、店内のインテリアに夢中になってしまい、肝心の洋服を見るのを忘れてしまった。とにかく一見の価値有り!

最後に私にも入りそうなサイズのパンツを見つけた。確かプチバトーと同様、大人が着れるようなサイズも揃っていると聞いた事がある。今度は自分の洋服を見つけに来よう。
by Qtaro-mama | 2006-07-25 14:13 | Trackback | Comments(4)

ガルシアの首

サム・ペキンパー、1974年の作品「ガルシアの首」をテレビで見ました。

土煙が舞って、画面がつねにホコリっぽい。男性が好きそうな映画かなぁ。冒頭、「bring me the head of Alfredo Garcia」と叫ぶ所は迫力ありましたね。主演のウォーレン・オーツも相変わらずカッコ良かった。

サム・ペキンパーの作品で忘れられないのは、「砂漠の流れ者」こと「ケーブル・ホーグのバラード」。傑作です。

もう1つ、最近テレビで見たのが「バクステール/ぼくを可愛がってください。さもないと何かが起こります」。

フランス映画ですが・・・なんかすごい邦題。 

東京で利用していたビデオレンタル店で、いつも棚の隅っこの方に置いてあったけど、一度も借りた事がない作品でした。調べたら、日本では公開されてなくて、ビデオの販売のみだったようですね。

犬のバクステール(ブルテリア)から語られる人間の世界。ハッピーエンドで終わらない所が、ハリウッド作品とは一線を画す。シナリオは、去年、セザール賞も受賞したジャック・オディアール(真夜中のピアニスト)。なるほどと思いました。
by Qtaro-mama | 2006-07-24 22:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

パリ・プラージュ

f0035251_23451964.jpg


すっかり夏の風物詩となったパリ・プラージュ。今年も8月20日までの1ヶ月間、セーヌ河沿いで行われてます。

いろいろな人が集まって来て、見てるだけで楽しい。デッキチェアーで日焼けに励む人、砂遊びをする子供たち、ペタンクを楽しむ家族、ここには、人の数だけ楽しみ方があるようです。


お腹が空いたので、セーヌ河を眺められるカフェでお食事。メニューはelle(彼女)とlui(彼)の2つだけ。

f0035251_23461959.jpg
これが私が頼んだelle



f0035251_23464891.jpg
Q太郎パパが頼んだlui



f0035251_23473013.jpg
僕のは・・・・えっ?



f0035251_234829.jpg
これだけ?




これからパリに来られる方、是非、水着を忘れないで下さいね!
by Qtaro-mama | 2006-07-23 23:57 | Trackback | Comments(0)