モンパルナス

カテゴリ:Q太郎ママのCD( 29 )

サントラ 「ラテンアメリカ 光と影の詩」

f0035251_1559661.jpg

ラテンアメリカ 光と影の詩(1992年)

高校生のマルティンが父を捜すべく、アルゼンチンの南からメキシコまで自転車(バイクじゃない!)で旅をするというストーリー。

当時、日本盤はめったに買わなかったのですが、これが日本盤だったのを見るとよっぽど映画を気に入ったんだろうなぁと推測します。

この作品でアストル・ピアソラを知りました。原題は「El Viaje」、旅という意味です。
by Qtaro-mama | 2008-10-23 16:19 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

Dream with the Fishes

f0035251_16332277.jpg
Dream with the Fishes


デヴィッド・アークエット主演、1997年の作品。allcinemaの情報によると劇場未公開となってるのですが、ん〜、私は新宿の映画館で見たような気がする。他の作品と勘違いしてるかもしれないから「絶対見た」と言えないところが辛いけど・・・

邦題は「知ったことか!」だって。邦題があるなら、やっぱり公開されたんじゃないかなぁ?

全体に暗めの曲が多いけど、最後にWaterboysの「Fisherman's Blues」が入っているのが良いのです。
by Qtaro-mama | 2008-10-21 16:36 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

Austin Powers

f0035251_16113218.jpg

アメリカに旅行で行って、着いた初日に1回目見て、次の日に2度目を見て・・・1週間に結局3回見に行った作品。

細かいところ語らせたら止まらなくなりますよ〜。
by Qtaro-mama | 2008-10-20 19:07 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

ありふれた事件、小便小僧の恋物語

f0035251_031053.jpg
ありふれた事件


友達3人で歌舞伎町の映画館で見たけど、終わった後はみんな口数が少なかった。

なぜなら怖かったからぁ・・・。

怖いだけの作品だったら現在はいくつもあると思うけど、これが作られた92年当時はやっぱりこういったドキュメンタリータッチは珍しかったと思う。

ちなみにこのCDはQ太郎パパも持っている。だから我が家には2枚あるという事になります(笑)。


f0035251_024058.jpg
小便小僧の恋物語


上と同じベルギー映画。これはもう一度見たいです!
by Qtaro-mama | 2008-10-18 15:57 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)

Music from the films of HAL HARTLEY

f0035251_161025100.jpg


6区のRennes通りにある映画館「L'arlequin」、私の記憶に違いがなければ、昔は「Cosmos」という名前だったと思う。改装して「L'arlequin」となった際、ヨ・ラ・テンゴのライブがあって、その後にハル・ハートリーの「Surviving Desire」が上映されるというイベントがあった。

私は遅れて行ってライブの最後の方しか見なかったけど、ハル・ハートリー作品の音楽をいくつか演奏していたと思う。途中、ギターの弦が切れてしまうというハプニングがあった。1本くらいは良くあることだけど、その時は次々と切れていって最後は2本になった。それでも演奏を続けていたヨ・ラ・テンゴがいまだ忘れられない。
by Qtaro-mama | 2008-10-17 16:25 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

ヘンリー・マンシーニ 「The Pink Panther」

f0035251_16193128.jpg

自分のCD棚に行く前に、脇の方にまとめて重ねてあるサウンドトラックを紹介。

The Pink Panther[Soundtrack]
ヘンリー・マンシーニ

ピンクパンサーのテーマは誰でも知ってますよね。映画を見てなくても、この1枚はラウンジミュージックの名盤として意外と楽しめますよ。
by Qtaro-mama | 2008-10-16 18:58 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)

Robert Johnson 「The Complete Recordings」

f0035251_163625100.jpg
The Complete Recordings

Robert Johnson


2枚組のボックスセット。

ロバート・ジョンソン、名前は有名ですね。でも曲は知らないという人、意外と多いかもしれない。

このボックスセットは、友達からプレゼントされたもの。私自身、昔はよくブルーズ聴いてました。
by Qtaro-mama | 2008-10-15 16:47 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(2)

「ナゲッツ Nuggets」 4CD BOX

私のCD棚というのは、独身時代、東急ハンズで見つけたCD専用のもので、当時の私にとっては、ちょっとした高額商品でした(高額といっても2、3万だったかな?)。とりあえず本当に必要なものだけをこの棚に収め、入り切らないものは全て売ってしまう事に決めたのです。

f0035251_18532991.jpg

こうやって整理した後は、新しいCDを買うことはほとんどなくなりましたよ(貰いものが年に何度かあります)。

とりあえず始めに紹介するのは、棚に入らず下の方に積まれてるもの。


f0035251_18523668.jpg
「ナゲッツ Nuggets」 4CD BOX


Nuggetsというのは、レニー・ケイが編集した有名なオムニバスで、このボックスセットは他に曲を追加して4枚組になってます。60年代好きにはマストアイテム。時々、無人島に持っていく1枚を考えたりするのですが、私にとってこのボックスセットがその無人島盤に当たるかもしれません。でもその意見はあくまでも「表」で、「裏」の無人島盤は別にあります。
by Qtaro-mama | 2008-10-13 19:14 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

毎日のレコード生活

最近のこのブログ、映画とQ太郎のおやつを載せてるだけで、1週間が過ぎ去ってしまうので、今日は久しぶりに音楽の事を書きますね。

実は、夏休み終わったあたりから、毎日毎日、レコード(ビニール)聴いてます。今までCDを聴き続けてきた事への反動か、レコードを聴くという行為が気持ち良く、かつ楽しくて仕方がないのです。


やっぱりね、A面とB面があるというのは良いですよぉ。


今でこそ映画100%みたいな生活送ってますが、私の20代は音楽8割、映画2割でした。出かけると言ったら、レコード屋かコンサートか・・・そんな毎日だったのです。レコードに費やしたお金と時間もそれなりの量だった。

あの頃、レアーな音を探すのが、単純に楽しかったなぁ。

前からやりたかったのですが、今度「Q太郎ママのCD棚」みたいなカテゴリを作って、そこで私の棚のCDを片っ端から紹介してみようと思ってます。手持ちCDの記録も兼ねるから、書くのはシステマティックにアルバムタイトルとアーティスト名ぐらいに。詳しい紹介なんか入れると、どうしても時間がかかってやりにくくなるから、本当に簡単な感じにする予定ですので、音楽にあまり興味がない方はスルーして下さいね。
by Qtaro-mama | 2008-10-10 00:37 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)