モンパルナス

カテゴリ:Q太郎ママのCD( 29 )

アラン・トゥーサン 「Collection」

ニューオリンズの街を1人で歩いていたときのこと。道路脇に高級車(多分、ロールスロイスのリムジン)が停まっているのが目に付いた。凄い大きな車だなぁとジロジロ、そして次に目に入ったのがナンバープレート。

なんとナンバーが「PIANO」。

数字とかなくて、プレート上には本当にこの5文字だけ。うわっ、何これ?と思いつつ、同時にある事を思い出した。

ニューオリンズ出身のミュージシャン、アラン・トゥーサンの車のナンバープレートが同じく「PIANO」だと聞いたことがある。もしかしたらと辺りをキョロキョロ。そしたらそこは、有名クラブの「Tipitina's」の真ん前。

あっ、やっぱり本人の車かも・・・と思った瞬間、「Tipitina's」のドアが開いて、アラン・トゥーサンが出てきた。

f0035251_4205558.jpg


映画「ヤング@ハート」でみんなが練習してた「Yes We Can Can」は入ってませんが(笑)、名曲たっぷり揃ってます。アラン・トゥーサンが初めてという方は、まずこのCollection辺りからがお薦めです。
by Qtaro-mama | 2009-01-13 16:57 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(6)

Ernesto Che Guevara 「EL CHE VIVE!」

気分を変えてCD紹介。年も変わったのでサントラは終わりにして、自分のCD棚に移ります。

f0035251_3465340.jpg

「EL CHE VIVE!」
Ernesto Che Guevara

チェ・ゲバラ没後30年を記念にリリースされたトリビュートアルバム。1997年の発売となるので、もう10年前の作品となります。

リリースされた同じ年に私は音楽のフェスティバルを見るため、キューバに2週間ほど滞在しました。フェスティバルが行われていた街が、日本人を初めて見るようなかなりの田舎で、なぜか街全体が歓迎ムード。それでも今思い出すと、「無事に日本に帰れて良かったぁ」と思うようなちょっと色々あった旅でした。

アルバムとしては、ワールドミュージックの入門編としてもお薦めです。
by Qtaro-mama | 2009-01-05 18:52 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(2)

サントラ 「Deep Blues」

f0035251_19193869.jpg

サントラ
Deep Blues

1992年にリリースされたサントラです。

でも映画は見たことありません。この際、映画の音楽という事は関係ないのです。このアルバムの完成度だけで満足してます。
by Qtaro-mama | 2008-12-16 04:49 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

サントラ「スイミング・プール」

f0035251_4214818.jpg

サントラ:Swimming Pool」

スイミング・プール目当てで買いましたが、2枚目には他のオゾン作品の曲も入っていて、それぞれに楽しめます。




久しぶりに聴いたら、「焼け石に水」が見たくてなって、調べたらこのシーンが見つかった。



ちなみに歌ってるのはこの人。
by Qtaro-mama | 2008-12-09 04:41 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)

ルネ・ラルー「ファンタスティック・プラネット」

f0035251_4343841.jpg

この写真で分かるかな?段ボールのような素材(カートン?)で丁寧に作られてます。




音楽は、この映像を見ればバッチリ。Part1で10分くらい。もしかしたらYoutubeで全部見れてしまう?残念ながら日本語字幕付きは見つかりませんでした。
by Qtaro-mama | 2008-12-02 04:50 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)

Krzysztof Komeda 「袋小路」、「水の中のナイフ」

f0035251_6463677.jpg

以前、同じコメダの「ローズマリーの赤ちゃん」を紹介した時、「彼は同じポランスキーの袋小路、水の中のナイフもやっていて、そちらも同じように良かったはず」なんて書いたけど、そのCD、思いっきり持ってました。そして「良かったはず」ではなく、とっても良くて、1週間以上こればっかり聴いてます。

コメダが初めての人にはこちらの方がお薦めかな。

「袋小路」、「水の中のナイフ」は共にもう一度、映画館で見たい作品です。
by Qtaro-mama | 2008-11-24 16:45 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

Woody Allen's Movie Music、Iain Matthews

f0035251_16504625.jpg

Woody Allen's Movies
Soundtrack

Q太郎が生まれてから1、2ヶ月間、毎日毎日このCDを聴いていた。

「セプテンバー」「ハンナとその姉妹」「マンハッタン」「ラジオ・デイズ」「スターダスト・メモリーズ」「インテリア」「サマー・ナイト」「ボギー、俺も男だ」



f0035251_2293735.jpg
Iain Matthews

A Tiniest Wham


実は上のCDとローテーションで聴いていたのがこのIain Matthewsの2枚組CD。サントラじゃないけどついでに今紹介しちゃいます。

なぜこの出産直後という時期にいつも聴いていたかというと、とにかく毎日でも飽きないほどの名盤だから・・・それは表の理由で、初めての育児に疲れきってCDを変えるのさえ面倒だっというのもあるかな・・・。

元フェアポート・コンヴェンションのシンガーという事で昔から名前だけは知ってたけど、なぜか彼の活動に興味を持たなくて、このCDを手に入れるまで彼の声は聴いたことなかった。1枚目の「A Tiniest Wham」も2枚目のライブ盤もとにかくどちらも好き。

2001年のリリースです。
by Qtaro-mama | 2008-11-13 22:36 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(0)

サウンドトラック「ヴァージン・スーサイズ」

f0035251_17144529.jpg

ソフィア・コッポラの「Virgin Suicides」。
これがデビュー作って凄いなぁといまだに思います。

音楽はフランスのデュオAIR(エール)が担当。AIRは「Moon Safari」も愛聴してました。
by Qtaro-mama | 2008-11-06 20:21 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(2)

クシシュトフ・コメダ「ローズマリーの赤ちゃん」「吸血鬼」

CDの紹介文は、映画の感想を書くよりはかなり短時間で出来上がるのですが、ジャケット写真がなかなかネット上で見つからないのです。違うバージョンなんかはあっても、私が持っているのと細部が違うことが多い。そうなると自分で写真を撮って載せることになるので、それでちょっと時間がかかってしまう場合があります。


f0035251_1717182.jpg

何日も何日もこればっかり聴いてた時期があった。

ロマン・ポランスキーの作品「ローズマリーの赤ちゃん」「吸血鬼」の音楽。担当したのはポーランドのクシシュトフ・コメダ。彼は同じポランスキーの「袋小路」「水の中のナイフ」もやっていて、そちらも同じように良かったはず。

7曲目の「Lullaby」は今聴いてもゾクゾクします。
by Qtaro-mama | 2008-10-29 17:22 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(2)

シェルブールの雨傘、ロシュフォールの恋人たち

f0035251_1553125.jpgf0035251_15532369.jpg


一家に1枚でしょうか?これは持ってるという人も多いかな。ミシェル・ルグランの傑作です。

とにかく聴いてるだけで映画の場面が思い出され幸せになる。2本のうちどちらか選べと言われれば、私は映画、音楽共に「ロシュフォールの恋人たち」が断然好きですね。
by Qtaro-mama | 2008-10-24 16:05 | Q太郎ママのCD | Trackback | Comments(4)