モンパルナス

Q太郎パパのクリスマスイブの献立

24日のクリスマスイブの夜に食べたメニューを紹介しますね。

毎年、シャンパンを飲みながら、みんなでクリスマスプレゼントを1つずつ開けていきます。20時から始めようと言ってたのに、各自の準備に手間取ってシャンペンが開けられたのが21時。

全員のプレゼントを開けるのに、これまた1時間かかって、食事が始まったのは22時でした。


f0035251_7482149.jpg

1つ目のお皿は、もちろんフォアグラ。出発前日に味見をしたものと同じ、Q太郎パパが作ったテリーヌです。同じくQ太郎パパが作っていたオニオン・コンフィと一緒に頂きました。


f0035251_7544856.jpgf0035251_7551146.jpg

このように瓶詰めにして、パリから持ち込みました。前にも書きましたが、キャトルエピス、エスペレット唐辛子が入ってます。今度は山椒を入れて作ってみようかな・・・とQ太郎パパが食べながら言ってましたよ。

f0035251_8225314.jpg

前菜2品目は、サーモン、アボガド、フヌイユの盛り合わせ。


f0035251_8254977.jpg

メインに鹿肉、付け合わせにジャガイモと根セロリをローストしたもの。鹿のお肉はとても柔らかく仕上がってました。


f0035251_17164788.jpg

深夜を過ぎてから、Q太郎パパが準備したのは、オレンジ、グレープフルーツをシナモン、黒糖と合わせた簡単デザート。食べる頃には24時半をまわってました。

この時間になると、もうケーキ系のデザートは重く感じるので、このくらいのフルーツが本当にちょうど良かったです。


f0035251_1833399.jpg

次の日、昼頃に起きて台所に行くと、クニュー(cougnou)が用意されてました。

ブリオッシュに砂糖、ドライフルーツが盛り込まれたパンで、ベルギーではクリスマスの朝に食べられます。赤ちゃん(人間?)の形をしてるのが一般的かな。

そういえば、上のメニューを食べた24日の夜のQ太郎ですが・・・その前に開けたプレゼントの中に本人がとても欲しかったものが含まれていたのです。

「嬉し過ぎてご飯食べれないよぉ・・・」と本人は叫んでましたが、実際嬉しかったようで、興奮しながら本当に何も食べずに寝てしまいました。Q太郎が病気の時以外に夜ご飯を食べなかったのなんて、初めてかもしれません。22時過ぎてたので、ちょっと疲れてたには違いありませんが・・・今度、Q太郎を狂喜させたプレゼントを紹介しますね。
by Qtaro-mama | 2008-12-28 05:13 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/9996103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2008-12-29 00:12
素敵なクリスマス休暇だったようですね、相変わらず美味しそうな食卓風景です。
しかし、22時過ぎというのは、、、良く眠れました?(笑)
Q太郎くん、ご飯を食べなかった??(驚)食欲を上回る感動だったんですね、驚きましたが気持ちはよくわかりますよ。
何だったのか、楽しみに更新お待ちしとります。
Commented by Qtaro-mama at 2008-12-31 07:11
>yasasinさん
バカンスに入ってから、夕飯が遅いので、起きるのもお昼12時くらいの事もあり、学校、仕事が始まったらどうなる事やら・・・という感じです。
Q太郎、まさに食欲を超える感動だったというわけです。大人になると、食べられないほど感動するプレゼントって少ないですかね。子供はやっぱり純粋ですね。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。