モンパルナス

パリの産直野菜たち

月曜日の夕ご飯は、Q太郎パパが週末に残り物の野菜で作ったスープ。
火曜日の夕ご飯は、残り物の野菜(大量のズッキーニとトマト)を処分すべく、この2つの野菜だけを入れたカレー。

とにかく最近、家の中に野菜があふれてる。とりあえず昨日、ズッキーニとトマトを食べ終えてホッとしてたら・・・夜、仕事から帰ってきたQ太郎パパの手には、またまた野菜バッグが。

ちょっと前から仕事場の最寄りの駅に、農家の人たちが野菜を売りに来ていて、Q太郎パパは毎週火曜日にそれを買ってくるのです。

f0035251_36147.jpg

既に野菜がこういったタイプの袋に入ってます。選ぶことは出来なくて、中に入ってるのはその時に穫れるものだから、毎週変わる仕組み。

昨日は何が入ってたかというと・・・

レタスが2個。
いんげん
トマト
人参
かぼちゃ
ビーツ

これで10ユーロ。高いのか安いのか良く分からない値段なのですが・・・何しろ農家直売だから新鮮。Q太郎パパの親切な行為に感謝して、ありがたく野菜を料理してます。

f0035251_2465462.jpgf0035251_2471444.jpg


f0035251_1213660.jpgf0035251_122198.jpg

毎週こんな感じだから、家にある物だけで料理を作るのがなかなか上手くなったような気がする。

今日はさっそくビーツ(betteraves)を調理してみました。調理とはいっても、切って、ポテトサラダに入れただけなんですけど・・・。

f0035251_2583629.jpg
味を付ける前。


f0035251_2595792.jpg
マヨネーズを入れて混ぜ合わせた後。


予想してたけど、ジャガイモ真っ赤っか。
これを食卓に出したら、「スゴォーイおかあさん、こういうのも作れるって知らなかったよぉ」と、Q太郎には素直に感動されました。

ちなみにハムもサイコロ型に切って入れてあります。ビーツの量があまりにも多くて、ジャガイモとハムのみだけど、玉ねぎのみじん切りが入ってても味にアクセントが出来て美味しいかなぁと思いました。Q太郎が「もっと野菜が多い方が良かったなぁ」と言ってたけど、これにキュウリとか合うのかどうかは分かりません!
by Qtaro-mama | 2008-10-02 03:18 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/9241676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zucchini0315 at 2008-10-02 10:26
うちも出入りの農家さんからたくさん野菜が。私の会社でも貰ってきたり。
野菜って嬉しいけど手をかける時間がかかるから、続くとくたびれます。
枝豆、どんだけ茹でたか!ゴーヤどんだけ入れたか!
嬉しい悲鳴とはまさにこのこと。
Commented by Qtaro-mama at 2008-10-02 15:56
> zucchini0315さん
私は基本的に、作りたいものを決めてそれに必要な野菜だけを買いに行くのが好きなのですが・・・慣れの問題でしょうかね。手間がかかるっていうの分かるような気がします。でも野菜が貰えるって・・・考え方によってはありがたい事ですよね。ゴーヤと枝豆は羨ましいです。
Commented by harnharn at 2008-10-02 21:18 x
え〜安いですよぉ〜!だって農家直売なんですよぉ〜。スーパーには既に駄目になった野菜もありますからねぇ、、。新鮮な野菜って本当に美味しいですよね。そしてお花のある生活も素敵です!私も出来るだけ花を置くように心がけてます。風水あまり信じてないですけど「お花は悪いものを吸い取ってくれる」らしい、、のでw 信じてないと吸い取ってくれないかもしれないですけどね。私は今秋らしい「ほおづき」の鉢がほしいです。
Commented by Qtaro-mama at 2008-10-03 01:21
>harnharnさん
今日、隣のスーパーを見てみたら、同じ種類のカボチャが(ちょっと小さめ)2ユーロ40で売られてたのです。インゲンも1kg近く入ってるし、トマトも最近高いし・・・やっぱり10ユーロはパリにしては安いかもしれませんね。それにパリのマルシェって農家の人たちが売ってるわけじゃないですよね。直売ってのは貴重かも。
風水の話し、知りませんでした。断然信じてしまいます!上の花屋さん、店頭でほおずき見ました。鉢だったかどうかは定かじゃないのですが・・・。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。