モンパルナス

佐藤真 「映画の仕事」

自分用のお土産にDVDを買ってしまった。

f0035251_22333979.jpg
佐藤真 映画の仕事

「阿賀に生きる」
「まひるのほし」
「SELF AND OTHERS」
「花子」
「阿賀の記憶」


東京に住んでた時、日本のドキュメンタリー作品を見る機会にあまり恵まれなくて、それがフランスで暮らすようになってからも、心残りというか気になってた事の一つ。

このBOXセットを見つけたときも、すぐに「欲しい」と思ったけど、二万円という値段にかなり迷った。でもこれも何かの縁と思い注文を決意。今日届いて商品を見てたら、佐藤真監督は、去年の9月に飛び降り自殺で亡くなっていることを知った。


注文したその他のDVD

戸田家の兄弟
監督:小津安二郎

おかあさん
監督:成瀬巳喜男

すっ飛び駕
監督:マキノ雅弘

安城家の舞踏會
監督:吉村公三郎

「安城家〜」以外の3本は、全て1000円でした。
by Qtaro-mama | 2008-08-14 23:00 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/8838977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sayaka at 2008-08-19 16:02 x
ええ! 1000円! いいお買い物ですね。6ユーロで名作が手に入るなんてね。いいなあ。あと、私もドキュメンタリーの監督が気になっているところでした。日本にいる時は、映画好きを自負していた割にはあまりにも観てなかったってことに今更ながら気がついてます。まわりがシネフィルだらけの状態だから、っていうのもあるだろうけど。まだまだ観たい作品がたくさんありますねえ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-08-19 16:42
>Sayakaさん
日本映画の名作シリーズでかなりのタイトルが1000円で出てるのよ。気がついて良かったよぉ。
上の佐藤真のセットは、自分の為に買ったけど、購入してみたらほとんどの作品に英語字幕が付いてる事に気づいたの。だから夫婦で一応楽しめるよ。見終わったら貸すね。先ほど、bookoffで日本のドキュメンタリー作家の本を見つけてきました。こちらも同様に。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。