モンパルナス

ノルウェー映画「O' Horten」、ベルギー映画「Eldorado」

f0035251_20374782.jpg

犬を抱いたオジさんのポスターが気になったので、「La Nouvelle vie de Monsieur Horton」見て来ました。原題は「O' Horten」。

舞台は寒い寒いノルウェー。雪が多くて、いっつも暗い。長年、列車の機関士として働いたHortonは、67歳で定年を迎える。その後の彼の人生、新しい出会い。

とこどころクスクス笑える所があるけど、後半、微妙に眠くなった。これが仕事後のレイトショーとかだったら、絶対気持ち良く寝てしまったと思う。

予備知識なく行ったのですが、監督はなんと、先日記事を書いた「酔いどれ詩人になる前に」「卵の番人」のベント・ハーメル。(寝そうだけど)個人的にはこういう温かい作品好きです。


f0035251_20381784.jpg
先週見たのは「Eldorado」

こちらも中年オヤジが大活躍する話し。


ガレージ音楽が鳴り響く予告編を見て、初めはアメリカ映画だと思ったら、れっきとしたベルギー映画だった。

泥棒に入った若者と、泥棒に入られた家主の奇妙な旅。実際に泥棒に入られた監督(Bouli Lanners)の体験を元にしてるそうです。ロードムービーが好きな人にはお薦めです!
by Qtaro-mama | 2008-06-25 20:53 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/8471936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zucchini0315 at 2008-06-25 23:00
エルドラド。そのタイトルでまず惹かれ、ロードムービーってのでまた惹かれ。
で、何故か頭に浮かんだ「モンシェリー・ココ」(大和ワキの漫画だったかな?
Commented by Qtaro-mama at 2008-06-26 03:32
>zucchini0315さん
どうしてこのタイトルなのか、良く分からないままです。主役のオヤジがかなりヤバい感じなのですが、彼が監督でしたぁ。
「モンシェリーココ」、知らない漫画ですぅ。少女漫画、結構読んでたつもりだったけど、ある時期から少年漫画に移行してしまったから、やっぱり知らないものが多いかも。
Commented by goagoa at 2008-06-26 16:23 x
主役のオヤジがかなりやばいって聞いたら観たくなりますね。しかも監督。「酔いどれ詩人になるまえに」ってこの前見逃しちゃったんですよね。「O'Horten」のポスターかわいいですね。私はチラシコレクター(笑)ヨーロッパ系の映画のチラシはそれだけで主役になれるんです。
Commented by Qtaro-mama at 2008-06-27 00:08
> goagoaさん
「O'Horten」のポスター、よくよく見ると可愛いですよね。部屋に飾っておきたいような色合いです。チラシコレクターなんですね。あの薄いチラシは日本独特のものでしょうか。私が働いていた東京の映画館ではB級系の作品たくさん上映していたので、チラシだけ貰いにくる人、たくさんいましたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。