モンパルナス

ノルウェー映画 「Reprise」

昨日の夜はテレビで「酔いどれ詩人になるまえに」を鑑賞。原作がチャールズ・ブコウスキーなので、ずっと気になってた作品。これまでにも何度か見るチャンスはあったけど・・・ガッカリしそうで避けてました。

なんか違うなと感じる理由の1つは、主役のマット・ディロン。彼にチナスキー役は出来ないと思う。なんというか・・・だらしなさが足らない。

テレビが終わったのが深夜12時半。やっぱり見なきゃ良かったと思いながら就寝。

ところで、このノルウェー人監督のベント・ハーメルって、「卵の番人」を作った人でした。「卵の番人」って、劇場に見に行って寝てしまった記憶があるのですが・・・どんな話しだったかしら?もう一度見てみたいかも。


f0035251_3223954.jpg
最近見た「Reprise(Nouvelle Donne)」もノルウェーの作品。



これがなかなか面白かった。作家を目指す二人の幼なじみの話しで、映像が良いし、使われてる音楽が作品にマッチして、かなり気に入った。監督Joachim Trier、初の長編作品ということですが、次回作が断然楽しみです。
by Qtaro-mama | 2008-06-20 03:29 | 映画 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/8426648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2008-06-20 10:38 x
『卵の番人』ワタシはレンタルビデオでやっぱり寝ましたぁ。
しかも心地よく(笑)
でも、キャラクターが強烈でたまに脳裏をかすめるんです・・・・(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2008-06-20 21:37
>ヤヨイさん
レンタルでも寝ましたかぁ(笑)。
私もキャラクターが強烈だったのだけ覚えてるの。多分、今なら寝ない自信があるんだけどなぁ。
Commented by ORION at 2008-06-22 04:46 x
ママさん!!「Reprise」フランスでも公開されたんですね!!実は去年、ストックホルムでノルウェー映画祭があって、そのときのオープニングフィルムでした。で、監督と主演の二人が舞台挨拶に来ていて、私、監督に終了後サインをもらってしまいました!!ハンサムな人だった★ラーシュ・フォン・トリアーのとおーいとおーい親戚にあたる人なんだそうです。スピード感がある展開と要所要所のおさえがよかった。いまだに忘れられなくて、これ、DVDずっと探してるのですが、スウェーデンでは見つからなくって。フランスで買えるようになるかな?だったら絶対ほしい!!
「卵の番人」はまだみてないけど、同じ監督の「キッチンストーリー」は面白かったですよ(フランス在住時、映画館で見た)。
Commented by Qtaro-mama at 2008-06-22 06:20
>ORION さん
この作品知ってる人が見つかって嬉しいです。周りでこの作品を見たという人、まだいなかったので・・・。監督のお父さんもおじいさんも映画関係者(監督?)だったというのを、どこかで見ました。ラースのとおい、とおい親戚でもあるんですね(笑)。監督、ハンサムなんですか。まだ顔は見た事ありません。DVD、こちらでは絶対出るはずですよ。フランス語字幕付きとなるはずですから、良かったですね。
「キッチンストーリー」、私は未見ですが、面白そうだなと思いました。テレビでやったらチェックしたいと思います。
Commented by Orion at 2008-06-22 09:23 x
本当に「とおーいとおーい」みたい。というのも、主催者に「親戚」と紹介されて、すごい恐縮している感じだったから笑。そういうところがチャーミングな人でした(まだ35歳くらいだし)。スウェーデンの新聞にもこの話は出ていたんですが、映画一家の出身とははじめて知りました。このとき、前座に「Danish poet」というアカデミーで短編アニメ賞だかなんだかをとった、ショートフイルムが流れて(話は、デンマーク人の詩人が遠い親戚を探しにノルウェーに行き、そこで出会った娘と恋に落ちて帰ってくる話、だったはず。これもおもしろかったです)、その「演出」にみんな大笑い。
スウェーデンにいても、北欧の映画を見る機会ってあんまりないんですよね(期待してたのに!残念!!)。この映画も一般公開はされていなくって、ほんと映画祭のみ(だからDVDにならないのかな?でもフラ語字幕つきのほうがありがたい)。ぷらっと入って大当たりの一作でした。
Commented by Orion at 2008-06-22 09:23 x
北欧3国、それぞれの国の間に「微妙な感情(?意地の張り合いというかなんていうか」があって、この間日本に帰ってきたとき改めて見直してみると、「キッチンストーリー」、スウェーデン人とノルウェー人の微妙なお互いに対して抱く感情を頭においてみると、面白かったです(フランスで見たときも笑えたけど)。
かくいう私、夏休みで先週日本に帰ってきました。これからスウェーデンでは見つけにくい映画、旧作新作含めていろいろ見ようと思ってます!ブログ、ここでも楽しみにしてますよ!(すごく長くなってごめんなさい)
Commented by Qtaro-mama at 2008-06-23 00:06
>Orionさん
先ほど気になって確認したところ、お祖父さんが監督で、両親も映画関係者のようです。次回作が楽しみな監督さんだと思いませんか?
ショートフィルムも面白そうですね。タイトル覚えておきますね。
デンマークとスウェーデン人の間の微妙な感情だと、ラース・フォン・トリアーの「キングダム」で見られると思います。大好きな作品です。
日本の生活、満喫して下さいね。私も夏の帰省を指折り数えて待ってるところです。また面白そうな作品見つけたら教えて下さい!

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。