モンパルナス

カンヌ映画祭2008年、コンペティション作品

昨日は、マーティン・スコセッシの「タクシー・ドライバー」をテレビで見た。1976年公開ということだから、既に30年という月日が流れている。

ロバート・デ・ニーロがとにかく若くて別人のよう。演技が既に素晴らしくて見入ってしまった。カンヌ映画祭グランプリ受賞。当時見たら、影響されてすぐにニューヨークに飛んで行ってしまってたかも。

その前の日はヴィム・ヴェンダースの「ニックス・ムービー/水上の稲妻」を見た。私は今までヴェンダースを意外と過小評価してたかもしれない。かなり若い頃から興味深い作品作っているんですね。ニコラス・レイのアシスタントをしていた事も全然知らなかった。

ところで・・・・
今年のカンヌ映画祭のコンペティション作品が発表されました。

オープニング作品
Blindness (Fernando Meirelles)

クロージング作品
What just happened ? (Barry Levinson)

24 City (Jia Zhang Ke)
Adoration (Atom Egoyan)
Blindness (Fernando Meirelles)
Che (Steven Soderbergh)
Delta (Kornel Mundruczo)
Entre les murs (Laurent Cantet)
Gomorra (Matteo Garrone)
Il Divo (Paolo Sorrentino)
La Femme sans tête (Lucrecia Martel)
La Frontière de l'aube (Philippe Garrel)
Le Silence de Lorna (Jean-Pierre Dardenne, Luc Dardenne)
Leonera (Pablo Trapero)
Les Trois singes (Nuri Bilge Ceylan)
Linha de Passe (Daniela Thomas, Walter Salles)
My Magic (Eric Khoo)
Serbis (Brillante Mendoza)
Synecdoque (Charlie Kaufman)
The Changeling (Clint Eastwood)
The Palermo Shooting (Wim Wenders)
Two Lovers (James Gray)
Un conte de Noël (Arnaud Desplechin)
Waltz with Bashir (Ari Folman)


審査委員長がショーン・ペンだからって事じゃないけど、リストをザーッと見た限り、今年はアメリカ人監督がパルムドールをとる可能性が高いかなぁなんて事思いましたね。「We own the night」が素晴らしかったジェームズ・グレイの新作なんて、とっても楽しみ。

でも個人的にパルムドールをとって欲しいのは、やっぱり大好きなアトム・エゴヤンかな。

カンヌ映画祭は5月14日から5月25日まで開催されます。
by Qtaro-mama | 2008-05-02 05:28 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7975443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2008-05-02 09:04 x
リストを読んでるだけでワクワクしてきたわ!
エゴヤン、獲ってもらいたいね~。
Commented by Qtaro-mama at 2008-05-02 23:49
>ヤヨイさん
なぜか知らないけど、カンヌってワクワクするよね。
結果が楽しみ。速報送るね〜。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。