モンパルナス

初めてのフィナンシエ

f0035251_23545952.jpgf0035251_2314950.jpg


縦のフィナンシエ、横のフィナンシエ

f0035251_23291.jpg


初めて焼いてみました。卵黄を使わないので、他のお菓子を作って卵白だけ余ってる時なんかに作るのが良いかも。





f0035251_012763.jpg

今日はパパとママ合作のおやつとなりましたよ。
by Qtaro-mama | 2008-04-04 23:17 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7790898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2008-04-06 02:28
卵アレルギーのある人にぴったりのおやつですねぇ。
ちなみにQパパのは会社に持参したやつ、ですかね?
どちらも美味しそうです~。Qちゃんも楽しみにしてるんでしょうね、おやつBOXの中身(愛)
Commented by Qtaro-mama at 2008-04-06 05:02
> yasasinさん
卵アレルギーがある人というのはQ太郎の事でしょうかね?Q太郎はおかげさまで生卵以外は大丈夫になりました。今夜はカルボナーラを食べました。卵黄しか入れないレシピで、卵白が3個分余ったため、また月曜にフィナンシエ作ろうと思ってます。
おやつBOX、本当に楽しみにしています。帰ってすぐに開けるのではなく、手を洗って自分の飲み物を準備してと、もったいぶって、その後やっと開けます。私たちでさえ毎日の楽しみは食べる事と言ってるくらいなんですから、Q太郎にとっても毎日のおやつの中身は最大の関心事なのだと思います。
Commented by mtaka at 2008-04-07 12:50 x
Qtaro-mamaさん、初めまして。私は子育てを終えつつあり、おやつ作りが大好きです。フィナンシェもよくつくりますよ。卵5個で作るので沢山できすぎますが、あっという間に売れてしまいます。おととしの夏に娘とフランス旅行をした際、モンパルナスのホテルに泊まっていたので、マルシェの写真などなつかしく見ました。1週間もパリにいたのに、結局クレーペリーに行くより毎日夕飯は中華を食べることが多かったのを覚えています。
お料理好きのご主人とのパリ生活、うらやましいほど生き生きしていますね。
Commented by Qtaro-mama at 2008-04-07 20:15
> mtakaさん
初めまして。お菓子作りも何も分からないまま、需要があって作りはじめた状態で、まだまだ失敗する事も多いです。フィナンシエ、手順としては意外と簡単かなという感想を持ちました。私は卵白3個でしたので計14個。5個だとかなり出来ますね。
モンパルナス、いらっしゃってたのですね!楽しめましたでしょうか?私もパリの中華大好きです。毎日でも良いくらい。
クレープリー、次回はいかがですか?お嬢さんとのフランス旅行なんて素敵ですね。
Commented by Qtaro-mamaさん、 at 2008-04-08 11:22 x
Qtaro-mamaさん、私もお菓子つくりはレシピを参考にし自己流でするものです。フィナンシェはできたてはカリッと仕上がるのですが、時間が経つとシナッとしてしまいます。焼きかげんによるのでしょうか?フランスのお菓子で作るのはタルトタタンとレモンの香りのスポンジケーキです。ガレットに挑戦してみたいと思っています。私は忙しかったので、それからアバウトな性格のため、目分量で10分以内でケーキなどをつくっています。日本人は几帳面な性格のため、手順に時間をかけすぎそのためおっくうになってしまう人が多いですよね。実用派というか、手抜きというか。アレンジも好きですよ。Qtaro-mamaさんもバナナケーキなど応用で作っていましたね。黒砂糖を入れたり。でも、ケーキを焼いた後喜んで食べてくれる人がいて幸せですね。
Commented by Qtaro-mama at 2008-04-08 16:34
>mtakaさん
昨日も週末に余った卵白を利用して、別のレシピでフィナンシエを焼いてみたのですが、前のとはかなり違った焼き上がりでした。同じ材料を使っているのに分量、焼き時間によってこんなに違うものかと驚いています。レモンの香りのスポンジケーキ、美味しそうですね!
私も性格はアバウトな方だと思いますが、お菓子のレシピだけは目分量、まだまだ出来ません。お菓子の材料、型などを奥の方にしまっておくと出すのが面倒になって作らなくなってしまうので、それらをいつも出しやすい所に置いてあります。焼いた後、喜んで食べてくれる人がいて幸せ・・・・まさにその通りですね。
Commented by mtaka at 2008-04-09 23:56 x
Qtaro-mamaさん、ブルーベリータルトのエントリーに触発されて、アーモンドタルトを作りました。ほんとはアンズを上に飾るのですが、なかったのでブルーベリーにしましたら素朴な味になりました。レモンの香りのスポンジケーキはアンアン誌上でフランス人マダムが紹介していたものです。卵白2個はあわ立て、最後に溶かしバターを入れます。レモンはラム酒と共に皮のすりおろしのみを入れます。おととし、フランスの後にローマへ行った際ホテルの朝食にパンといっしょに出ていました。ポピュラーなケーキなのですね。目分量でケーキを作ると失敗することも多い私です。
Commented by Qtaro-mama at 2008-04-10 05:18
>mtakaさん
うちのタルトは生地の上にフルーツを載せるだけなので、アーモンドクリームを載せるよりさっぱり食べれると思います。アーモンドクリームを作る必要もなく簡単ですので、良かったら今度お試し下さい。
レモンの香りのスポンジケーキ、そしてフランス人???
それはquatre-quartsでしょうかね?フランスではとてもポピュラーなケーキです。昔ですが、そのケーキについて書いたことがあります。
http://kyutaro999.exblog.jp/769636/
Commented by mtaka at 2008-04-10 23:16 x
Qtaro-mamaさん、そうですかquatre-quartsという名なのですか?
私が見たレシピでは、トウルト・マ・メtarte ma mere(?) と言う名で紹介されていました。おばあちゃんの秘伝レシピとのことでした。Qtaro-mamaさんのレシピとほぼ作り方は一緒(分量は:粉170、砂糖150、卵2個、バター60)でレモンの皮とバニラ、ラム酒が入るところが違うようです。私はできあがりに粉砂糖をふります。てっぺんが膨らむところは写真どおりです。Qtaro家のさっぱりブルーベリータルト、今度是非試してみますね。
日本では今バターが消えてしまって、本当に苦労しています。

Commented by Qtaro-mama at 2008-04-11 03:35
>mtakaさん
4分の1が4つという意味で、4つの材料が全て同じ分量となってるのが正しい作り方ですが、増やしたり減らしたり、いろいろアレンジも簡単に出来ますね。うちもレモンとバニラエッセンスは入れますが、ラム酒は入れたことありません。抹茶を入れたり、紅茶の葉っぱを入れたり、胡麻ペーストを入れたり・・・アレンジの方法はたくさんあるようですよ。
タルトはブルーベリーである必要はありません。その時、手に入る果物で大丈夫だと思います(うちは冷凍フルーツを良く利用してます)。フルーツを載せる前に、タルト生地の上に黒糖をかけたりもしてます。
バターも普通に買える日が早く来ると良いですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。