モンパルナス

ミヒャエル・ハネケ 「Funny Games U.S」

ミヒャエル・ハネケが1997年に作った作品に「ファニーゲーム」というのがありまして、劇場で見た際、私は震えた記憶があるのでが・・・。

今度それがリメイクされて、「Funny Games U.S」という作品になったみたい。そしてなんと、監督がミヒャエル・ハネケ本人。

ん〜、どうなんだろう。見たいような見たくないような・・・。

こちらがオリジナル「ファニーゲーム」の予告編。こちらが新作「Funny Games U.S」、ティム・ロスがお父さん役。オリジナルの方のお父さん、「善き人のためのソナタ」に出てた人だわ。

f0035251_1785078.jpg

ハネケの作品はどれも好きですが、もう一度見直したいなぁと思ってるのが2000年に作られた「コード・アンノウン」。DVDをお店で見つけるたびに、買おうかなぁと考えてしまう作品。日本では劇場未公開ですが、なんとDVDは出ているようです。そういう事は、日本語字幕付き?やっぱり欲しいなぁ。

「コード・アンノウン」のオープニングの部分と予告編をYoutubeで見つけました。
オープニング(英語字幕付き)は8分もある。予告編と共に、どちらもパリの怖い日常が描かれてます。
by Qtaro-mama | 2008-03-19 21:59 | 映画 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7691820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pan at 2008-03-20 04:21 x
ミヒャエル・ハネケって、ピアニストのあの監督さん?あれを映画館で観て、終わったあとしばらく痛くて動けなかったなぁ。フランス人の厳しいしつけを見たり聞いたりするたびに、抑圧があういう形で出ないか心配になる、親です。
Commented by Qtaro-mama at 2008-03-20 04:47
>Panさん
そう、ピアニストの監督さん。フランス人のしつけ、厳しいよねぇ。私、自分の事かなり甘いと感じる。
Funny gameは別な意味でもっと痛い映画です。
Commented by ヤヨイ at 2008-03-20 09:28 x
きゃぁ~っ!本人でリメイク?!ワタシも観たいような、観たくないようなぁ。
ティム・ロスがお父さんねぇ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-03-20 18:12
>ヤヨイさん
そうでしょ?結末知ってるだけに、見たいような見たくないような・・・って感じでしょ?でも最後はオリジナルと変えたりしてるのかな?
ティム・ロス、名前を聞いた時は絶対悪役だと思ってたけど、年齢的にお父さんでした。
Commented by francophilie at 2008-03-20 20:48
私、最近『La pianiste』観ました。ちょっとダメでした…
で、この記事を読んで、ハネケ??聞いたことあるな…と思ったら!!
mamaさんはこの監督の作品がどれも好きだとおっしゃるので、
ご近所だったら、いろいろと直接お話出来るのに…と思ったりして…^^

『善き人のためのソナタ』の男優さん、亡くなってしまったのですよね…。
あの映画とっても心に残る映画だったので、ちょっと残念に思いました。
Commented by Qtaro-mama at 2008-03-21 01:35
> francophilieさん
ピアニストは、作品と共にあの主演の男女もカンヌで賞を取りましたね。私、イザベル・ユペールが大好きなのです。ピアニストがダメだったとなると、上のFunny Gamesはもっとお薦め出来ないです。同じ監督の「隠された記憶」もクセがありますが、私はやっぱり大好きな作品です。 francophilieさんがお好きなダニエル・オートゥイユも出てますよ。
そう、すっかり忘れてましたが、「善き人〜」の男優さん、亡くなりましたよね。ちょうど先週か今週にテレビ放映されてるのです。再放送でまた見ようと思っています。

Commented by goagoa at 2008-05-07 11:47 x
ミヒャエル・ハネケ私も好きです。最初に観たのは「ファニー・ゲーム」。こんな後味の悪い映画初めてだなーと思うと同時に他の作品観てみたいと興味深々でした。知らずに観た「ピアニスト」で、内容は全然違うのにびっくりするくらい観終わった後味が同じで、監督をみてびっくり。
最近Q太郎ママの記事を読んで、古い邦画を観だしました。日本語の美しさに驚いてます。フランス人留学生は次のホストファミリーに引っ越しました。メールで心配ないよ!と。私も元の生活に戻りDVD三昧です。
Commented by Qtaro-mama at 2008-05-07 17:18
>goagoaさん
お疲れさまでした。留学生との生活、すでに懐かしい思い出となってるんじゃないでしょうか?
多分私は初めが「コードアンノウン」、そして「ファニーゲーム」だったと思います。「隠された記憶」はご覧になりました?私はかなり好きです。
古い邦画・・・今、一番見たい物です。私が一番好きな成瀬巳喜男の作品、以前はあまりレンタルで置いてなかったのですが、今は変わったかな?小津安二郎なんかはレンタルでも揃ってるはずです。その他たくさんたくさん、邦画には面白い作品がありますよ。
Commented by goagoa at 2008-05-08 13:46 x
「隠された記憶」観ましたよ。エンドロールを見ながら声をあげてしまいました!期待を裏切らない映画で、大好きですが、もう一度見直したい!!
多分全て理解してないはず。です。
邦画は、川島雄三と増村保造を観ました。どっちも若尾文子が主演です。成瀬巳喜男は気になってますが未見ですので、是非チェックですね。小津安二郎は前に少し観たんですが、静かで眠ってしまいそうで。
お薦め作品あったら教えて下さいね。
Commented by Qtaro-mama at 2008-05-08 15:13
>goagoaさん
「隠された記憶」、私ももう1度見たいと思って、その後テレビ放送があったので再度見ました。
邦画、増村はとにかく好きです。ハズレがあまりないと思います。小津はテンポが良いのもかなりあるはず。作品名がちょっと今思い浮かばないのですが・・・「小早川家の秋」なんかは結構ドタバタ面白かったような記憶があります。
Commented by goagoa at 2008-05-09 15:25 x
今頃バカンス楽しんでいらっしゃるんでしょうね。「小早川家の秋」ですね。是非観てみます。古い映画は無駄が無いというか、テンポもよくて今では使わない言い回しがとても新鮮ですね。古きよき時代と同時に、知らなかった時代を知れてほんとに楽しいですね。暫らくはまりそうです。
Commented by Qtaro-mama at 2008-05-12 06:22
>goagoaさん
古い日本映画が大好きな私から見ると、日本に住んでいながら洋画ばかりを見てしまうのは、とてももったいない事だと感じます。もっと日本映画が見たくても見れない環境にいるので、見れる環境にある人たちが本当に羨ましいですよ。古い言い回し・・・新鮮ですね。着物の帯の結び方なんかにも目が行ってしまいます。本当に発見がいっぱいだし、単純に面白いと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。