モンパルナス

クシシュトフ・キエシロフ 「デカローグ」

昨夜から、クシシュトフ・キエシロフ監督の「デカローグ」がテレビ放映されています。

旧約聖書の十戒をモチーフに作られた、10話からなる現代のお話。96年の公開時にはやはり劇場に通いましたねぇ。1話が1時間程度、映画館では確か2話ずつの上映だったと思う。至福の時だった。

昨夜放送されたのは「第1話 ある運命に関する物語」。監督のキエシロフスキは54歳の若さで亡くなりました。まさに、もっともっと彼の作品が見たかったと思わされる内容でした。

先日は「レディバード・レディバード」が放映されていたので、やはり見入ってしまいました。94年に作られたケン・ローチの作品です。

この作品、パリに旅行に来た時に見ました。隣に座っていたのが中学生くらいの男の子で、最後しゃくりあげるように大泣きしていたのを今でも覚えている。主役の女性の演技、ストーリーがあまりにもリアルで私も呆然としてしまった。後で実話だと聞かされた時はショックだったし、子供を持ってから見ると、辛さが倍になる。

こちらではサラッと紹介しただけですが、ケン・ローチの新作「It's a free world」、とても良いですよ。楽しい作品とは言えないけれど、皆さんにお薦めです。
by Qtaro-mama | 2008-03-17 04:43 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7675500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2008-03-17 08:36 x
「デカローグ」や「レディバード・レディバード」がテレビで観られるフランスってやっぱりいいなぁ。
ワタシは「デンジャラス・ビューティ2」を観たよ(笑)
この差は何?
Commented by Qtaro-mama at 2008-03-17 18:19
>ヤヨイさん
多分、どちらも映画館で一緒に見たよね。
デンジャラスビューティの1の方は見たよ。2も作られてたのねぇ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。