モンパルナス

セザール賞の夜に

来週からQ太郎の幼稚園が2週間休みになる。映画館にしばらく行けなくなると思うので、今日はブライアン・デ・パルマの「Redacted」、セドリック・クラピッシュ「Paris」の二本を頑張って(?)見てきた。

作品の感想は後で書くとして・・・・映画館の予告でかなり気になるものを見た。ミシェル・ゴンドリー(恋愛睡眠のすすめ、エターナル・サンシャイン)の新作「Be Kind Rewind」。なんか映画好きにはたまらないような感じのストーリーで、それに大好きなジャック・ブラックが主演なの。期待してしまいます。

公式予告はこちら
ミシェル・ゴンドリーの変なバージョンはこちら。ヤバすぎ。

今、これはセザール賞の受賞をテレビで見ながら書いています。感動する場面もいろいろあるし、今年は全体的に面白いです。先ほど、「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」の撮影で、日本人の永田鉄男さんが受賞しました。残念ながら会場には姿がありませんでしたが、同じ日本人としてとても嬉しかった。

主演男優賞にマチュー・アマルリック。現在、007の撮影中とかで賞には欠席。彼の受賞は2回目だったなぁと思って調べたら、面白いのを見つけた。なんと2005年のセザールの監督賞に今回と同じアブデラティフ・クシシュ、男優賞にマチュー・アマルリック、助演女優にマリオン・コティヤールが受賞している。なんという偶然!

今年のセザール賞、肝心の監督賞、作品賞はね、共に私が大好きだった「La Graine et le mulet」が取りました。やったぁ!これを作った監督は尊敬に値するけど、こういった作品が最優秀賞を取るというフランス映画界も本当に凄いと思います。
by Qtaro-mama | 2008-02-23 07:38 | 映画 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7531151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ボンマルシェ at 2008-02-23 08:39 x
こんばんは。DVD見ました”キングス&クイーン”。マチュー・アマルリックがどうしても三上博に見えてしまいますよー。
Commented by Pan at 2008-02-23 11:41 x
ミシェル・ゴンドリー、いいですよね。確か、ミュージックビデオから出てきた監督だっけ。ミュージックビデオのDVD持ってます。映画もエターナル・サンシャインは見ましたが、他のも要チェックだわ。
ほんと、フランスは休みが長いですよね。2月3月は、カレンダー見てても、学校に行く日が少ない。。。
Commented by Sayaka at 2008-02-24 04:28 x
La graine et le mulet万歳。L'esquiveを見逃してる私は、俄然、悔しくなってきちゃった(笑) Hafsia Herziの涙も表情も美しくて、これだけで今年のセザール賞は観る価値があったと思う。あと、ジャンヌ・モローの演説も大事なことをしっかり短い間にしっかりと語っていて感心した。メルヴィル・プポーにビズされていて羨ましかったわ(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-24 05:43
>ボンマルシェさん
日本語字幕が付いてて助かったでしょ?私も台詞が全部理解したくてDVD買ったのよ。三上博史・・・・見えませんけどぉ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-24 05:47
>Panさん
ミシェル・ゴンドリー、私は「恋愛睡眠のすすめ」「ヒューマンネイチャー」共に大好きです。
行ってる保育園はフランスのカレンダーと同じなのかしら?日本人幼稚園は3月に卒業式があるので、その後に春休み。フランス人幼稚園は今回のスキー休みが2週間あるだけで、その他は普通にありますよ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-24 05:54
>Sayakaさん
本当に万歳万歳。Hafsia Herziが泣き止めないでいる時、会場からブラボーって応援の声がかかって、かなり感動した。映画の中の彼女、本当に凄かったもんねぇ。L'esquiveはたまにテレビ放映されてたりするから、今度気づいたら一応ビデオ取っておくね。メルヴィル・プポーもジャンヌ・モローに言葉をかけてる時、涙出そうになって声詰まってたよね。彼女のこと、尊敬してるのと同時に大好きなんだなぁというのが伝わって、こちらも感動したよ。
Commented by キリコ at 2008-02-27 22:10 x
セザールの翌日の土曜日、娘の友達の家にいくと、なんとセザールでママ友の友達が「ラ・モーム」で美術賞をとり、クラブかなにかでお祝いし、朝まで踊りまくっていたそうです。すこ〜しだけ賞が身近に感じ、まだ見ていない「ラ・モーム」という映画を見てみたくなりました。
まだ見ていないくせに、わたくしも「la graine...」を応援していましたので受賞がうれしいです。"l'Esquive","la faute a Voltaire"は大好きでしたので。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-28 01:28
>キリコさん
おぉ〜、そういうのを聞くと賞が身近に感じますねぇ。ラ・モームは、マリオン・コティヤールの演技だけでも見る価値あると思いますよ。
Q太郎パパも見てないくせに「La graine〜」は応援してました。見る予定ありますか?うちは来週二人で行く予定です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。