モンパルナス

1月のテレビ映画

先日テレビで、三池崇史の「極道恐怖大劇場 牛頭(ごず)」を見た。
久しぶりの日本映画だったし、三池崇史、結構好きな作品あるから期待してたんだけど・・・前半、全然面白くなくて、後半巻き返すかなぁと思って我慢して見たけど、最後までつまらなくてガッカリでした。

以下、同じく最近テレビで見た映画です。

プラダを着た悪魔
監督:デヴィッド・フランケル

mon meilleur ami
監督:パトリス・ルコント

Hors de prix
監督:ピエール・サルヴァドーリ
主演がオドレイ・トトゥとGad Elmalehで、ポスター見ても惹かれないんだけど、監督がピエール・サルヴァドーリだったので見てみた。良くも悪くもなくといったところでしょうか。軽めに見れます。「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」という邦題で、一応、日本公開されるらしい。

レッスン!
監督:リズ・フリードランダー
ニューヨークの落ちこぼれ高校生に、アントニオ・バンデラス演じるダンサーが社交ダンスを教える話し。とても楽しめた。原題は「Take the Lead」、フランス語タイトルが「Dance With Me」、そして邦題が「レッスン!」。笑えた。

サムサッカー
監督:マイク・ミルズ
サムサッカーって何だろうと思ったら、「指しゃぶり」の事だったぁ。

今、テレビでやってるのが「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」。先週は「レニングラード・カウボーイズ、ゴー・アメリカ」も見た。監督はもちろんアキ・カウリスマキ。

改めてこれらの作品を見直すと、レニングラード・カウボーイズ達の演奏シーンがやたら多いことに気づく。彼らが東京でやったコンサートには、2日くらい行った。めちゃくちゃ楽しかったのいまだに覚えてる!
by Qtaro-mama | 2008-01-31 06:37 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7378338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2008-01-31 19:09 x
「牛頭」がテレビで見れるなんてそれだけでスゴイね。
中身はしょうもなかったけど、相川翔が好きだからそれだけで見ちゃったわ(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-31 21:08
>ヤヨイさん
そうなの、テレビで見れるだけでも凄いと思わなきゃならないけどね・・・ハチャメチャなの嫌いじゃないけど、これは本当にしょうもなかった。相川翔、途中からあまり出なくなっちゃったね。フランス語字幕でも「ANIKI」となってました。
Commented by tahtijapan at 2008-01-31 23:24
今日ちょうどとある雑誌を立ち読みしたとき、これから公開の注目作品のページがあって、Hors de prixが紹介されてました。オドレイ・トトゥは未だ日本では根強い人気があるようで、けっこう大きめに載ってました。
サムサッカーどうでした?私結構好きなんですよねぇ。あのキアヌがすごく気に入ってます。彼にはもう二枚目役ではなく、ああいうヘンな人路線で行ってほしい!

あ、あと最近また雑誌でパリ特集しているのが目立ちます。パリは永遠に憧れの街なんですね~。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-01 04:13
>tahtijapanさん
昨日、「アメリ」をテレビでやってて、最後30分くらいでしたが見入ってしまいました。オドレイ・トトゥ、こちらでも人気がありますが、Hors de prixの相手役の男性がフランスでかなり人気のあるコメディアンなのです。2大俳優競演といった感じでしょうか。
サムサッカー、キャスティングがなかなか良かったですよね。期待以上に面白く見れましたが、ちょっと人には勧めづらいかなぁ。キアヌの事を見て「ビルとテッド」シリーズがまた見たいなぁと考えてましたよ。
こんな風にユーロ高だと、パリに来てもなかなか観光やショッピングが楽しめないですよねぇ。でもロンドンの高さを知ってる人には、まだパリはリーズナブルな方かもしれませんね。

Commented by キリコ at 2008-02-02 05:40 x
昨年、映画館でhors de prix見ました。期待していなかったせいか、結構面白いく見られました。単純だけれど切実な問題:金持ちと貧乏についてちょっと考えさせられたりしました。リッチな生活をかいま見るのも楽しかったのかも。私は、オドレーは好きではないのですが、この映画はなかなかの演技、と思い、相手役の ガデルはもともとコメディアンなのであの顔を見ているだけで笑えた、のかも。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-02 07:10
> キリコ さん
映画館で見られたのですね。この監督の作品だと知っていれば、私も映画館で見ていたかもしれません。高級ホテルの暮らしは私も見ていて楽しかったです。オドレーの演技、なかなか良かったと思いましたが、ちょっと痩せ過ぎのように感じました。ああいった素敵なドレスももうちょっとお肉が付いていた方が似合いそう・・・等と考えながら見てました。相手役の彼、コメディアンとしてどの位面白いのかは分からないのですが、とにかく人気ありますよね。彼の容姿は好感が持てます!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。