モンパルナス

エマニュエル・ムレ 「Un baiser s'il vous plait」

フランス人監督、エマニュエル・ムレの「Un baiser s'il vous plait」、ずっと見逃していて、もうテレビでも良いかなぁという気持ちになってたけど、やっぱりやっぱり映画館で見ておこうと出かけたら、やっぱりやっぱり映画館で見て良かった・・・という作品でした。

f0035251_426625.jpg

彼の作品を知ったのは、前作「チェンジ・オブ・アドレス」から。主役の男性(監督自身)のキャラクターを好きになれるかどうかが、映画の評価を分ける気もするけど、シナリオがきちんとしていたので、最後まで飽きずに見る事が出来た。

今回の作品も同様、監督自身が主役を演じる。彼の作風はエリック・ロメールに例えられる事が多いけど、監督自身が演じることからウッディ・アレンの方に近いかな。

エリック・ロメールのフランス映画らしさ、そしてウッディ・アレンの滑稽さを併せ持ったような、不思議な作品でした。


f0035251_4271043.jpg
ちょっと前に見た「Actrices」も、監督が主役を務めているパターン。

監督は大好きなヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。


彼女の盟友Noemie Lvovskyも出演している。ちょっと前に彼女が監督した作品にはヴァレリア・ブルーニ・テデスキが主演していた。お互いの作品に出演し合いっこしてるみたい(互いの才能を認め合ってる親友なのでしょうね)。

「Actrices」、演劇を見せるあたりが興味深いんだけど何かが足りなかった。Noemie Lvovskyの「Faut que ca dance!」の方が私には合ってるかなぁ。でもキャストは豪華ですよ。男性陣はマチュ−・アマルリックにルイ・ガレル。

マチュー・アマルリックは、次期「007」の悪役に決定しましたね!初め聞いた時は本当にビックリしたけど、かなり納得のキャスティング。もちろんアルノ−・デプレシャンの新作にも出ますよ。どちらも楽しみです。
by Qtaro-mama | 2008-01-30 04:31 | 映画 | Trackback
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7371685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。