モンパルナス

ティム・バートン 「スウィーニー・トッド」

f0035251_1743689.jpg
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
監督:ティム・バートン


以前作られた「スウィーニー・トッド」はそんなに面白くなかった記憶があるので、ティム・バートンがこの話しを作ると聞いたときはビックリ。有名な事件なんですね。

ジョニー・デップとアラン・リックマン、二人の歌のハーモニーが美しい。そしてティモシー・スポールの存在も嬉しい。この三人が出てなかったら退屈してたと思う。

f0035251_17432214.jpg
Charlie Wilson's War
監督:マイク・ニコルス


自分がこういう題材に興味がないからか、単に話しが面白くないからか、そんなにのめり込まなかった。英語がもうちょっと分かれば、台詞が楽しめたかもしれない。

f0035251_17435130.jpg
4分間のピアニスト
監督:クリス・クラウス


ピアノの才能より、彼女がすぐに怒りだすところ、衝動的に暴力をふるうところの方に目が行ってしまった。瞬間的にあそこまでなるのは、彼女は病気という設定なのかしら?

ちょっと期待外れな部分もあり、同じピアノが出てくる作品だったら、先週見た「僕のピアノコンチェルト」の方が断然好きです。
by Qtaro-mama | 2008-01-24 17:46 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7334701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pan at 2008-01-26 14:32 x
ティム・バートンと、ジョニー・デップ、見たいけど、血まみれもグロテスクも映画館じゃ怖くて、見れません。。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-26 18:52
>Panさん
血がかなり多いですよ。血まみれが好きじゃなかったら、やっぱりお薦めしないかも。
Commented by tahtijapan at 2008-01-27 00:47
スウィーニー・トッド、見ましたよー!!!私はかなり楽しめました。
よくできてるなぁ~と感心しました。たしかに血まみれ好きじゃない人には厳しいかな・・・。劇中、沢山の人が亡くなるのに、大変失礼ながら私けっこう笑ってしまいました。なんてやつだ。でも、でも、途中ヘレナ・B・カーターの妄想が暴走するとことか、スウィーニー・トッドがかみそり持って自分の世界に入っちゃって・・とかいうところとか色々、なんだか可笑しくって笑ってしまった。私が見に行った日、回り見たら5人くらいしかいなかったんですけど、終了時、皆かなりひいてました・・・。思ってたのと違かったんでしょうねぇ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-27 02:31
>tahtijapanさん
血、かなり多かったですよねぇ。ヘレナ・B・カーター、初めの方で「誰かに似てるよなぁ」と思い、それが「オバケのQ太郎」だったのです。もうそれから彼女が出てくるたびに、オバQ、オバQと自分で呪文のように唱えてしまい、普通に見れなくなってしまいました。彼女、おかしかったですよねぇ。海辺でのジョニーと一緒のファッションが忘れられません。
私の周りは、若者が多かったのですが、人が殺されるたびに盛り上がってました。
スウィーニートッド役は、ジョニー以外考えられなくないですか?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。