モンパルナス

フォアグラテリーヌ、そして黒豆

年末に食べた物ですが、せっかく動画もあるのでこちらで紹介しますね。

f0035251_4175318.jpg

クリスマスにQ太郎パパが作ったフォアグラのテリーヌは、こんな大きさのが2つ。

1つはクリスマス当日に。もう1つは年末ちょっと小腹がすいた時に食べました。フォアグラのテリーヌ、お土産として貰っても、食べ方がいまいち分からないっていう人いませんか?一番簡単なのは、トーストしたパンに乗せて食べる方法だと思いますよ。ちょっと見栄えよくパンを切れば、お客様に出すアペリティフとなります。



最近スーパーで、なんとなくフォアグラ商品を見たのですが、意外と高い値段にビックリしました。瓶に入ってるものだと35ユーロとか普通にあるのですね。それに中身も少ないし・・・。フォアグラのテリーヌ、自分で作ればそんなに高くないし、なによりたくさん食べれますよ!お薦めです。


f0035251_4301630.jpg

こちらはお正月に食べた黒豆。

「ほのかに栗の味がする・・・」とQ太郎パパと義妹に絶賛された。黒豆は毎年煮てるけど、こんな風に豆の味自体について言われたのは初めて。

黒豆だけはお正月に作ると分かっているので、毎年、日本で買ってきます。こだわってるわけではありませんが、黒豆だけは値段と美味しさが比例するような気がして、お正月用には一番高いものを選んでます。

今回のは小田垣商店の丹波黒大豆(3L)という商品でした。ネットで検索すると、やっぱり人気商品のようです。

ちなみに黒豆を煮る時、私はいつも袋の後ろに書いてあるレシピを参考にしてます。でも先日、野崎洋光さんの黒豆レシピを見たら、蒸し器を使う方法が載っていた。興味を持ったので、今度試してみようかなと思ってます。
by Qtaro-mama | 2008-01-10 04:32 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/7239125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukko at 2008-01-10 11:26 x
フォアグラのテリーヌ、とっても美味しそうです。でも、日本では、普通スーパーでは、鴨の内臓なんて売ってないよね。あるところには、あるのかな?知ってます?ところで、テリーヌの油の部分を別皿によけていましたが、これは、また何かの料理に再利用するんですか??
Commented by hare at 2008-01-10 13:15 x
ご無沙汰しております。やはりNoelや年末はフォアグラですよね。パパさんの手作り、おいしそうです。黒豆もつやつやでとてもきれいですね。ほのかに栗の味・・・と聞いて、食べたくなってしまいました。
Q太郎くんが元気に年を越せてよかったですね。今年もご家族みなさまにとってよい一年となりますように。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-10 17:25
>yukkoさん
多分、普通のスーパーだと鴨肉を置いてない所もあるよね。生肝臓は絶対なさそう。手に入れるなら専門の輸入業者みたいな所かしら?こちらの普通のスーパーには置いてあるのかしら?良く分からないけど、うちの近くにこういった食材を扱う専門店があって、そこのフォアグラは何年か前に金賞取ってるの。生のフォアグラを買う時はそこを利用してます。そのお店の隣にはレストランもあって、私は利用した事ないけど、フォアグラ系の料理をリーズナブルな値段で提供してるので人気です。
テリーヌの油は、これでジャガイモをソテーすると美味しいと言われてます。ジャガイモじゃなくて何でも良いと思うけど、うちはとりあえず捨てないで必ず何かに利用してるよ。これは市販のフォアグラテリーヌの油も同じです。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-10 17:33
>hareさん
やっぱりフランスの年末はフォアグラは欠かせないような気がします。国によっては生産中止となってるようですが、ここフランスではまだ考えられないですね。手作りテリーヌ美味しかったです。上で書きませんでしたが、手作りチャツネとの相性がバッチリでした。
黒豆、確かに粒が大きくて食べごたえがありましたよ。裏に載ってるレシピ通りに作ったところ、そんなに甘くなかったです。だからこそ豆の美味しさが目立ったのかもしれません。
Q太郎の健康を心配して頂いてありがとうございます。今年もよろしくお願い致します。
Commented by zucchini0315 at 2008-01-10 22:34
美味しそうな映画の一場面のようです★カトラリーの音やパパの囁きやQちゃんの鼻歌♪
フランス料理の代表格のイメージのテリーヌですがこうして家庭料理としてみると、日本人のフランス料理に対する偏見(私だけ?)はなくなるね。

丹波篠山の黒豆は本当に美味しい★(自分で作ろうとは思わない…)皮が破けたり皺にならないようにするのに手間が掛かるんでしょ?だけどさすがQmamaさんはぷっちりキレイに炊いてはる!

これからもいろんな食材、紹介してね
Commented at 2008-01-10 22:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoharuka at 2008-01-11 03:10 x
このテリーヌとチャツネと甘めのワインが絶妙なハーモニーで文字通りとろけるような美味しさでした。あー、今思い出してもツバが出てくる!
フォアグラといいつやつやの黒豆といい、こういうものを手作りで食べるなんて素敵すぎです。
Commented by まりもん at 2008-01-11 03:37 x
Qちゃん、急にお兄ちゃんになりましたね。りりしい感じがします。入院、学校と、逆境というか経験というか、彼を強くしたのでしょうか。ちょっと寂しい気もする一方で、やっぱり子供の成長はうれしいですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-11 05:47
> zucchini0315さん
Q太郎の鼻歌の歌詞は「僕もひとくち食べたいよぉ〜」でした。パテ、テリーヌ、難しいイメージがあるのですが、パパに言わせると「簡単だよぉ」という事です。
丹波篠山という地名なのですね。初めて聞きました。後ろに載ってるレシピ通りに作ったら、このようなきれいな仕上がりになりましたよ。煮方がどうのこうのというより、豆の力のようです。
あそこに同僚と行くのはつらいですよ(着替えは当然です!)。行かなくて正解だと思いますよ。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-11 05:49
>tomoharukaさん
そうだね、私もまたあの組み合わせでまた食べたいな。うん、思い出すだけで唾が出てくるって分かる。私も同じかも。
Commented by Qtaro-mama at 2008-01-11 05:55
> まりもんさん
お兄ちゃんに見えますか?やっぱり髪型のせいかしら?
入院はQ太郎にとってはやはり良い思い出ではなかったようで、夜、ちょっとだけ明るくしないと眠れなくなってしまいました(怖いようです)。こういうのも時間が解決するのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。