モンパルナス

リドリー・スコット 「アメリカン・ギャングスター」

一昨日の夜は、テレビで「パンズ・ラビリンス」を見ました。映画館で見た際も、「うあぁ、凄い作品だなぁ」と単純に思ったけど、二度目に見ると、私がこの作品のどういった部分に惹かれてるのかが分かって面白かった。

最近読んだ本の中に、「はじめて見たときには、その映画を本当に見たとは言えない。偉大な映画であれば二回見てようやく、その映画の仕事や構成、その映画が何なのかを見てとれる」といった文章があった。なるほどなぁと思う。1回目だと自分の感情が大部分を占めてしまって、細かいところはやっぱり見れていない自分がいる。

「ロード・オブ・ザ・リング」のようなファンタジー作品がお好きな方、「パンズ・ラビリンス」お薦めです。


f0035251_2034865.jpg
昨日見たのは、リドリー・スコットの「アメリカン・ギャングスター」。


最近、2時間を超える作品になると躊躇してしまうけど・・・これは2時間37分、時間を気にせずあっという間に過ぎ去った。

素晴らしい監督、俳優、脚本が集まった成功作。デンゼル・ワシントン、かっこ良すぎるよ。
by Qtaro-mama | 2007-11-22 20:37 | 映画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6902045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from うだるありぞな at 2008-01-13 09:04
タイトル : Americaon Gangster (アメリカン・ギャ..
今回紹介するのは、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの、2大オスカー俳優が主演する、アメリカン・ギャングスター。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLQP9g/8hgH5fSQFcmGDA2xS4P1czEhKQSAMCtDvY=] ランキングに参加してます。   1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス。彼はバンピー亡き後、ボスの座を引き継ぎ、自らの帝国を築き上げようと決意。 そして...... more
Commented by hare at 2007-11-24 23:42 x
映画はニ回見てこそ・・・というのは分かる気がします。私の場合、一度しか見ていないと、しばらくすると「良かった」という印象が残っているだけなのです。二度、三度と見ると、本当に好きな映画はますます好きになりますし、細部のどこが自分に響くのかが見えてくるような・・・
「アメリカン・ギャングスター」、見ごたえありそうですね。たのしみです。
Commented by Qtaro-mama at 2007-11-25 02:08
>hareさん
上の文章は、ポルトガルの監督、ペドロ・コスタの本に書かれていたものでした。そうです、一度見ただけでは、良かったという印象だけが残って、何が良かったのかとか細かい所はすっかり忘れている場合があります。
「アメリカン・ギャングスター」、70年代の雰囲気がとても良く出ていたと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。