モンパルナス

コスタ・ガブラス 「Music Box」

昨日テレビで見た、アラン・パーカーの「ミシシッピー・バーニング」、アメリカの人種差別問題を描きながら、エンターテイメント性を持った素晴らしい作品だった。主演はジーン・ハックマンに、ウィレム・デフォー。二人とも若い!

先日見たのは、コスタ・ガブラスの「ミュージック・ボックス」。タイトルに惹かれて、ずっと見たいと思っていた作品。

ユダヤ人虐殺犯として訴えられた父親を、弁護士の娘が弁護を受け持つ話し。いわゆる法廷サスペンス。

こちらも同様に見応えたっぷりの作品。テレビ放映かレンタルでも見つけたら、見てみて下さい。両方、お薦めです。

「ミシシッピー・バーニング」が1988年、「ミュージック・ボックス」は1989年の公開。まだまだアメリカ映画が面白かった時代でしょうか。
by Qtaro-mama | 2007-11-04 05:30 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6757723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zucchini0315 at 2007-11-04 23:23
KKKの存在を「ミシシッピ・バーニング」で知りました。ジーン・ハックマンの出ている映画に面白くないモノはないと、昔誰かに言われたっけ。

アメリカ映画の面白かった時代…。本当にそうですね(ってそんなに見ていませんが〜汗

先日公開されたバイオハザード3のために、先々週から民放で1,2をやっていて、たまたま両方見ました。なんだか、続編モノの映画の流れが単一的で、ターミネーターなのかマトリックスなのか、何なのか訳が分からなくなってしまいました。
Commented by Qtaro-mama at 2007-11-05 06:24
> zucchini0315さん
今回、この映画を見て知ったのは、KKKが差別しているのは黒人ばかりではなく、私たちアジア人も対象であるという事。なんか人ごとじゃないなぁと思いましたよ。
監督のアラン・パーカーは「ミッドナイト・エクスプレス」、「フェーム」、「バーディ」を作ってます。この辺、見てませんかぁ?
私もバイオハザード、先週テレビでやってるのを途中5分くらいだけ見ましたよ。疲れていたので、それ以上は見れませんでした。
Commented by n1p at 2008-05-26 03:44
ミュージックボックス・・・泣けますよね(x_x)

実の父親の真実を知ってしまった葛藤って、
言葉に表せない深い悲しみです。

☆×5でいいと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2008-05-26 16:20
> n1pさん
こんにちは。ミュージックボックス、ご覧になったのですね。娘の気持ちに立ったらやっぱり泣けますよね。
私もとても良い作品だと思いました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。