モンパルナス

Q太郎父子のベルギーワッフル、手作りパスタ

土曜の夜、Q太郎パパが夕飯の準備を19時に始めたけど、そこから食べるまでに1時間半かかりました。

なぜならワッフルとパスタの両方を作ったから。映像と一緒に追ってみます(ビデオが見られない方、ごめんなさい)。



まずは発酵させたワッフル生地に砂糖を入れます。焼いた際に、この砂糖がカリカリしてとても美味しいのです。

f0035251_19111710.jpg
この粒の砂糖はフランスでは見つかりません。ベルギーに行った際にいつもたくさん買ってきますよ。




生地をのせるのはこの位



焼き上がりの目安はこんな感じ



f0035251_19191744.jpg
今回は26枚、焼き上がりました。


Q太郎が、これだけの量を目の前にして、「僕の分もある?」と聞いていたのが可笑しい。どれだけ食いしん坊の両親だと思ってるのかしら?

ワッフルが焼き終わったら、今度はスパゲッティのソース作り。この日はシンプルなトマトソースにマッシュルームを合わせたもの。トマトを煮込む必要がある為、パスタを作る作業の前に準備、火にかける。

次にパスタ作り。生地は事前に作って、冷蔵庫で休ませておきます。

いろいろな方法があるけど、Q太郎パパはパスタマシーンに何度か通すやり方。これはこねる作業も兼ねてますよ。



最初はゆっくりと・・・丁寧に・・・

何度か繰り返すと、あのお馴染みのスパゲッティの長さ、薄さになってきます。



最後もゆっくりと・・・丁寧に・・・


f0035251_19202575.jpgf0035251_1920428.jpg


パスタ自体が美味しいから、ソースはシンプルで十分。食べる直前に、パルメザンチーズを下ろして出来上がり。

私は底なしに食べてしまいました。
by Qtaro-mama | 2007-10-01 19:25 | 料理・食べ物 | Trackback
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6463488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。