モンパルナス

ドゥニ・アルカン 「L'age des tenebres」

f0035251_1592553.jpg
ドゥニ・アルカンの新作「L'age des tenebres」、英語タイトル「The age of ignorance」を見てきました。


これは1986年の「アメリカ帝国の滅亡」、そして2003年の「みなさん、さようなら」に続く3部作となっています。

「アメリカ帝国の滅亡」をオリジナルで見た時、ケベック語がかなり聞き取りづらくて、良く分からなかった思い出がある。今回のケベック語も聞き取れなかったらどうしようと思ったけど、そこまでではなかった。

ドゥニ・アルカン独特のユーモアみたいなのが全面に出ていて、結構私は楽しめましたよ。

実は、この監督の旧作に大好きな作品が2本あって、私はかなり影響受けてます。

1本目は「モントリオールのジーザス」。公開当時、歌舞伎町の映画館で女友達と見て、かなり感動したのを今でもはっきり覚えてる。

2本目は1993年の「Love & Human Remains」。残念ながら日本では未公開。私はNYで見たのかな?かなり気に入ったので、その後ビデオを買って、原作本も熟読しました。

この2本は現在見るのは難しいと思うけど、2003年の「みなさん、さようなら」は、レンタルにもありそうだし、見やすいと思います。カナダ人監督の独特の演出、機会があったら楽しんでみて下さい。
by Qtaro-mama | 2007-09-29 02:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6445058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。