モンパルナス

エリック・ロメール 「恋の秋」


実は昨日、エリック・ロメール似のムッシューに(先週と同一人物)、また会ったのです。

今回は隣のスーパーに居まして、時間もあったので、確認しようとちょっと後を付けてみました。

結果は・・・・

多分、彼はエリック・ロメール本人じゃないようです。ロメールって結構、鼻が高いですよね?顔をジロジロ見つめた結果、そこまでではないような気がしました。

残念ですが・・・

このムッシュー、なかなか興味深い行動を取る人だという事に気づきました。スーパーの中を、何か探す様子で行ったり来たり。別に万引きする機会を狙ってるとか、落ちてるお金を探してるとか、そういった怪しさではないのですが・・・・良く分からなかった。

結局ムッシューは、何も買わずにレジを通り過ぎ、出口付近で再度ウロウロ。私もそれ以上は時間がなかったので、帰途に付きました。

ロメールじゃないことは分かったけど、彼は一体何者?


f0035251_1392994.jpg
今、テレビでロメールの「恋の秋」がちょうど放映されてます。

ラストが大人の恋を予感させる終わり方で、ニヤニヤしながら見てしまいました。
by Qtaro-mama | 2007-09-21 13:12 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6391812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりもん at 2007-09-22 07:14 x
ロメールじゃなくて残念でしたが、なんだかロメール以上に興味深い人物ですね。また会えるといいですね。よくないか?「恋の秋」は風景がきれいで、二人の女優さんがかっこいいですよね。(うちの近所もこの豊穣な景色だけは結構イケてます。でもスタバばっかりで、おしゃれなカフェがないよー。)下の「冬物語」は、私もラストが大好きなので、ママさんのコメントの返信うれしかったです。メルシー。
Commented by Qtaro-mama at 2007-09-22 22:41
>まりもんさん
このムッシューにはまた会いそうですよ。私が住んでる地区は、昔、芸術家が多く住んでいたと言われる場所だからか、お年寄りに面白そうな人多いです。
「恋の秋」の二人の女優さん、まさにカッコいいという言葉がピッタリです。田舎暮らし、ちょっと羨ましく感じました。スタバばっかり・・・って、そんなにたくさんあるのですか!パリのスタバは高いイメージがあって、1、2回しか利用した事がありません。まだまだ少ないですが、確実に店舗の数は増えてますよ。
Commented by zucchini0315 at 2007-09-23 00:03
リンク先の映画のストーリー読んで、そんなおせっかいの友達いたらいいなあ、なんて考えちゃいました。レンタルDVDあるかなあ。
Commented by Qtaro-mama at 2007-09-23 04:38
>zucchini0315さん
おせっかい(?)な友だち、この作品の中では二人も出てきます!一人は凄いやり方でした。レンタルありますかね?うちの田舎にもTSUTAYAがありますが、レンタルの品揃えがかなりひどいです。
Commented by maisey at 2009-04-03 01:45
こんにちは。
もしかしてQtaro-mamaさんだったら私の大大大好きなロメールについて何か書かれているかな、と思って検索してみたらやはりたくさんありましたね!
そしてこのムッシューのお話、かなり前になんとなく日本語でロメールをグーグルした時にヒットして読んでいたんです!
近所でロメールに会えるなんて素敵すぎる!とその日は興奮してだんなにまで報告したのですが、このムッシューは違ったのですね。でも顔を確認するために後を付けちゃう心意気が素敵です。
「恋の秋」はロメールの作品のなかでもかなり好きなひとつです。
ラスト、ロメールならではのほんのり苦いハッピーエンディングですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-04-03 03:34
>maiseyさん
今日の夕方、久しぶりにFNACというお店に行ったら、ロメールの旧作DVDが1枚9ユーロ代で全て売られていて、ちょうど「友達の恋人」を手に取って見ていたところです。かなりグッドタイミングなコメントでした!
上のムッシュー、あれから毎週のように遭遇します。多い時では週に3回くらい道ばたやお店ですれ違うかも(笑)。別の意味で興味深いムッシューですよ。
「恋の秋」がお好きだという発言、なんか分かるような気がします。私もこの作品に限っては、10代で見てたら「まぁまぁだな・・・」という感想だけで終わってたかも。ワインのように時間が経ってから見ると、また違った感想を持つ作品のような気もします。こんな事書いてたら、また久しぶりに見たくなってきました。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。