モンパルナス

Anne Le Ny 「ceux qui restent」

今週は、月から金曜まで毎日、映画館に行くことが出来ました。忘れないうちに、簡単に感想を書いてしまおうと思います。

f0035251_19545867.jpg
月曜は「ヘアスプレー」


ジョン・ウォーターズのオリジナルって、どんな感じだったかなぁ?全然思い出せない。故ディヴァインが演じたお母さん役を、ジョン・トラボルタがやってるのは、違和感を感じずにいられなかった。そういう色々な思いがあって、全体的に物足りない。

f0035251_19551492.jpg
水曜は、Anne Le Nyの「ceux qui restent」


お互いのパートナーが入院していて、毎日、お見舞いに訪れる病院での出会い。

とても素敵な作品だった。

主演のエマニュエル・デュヴォスの目をずっと見ていた。目に強い力を持っていて見てる人を離さない、凄い女優さんだと思う。

f0035251_19543961.jpg

現在43歳、私生活では男の子のママだとどこかで聞いた。彼女の年齢とか子供の事とか、一切考えたことなかったから、ちょっとビックリした。同じ女性として尊敬しています。


f0035251_19553046.jpg
木曜は中田秀夫の「怪談」。


愛も怖い部分も十分に描ききれてなく、失敗作と認めざるをえない。パリでも1館のみでの上映。

ちなみに、1965年に作られた小林正樹の「怪談」は傑作だと思います。こちらでも評価が高いです。

昨日見たのはNicolas Klotzの「La Question humaine」。この作品に関しては、また別枠で書きますね。
by Qtaro-mama | 2007-09-15 20:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/6352405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。