モンパルナス

カンヌ60周年記念「chacun son cinema」

カンヌ映画祭60周年を記念して「chacun son cinema」が作られました。これは、25カ国、35人の監督による、「映画館」について3分間の短編作品集です。

DVDが先週発売となってますが、昨夜、テレビ放映もありました。

以下、監督のラインナップ

ユーセフ・シャヒーン
テオ・アンゲロプロス
オリヴィエ・アサイヤス
ビレ・アウグスト
ジェーン・カンピオン
チェン・カイコー
マイケル・チミノ
コーエン兄妹
デヴィッド・クローネンバーグ
ダルデンヌ兄妹

マヌエル・ド・オリヴェイラ
レイモン・ドパルドン
アトム・エゴヤン
アモス・ギタイ
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
ホウ・シャオシェン
アキ・カウリスマキ
アッバス・キアロスタミ
北野武
アンドレイ・コンチャロフスキー

クロード・ルルーシュ
ケン・ローチ
ナンニ・モレッティ
ロマン・ポランスキー
ラウル・ルイス
ウォルター・サレス
エリア・スレイマン
ツァイ・ミン・リャン
ガス・ヴァン・サント
ラース・フォン・トリアー

ヴィム・ヴェンダース
ウォン・カーウアイ
チャン・イーモウ

各作品は、初めにタイトルだけが出て、最後に監督名、その他クレジットが出るのです。見てる途中から、ほとんど監督当てクイズのようになってました。

作品も中盤くらいまで見ると、誰が作ったのか大体分かる。監督によっては最初のタイトルの映像だけで認識出来るものも。やっぱり大物監督ばかり。皆さん、独自のカラーがありますよ。

私が好きだった作品は・・・・
コーエン兄妹、アトム・エゴヤン、ケン・ローチ、ナンニ・モレッティ、ウォルター・サレス、それにラース・フォン・トリアー。

これって、私が普段好きだと公言してる監督名と変わらないかも。




今年のカンヌ映画祭の閉会式をテレビでライブで見ました。見てないのが多いので、各受賞作品について書くのは避けますが、なかなか凄い作品が揃ったなぁと漠然と思いました。普段、映画をあまり見ない人にとっては、聞いたこともないような監督の名前ばかりではないでしょうか?

とにかく私にとっては、映画を見る楽しみが増えたということです。これらの作品の公開を待ちたいと思います。
by Qtaro-mama | 2007-05-28 06:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/5479413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。