モンパルナス

野崎洋光さんの和食

フランスに住んでるからといって、毎日パンを食べてるわけではありません。我が家の夕飯は、平日90%の割り合いで日本食です。それも、中華、洋食も時々作りますが、たいていは和食!

なぜでしょうね?

好きだというのもありますが、多分、一番簡単に作れるのが、私にとって和食なのだと思います。

日本に居た時は、それこそ和洋問わず、いろいろな料理に挑戦してました。料理する事自体が好きなので、一応基本的には、毎日違うものを作るということをポリシー(?)にしていたのです。

今でもそういう新しい料理に挑戦したいという気持ちは変わっていないのですが、最近は同じような和食のメニューを繰り返し作るようになりました。

f0035251_20334149.jpg
フランスに来てから、ますます好きになったのが野崎洋光さんの料理。

野崎さんの本はいくつか持っていますが、一番活用しているのがこの「和食 大好き!


野崎さんの料理って、一言でいうと「簡単で美味しい」・・・・・これに尽きると思います。

料理を作る時に、材料の所に「だし汁25ml」なんて書かれてあるのを見ると、途端に面倒になるけど、野崎さんのレシピにはあまり少量のだしは使われないような気がする。

それと、普通の料理本だと、やたらこっちで手に入らない材料が多かったりするけど、この本に限ってはそれが少ないから不思議。ひじきの煮物なんて、前までは人参しか入れるものがなくて作る機会が減っていたけど、この本に載っているのは赤ピーマンとベーコンが入ったもの。どちらもフランスでは難なく手に入るから、今ではピーマンをたっぷり入れた「ひじきの煮物」が我が家では定番。

その他に、この本のレシピで美味しいと思ったのは「じゃがいもベーコンごはん」。

ジャガイモとベーコンが入った炊き込みご飯なのですが、ジャガイモとご飯という炭水化物同士の組み合わせが私には新鮮だった。フランスではありえない料理だと思います。

他に私が良く作っているのは、ウー・ウェンさんの料理、そして有元葉子さんのレシピも好きかなぁ。この二人の料理家についても機会を見てまた書きたいと思ってます。
by Qtaro-mama | 2007-03-10 20:38 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/4810138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tahtijapan at 2007-03-11 21:17
今日のNHKの「食彩浪漫」という番組に、野崎さんがでてました。
おいしそうな、湯葉の蒸し物を作られてましたけど、とってもシンプルでした。それに、すぐできちゃうんです!お野菜もたっぷり食べられるし、あっさりしているし・・・すばらしいなぁと思ってみていました。
ウー・ウェンさんも、有元葉子さんのお料理もシンプルだけれど、とってもおいしくて、作りやすくて、面白い組み合わせなことも多いですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2007-03-12 02:24
>tahtijapanさん
「食彩浪漫」って、番組にもなってるのですね!全然知りませんでした。日本にいた時、Q太郎パパが(読めもしないのに)時々雑誌の方を買ってきてました。多分、料理の写真を見るのが楽しみだったのかもしれません。
野崎さんの料理、湯葉の蒸し物ですか!湯葉というだけで凄く美味しそうです。料理は美味しいのが一番ですが、その上で簡単だったら申し分ないですよね。料理家との相性みたいなのもありますよね。私は今の所、この3人のレシピと相性が良いようです。
Commented by ヤヨイ at 2007-03-12 06:52 x
お料理がワンパターンになってきたのでお料理本を買っていろいろトライしたいなぁって思ってたので嬉しいアドバイスです(^^)
ウー・ウェン先生のお料理は本場中華!!って感じで美味しそうですよね。いつもウットリして見ています。
Commented by Qtaro-mama at 2007-03-12 23:06
>ヤヨイさん
野崎さんのレシピは、その通りに作ればお客様に出せる味よ。でも簡単なの。今なら色々出てると思うから、本屋さんでチェックしてみて。
ウー・ウェンさんはその通り、本場、中国の家庭料理って感じなの。私もいろいろチャレンジしたいけど、いっつも同じようなのばっかり作ってしまってます。
Commented by naoaoi8 at 2007-03-13 07:38
実は和食を作るのが苦手だったのですが、和食がほっとすることを実感してからはよく作るようになりました。野崎洋光さんは離乳食の作り方も紹介していました。もう少ししたらトライしてみようかな。
ウー・ウェンさんも好き。家庭料理でありながら洗練されているのでとてもセンスのよい方なのかなと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2007-03-13 18:20
>naoaoi8さん
こちらだと日本食の材料がうまく手に入らないから、作る機会が減るかと思いきや、意外と毎日作ってます。私にとってはホッとすると同時に和食が一番作りやすいようです。上の野崎さんの本にも、「和食は家庭の味です。だから簡単なのです」と書かれてます。
離乳食も素材の味がそのまま出るものですね。ウー・ウェンさんの料理、確かに色とか綺麗かも。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。