モンパルナス

パリの蟹 「tourteau」

f0035251_23182257.jpgf0035251_23185094.jpg


f0035251_23191527.jpg
いつも行ってるマルシェの八百屋さんで、今年初めて大根を見つけた!


白い大根を見つけたという所が重要!皮が真っ黒の大根は時々置いてある。黒の大根は、日本では見ない種類なので初めて見るとビックリします(皮は黒でも中身は白です)。

Q太郎が大切に持ち歩いていたら、観光客に写真を撮られた。大根を持ち歩く子供、フランスでは確かに珍しいかもしれません。


f0035251_23201846.jpg
こちらはマルシェで買ったtourteauという種類の蟹。

一番上の爪はとても固いので、ハンマーなどで叩かないと到底割れません。


f0035251_2321234.jpg
生きた状態で買ってきたので、とっても元気。でもこの後、すぐに茹でられてしまいました。
by Qtaro-mama | 2007-01-28 23:30 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/4461513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hido at 2007-01-29 01:23 x
このカニはどうみてもトム&ジェリーに登場するカニ、ですよね(笑)
日本ではあまり馴染みありませんが、トルコのカニも同じ型、です。
ときに、立派な大根ですねぇ~、フランス産ですか?
こちらトルコもここ数年、大根や白菜は至る所で買えるようになりましたが短くて小さいタイプです。黒い大根、初めて聞きました。味は日本の大根と同じなんですか?
Commented by dazzling31 at 2007-01-29 04:33
こんにちは^^ご無沙汰しております^^
大根、おっきいですねぇ~。
ロンドンのスーパーの大根は、なんだか小さくって。日本食在屋さんのものは大きいのに、、
きゅうりはコジェットよりも大きかったり、海外のお野菜はおもしろいですね。かに、食べたい^^
Commented by まりん01 at 2007-01-29 08:20 x
うーん、リトルマーメイドのキャラクターでセバスチャンというカニが出てくるのですが、彼は、カニなの?ザリガニなの?と不可解な容姿なのです。
このカニに近いのかなあ。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-29 17:02
>Hidoさん
トム&ジェリーのカニっていうのが分かりませんよぉ。時々テレビでやってるので、今度注意して見てみます。
この大根はどこのかしら?利用してる八百屋は中国人が経営してる所なのです。だからこういう立派な大根も手に入るのかもしれません。黒大根、そちらにはありませんか?汚れて黒くなってるのではなく、皮が黒板のように真っ黒です。味は生食には向かないかもしれません。スープにして食べましたよ。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-29 17:05
>dazzling31さん
なんだかんだいって、冬は日本の美味しい野菜が恋しいですよね。大根も白菜もキャベツも根菜類も全て日本の方が美味しいと思います。
きゅうり、実は大きいのは買った事ないのです。その行きつけの八百屋でミニキュウリというのが売ってるのですが、それが食感なども日本のキュウリとさほど変わらないです。漬け物などにする時はやっぱり小さいキュウリの方が美味しいような気がします。
ロンドンもシーフード系は高そうですね。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-29 17:09
>まりん01さん
とっても気になったので調べてみました。セバスチャン、確かにカニなの?ザリガニなの?って感じですね。でもカニみたいです。あの爪の大きさが上のカニと似てなくはないですね。どちらにしろ日本のような足の長い蟹は、こちらでは見た事ないですよ。
Commented by Panna at 2007-01-30 08:13 x
この蟹、店先で見たことあるけど、ほんとごっつい腕してますね。
大根坊や、かわいい!
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-30 16:52
>Pannaさん
もしかしたらパリでは代表的な蟹かもしれませんね。腕はほんとうに手強そうでした。
マルシェではリンゴやミカンなどを食べてる子供はよく見かけますが、こうやってお手伝いをしてる子供、あまり見ないかもしれませんね。邪魔になるからかな?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。