モンパルナス

アレハンドロ・ホドロフスキー

ソルボンヌ近くの映画館で、ホドロフスキーの「エル・トポ」と「ホーリー・マウンテン」の2本がリバイバル上映されてると知ってビックリした。DVDでも簡単に見れるけど、映画館で見るチャンスはこれが最後かもと思ったら、いてもたっても居られなくなった。

f0035251_17542236.jpgf0035251_17544329.jpg

そんな訳で、昨日「エル・トポ」、今日は「ホーリー・マウンテン」。

凄く濃い2日間でした。

世の中にはカルト映画と呼ばれる作品はいくつかあるけど、この2作品は真のカルトだと思います。それも世界最高レベル。今回、見直して確信しました。

昔見たときは、確かに「エル・トポ」の方が普通に好きだったけど、今回は「ホーリー・マウンテン」の方が楽しめてる自分がいた。とにかくありとあらゆるアイデアが詰まってる。

監督のホドロフスキーは鬼才、奇才、天才。こういう監督、現在にはやっぱりいませんねぇ。比べらるような同じレベルの作品もありません。これは断言。

今ならDVDでも簡単に見れる時代。ホドロフスキーの作品を見るという事は、「体験」ですよ。興味がある方は、心に余裕がある時にどうぞ。

「エル・トポ」がジョン・レノンのお気に入り映画だったというのも有名な話しです。
by Qtaro-mama | 2007-01-20 17:56 | 映画 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/4390335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2007-01-21 19:36 x
素晴らしい2本立てね!!!
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-22 01:35
>ヤヨイさん
見ました?素晴らしいでしょ?
あとは「サンタサングレ」ももう一度見たいなぁ。
Commented by まりん01 at 2007-01-22 16:46 x
サンタサングレ懐かしいなあ。
エルトポとホーリーマウンテンが見れるなんて、すごいですよ。
終わった後、頭が混乱しませんでした?w
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-22 17:20
>まりん01さん
この2本の公開、凄いですよね。特に頭が混乱という事はなく、逆に落ち着いてました。エルトポは12月から公開されてたのですが、監督が来て、討論会のようなものもあったようです。監督はフランスに住んでいるのかな?
サンタサングレ、この2本を見た後だと、なんとなく落ち着いた印象の作品でしたが、今見るとまた違った印象を抱きそうです。その意味でもまた見てみたいと思ってます。
Commented by Sayaka at 2007-01-24 01:03 x
ブログを見てとても気になったので、昨日、今日とRefletに行って鑑賞してきました。うん、ほんと、これは「経験」ですね。私も「ホーリーマウンテン」の方が良かった。昨日も今日もちょっと疲れていたのに見たので、余計に今は疲れてますが(笑)、こんな映画は生まれて始めて見たよ。感動してます。。。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-24 17:35
>Sayakaさん
すっ、凄い、行ったのね。
疲れても、やっぱりこの作品を映画館で見る事には代えられないでしょ。役者としての監督も凄くなかった?エルトポ、作られたのが1969年だという事にもびっくりしたよ。ホーリーマウンテン、今作ると、予算的にどうなんだろうと思いました。
Commented by まりん01 at 2007-01-27 06:28 x
アレハンドロホドロフスキーは、砂の惑星の映画化を失敗した後、
フランスで漫画の原作をしばらく書いていた時代があります。
だから、彼にとって、フランスは、近い土地なのかも。
その砂の惑星は、エイリアンという映画になりました。
監督が逃げた後にスタッフが作ったものです。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-27 17:31
>まりん01さん
ホドロフスキーはエルトポを作る前から、フランスでマルセル・マルソーとパントマイムをやったり演劇をやってたようです。おっしゃる通り、マンガも書いてますよね。私が好きな漫画家とも一緒に活動してます。

砂の惑星は資金的な事でキャンセルになったと聞きました。音楽もピンクフロイドがやる予定だったと聞いたので、ホドロスキー版デューンは私も見てみたかったです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。