モンパルナス

Le Grand Silence

f0035251_1810578.jpg
フランスの山奥にある僧院の様子を収めたドキュメンタリー

監督はドイツ人Philip Groening。


僧院の人達の生活が見れる機会なんて滅多にないから、私はとても楽しみにしていました。

この僧院では、日常の生活の中では、言葉は話していけない規則となっています。ある時間を覗いては、毎日の食事も部屋で1人静かに取らなければならないようで、各部屋に食事が運ばれるのが日課となっています。

この作品が作られた経緯としては、監督が「僧院をフィルムに収めたい」旨を書いて手紙を出したのが1984年。「準備が整いましたので、どうぞおいで下さい」と返事が来たのが1999年。なんと手紙を出してから15年後の事だそうです。

それから監督自身が僧院に6ヶ月間暮らして、1人で撮影したとの事。僧院からは、人工的なライト、映画用の音楽、ナレーションを入れる事などは禁止されたらしいです。

そういうわけで、やはり映画の中では何の説明もないし、音楽もない。ただ僧院の日常を写すだけ。見方によっては、とてつもなく大きな作品です。そしてとても美しい。

でも上映時間は2時間40分。半端な気持ちで見始められるものでもありません。
by Qtaro-mama | 2007-01-17 18:15 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/4364781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりん01 at 2007-01-17 20:31 x
うーん、興味深いですねえ。
見てみたいなあ。
日本で見られるのかしらん。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-18 05:32
>まりん01さん
興味持たれました?ドキュメンタリー、私も大好きなのです。
日本で見られるのかは分かりませんが、日本には山形ドキュメンタリー映画祭というのがありますよね。そちらでやらないかな?
Commented by Panna at 2007-01-18 06:31 x
昔、ドイツ映画で、日本のお寺の僧侶の修行が出てくるものを思い出しだしました。あれは、カルチャーショック的なコメディでしたが、ドキュメンタリーなら、大きくて美しいって感じ、分かります。
インドで仏教訓練みたいなものに行った友人も、何もしゃべってはいけない修行があったって言ってました。自分にはできないかもしれないけど、映画なら興味あります。これなら、フランス語分からなくても、見れそう。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-19 00:09
>Pannaさん
そのドイツ映画、気になりますね。面白そう。
上の僧院を見せるような作品だと、やっぱり所々説明みたいなのがあると見る方にも分かりやすいとは思うのです。そういう事が許されなかったコンディションだと作るのも大変そうだなぁとは思います。画面中、時々、聖書の言葉がフランス語とドイツ語で出るのですが、私はいまいち意味が分かってなかったかもしれません。
Commented by Panna at 2007-01-22 03:00 x
確か、「Enlightment なんとか」という英語の題名のドイツ映画でした。アメリカで観たので、日本名とか分かりませんが、日本が舞台なので、日本でも上映されたかな。ちょっと暗いけど、コメディでした。
Commented by Qtaro-mama at 2007-01-22 16:44
> Pannaさん
教えて頂いてありがとうございます。検索をかけたら「mon zen」という邦題の作品がありました。多分、こちらですね。http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239806
日本でも上映されたようだし、私はこの頃、映画館に結構通ってたと思うのですが、全然記憶にない作品でした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。