モンパルナス

ベルトラン・タヴェルニエ 「 Holy Lola」

ベルトラン・タヴェルニエの新作(2004年)、「Holy Lola」をテレビで見ました。

ジャック・ガンブランとイザベル・カレ演じるフランス人夫婦が、カンボジアへ養子を捜しに行く話。賄賂が横行し、遅いお役所仕事、なかなか子供が見つからず、思い通りに事が進まない。

夫婦の一喜一憂する様子に、私も喜んだりがっかりしたり。社会派なタヴェルニエらしい題材で、なかなか良かったと思います。

このアジアへ養子を探しに行くという話、ヨーロッパ、アメリカなどでは特に珍しい事ではないのかもしれません。

私が3、4年前に北京へ旅行をした際、中国へ養子を探しにきたアメリカ人団体とホテルが一緒になりました。夫婦や家族で旅行する外国人が多い中、全員が小さい赤ちゃんを連れているグループには、私の目にも不思議に写りました。彼らが連れてる赤ちゃんの顔はどう見てもアジア系。1人の父親から説明されて状況を理解した次第でした。
by qtaro-mama | 2006-01-16 22:32 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/396199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。