モンパルナス

キム・ロッシ・スチュアート 「Libero」

f0035251_525383.jpg
キム・ロッシ・スチュアートの初の監督作って書かれてた

キム・ロッシ・スチュアートって、あのイタリアの俳優の事?



家族の話しでした。父と息子の関係から、同じイタリア映画の「息子の部屋」を思い出したけど、「Libero」は息子の視点から家族を見ています。

とても美しい作品だと思いました。子供たち、父親を演じたキム・ロッシ・スチュアートの演技もとても良かった。


f0035251_523130.jpg
最近のイタリア映画、なかなか良さそうなのが多い気がします。見逃してしまったけど、「Romanzo Criminale」って結構面白そうだったなぁ。そう思って、今調べたら、これにもキム・ロッシ・スチュアートは出てるようです。ますます興味を持ちました。
by Qtaro-mama | 2006-11-15 05:05 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/3794552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Panna at 2006-11-17 06:01 x
「息子の部屋」って、確か悲しいストーリーですよね。フランスにいると、他のヨーロッパの作品もいっぱい見れるんだ!(←当たり前だけど)仏語が映画で理解できないのが、本当に残念です。。。
Commented by Qtaro-mama at 2006-11-17 17:28
>Pannaさん
子供が出来ると、子供が亡くなってしまう話しなんかは、悲しさを通り越してしまいますよね。
フランスにいると、古い邦画も結構見れますよ(もちろん吹き替えではないので、日本語です)。フランスは英語の作品もたくさんやりますよね。テレビでも字幕を選べるものにして、なるべくオリジナルの原語で見るようにしてます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。