モンパルナス

ミッシェル・ゴンドリー

ヤバい、ミッシェル・ゴンドリーの作品を2日続けて見てしまった。昨日が「ブロック・パーティ」、そして今日が「サイエンス・オブ・スリープ」。どちらもツボにハマりまくりました。

f0035251_176542.jpg
ニューヨーク、ブルックリンで行われたコンサートのドキュメンタリー

黒人系のアーティストが勢揃い



音楽って良いなぁと再確認せずにはいられない映像と音。そしてホスト役のデイヴ・シャペル!この人、何者?言う事やる事、全て面白くて、声出して笑わずにはいられない箇所がいくつもあった。こういう人がお友達だったら楽しいだろうなぁ。

出演アーティストに関しては、ジル・スコットという女性シンガーのパフォーマンスに圧倒されましたね。昔、ニューオリンズの小さなクラブでココ・テイラーを見たのを思い出しましたよ。こうやって見ると、近頃もなかなか良いアーティストいるんですね。


f0035251_1711957.jpg
そして「眠りの科学」、改め「サイエンス・オブ・スリープ」

フランス語だったからちょっと敬遠してたけど、近くの映画館でまだやってるのが目に入ったので行ってきました



いつも夢見てるステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)と、隣に住むステファニー(シャルロット・ゲンズブール)、彼が見る夢を巻き込んで繰り広げられる、手作り感いっぱいの世界。

f0035251_17779.jpg




とにかく私はこういう夢のある作品大好きです。物を作るのが好きな人には、共感出来る所たくさんあると思いますねぇ。ミッシェル・ゴンドリーのこれまでの作品の中でも一番だと思いますよ。欧米ミュージシャンのビデオクリップなども多く作っていて、あまり気にした事なかったけど、彼ってフランス人なんですよね。映画の中でも、フランス語、英語、スペイン語が乱れ飛んでました。そういう無国籍な所も魅力かもしれません。

主演のガエル・ガルシア・ベルナル君は、先日見た「バッド・エデュケーション」でも頑張ってましたが、最近、この人に、母性本能くすぐられっぱなしです。子供がそのまま大きくなったような顔してませんか?この作品の中でも大人になりきれてない少年のような役、はまってます。脇を固める個性的な俳優たちにも全然負けてませんでしたよ(アラン・シャバは相変わらず弾けてましたが)。

作品中のセリフの名言集、見つけました。映画見た後に読むと、3回くらい笑えます。映画見てないと、笑えないと思いますので、お気をつけ下さいね。ちなみに私が好きだったステファンのセリフはこちら。

Tonight I'll show you how dreams are prepared, love, friendships, relationships. All those ships.

ほんと、名言!

フランスのオフィシャルサイトはこちら。映画の雰囲気、じゅうぶんに出てますよ。
by Qtaro-mama | 2006-09-27 17:13 | 映画 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/3425908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 成功者になるための!!オ.. at 2006-11-16 06:17
タイトル : 「人の心を動かす名言」石原慎太郎 その1
トラックバック失礼します。古今東西の名言集について記事を書きました。よろしければ... more
Commented by tahtijapan at 2006-09-28 22:30
うわー ふたついっぺんに見ることができてラッキーですね!
日本ではいつ公開になることやら・・・どちらも劇場公開されるといいな。
M・ゴンドリーがブロック・パーティーのような作品をとるのはすごく意外な気がするのですが、実はミュージッククリップをこれまでたくさんとってきたことを考えると不思議ではない、とも思えます。
サイエンス・オブ・スリープは、どういう感じの話なのか全然想像が付きません。みるまでまったく検討がつかない作品って、貴重な気がします。
ガエル・ガルシア・ベルナル君は、思わず「君」と言ってしまう初々しさがありますね。最近もっとも勢いがある非・英語圏の役者さんだと思います。
これからどういう活躍をしていくかが楽しみですね!
Commented by Qtaro-mama at 2006-09-29 15:52
どちらも日本では公開されると思いますよ。でも待ってるくらいなら、海外からDVDを買ってしまった方が安い、早い事がありますね。
監督は基本的にこういう音楽が好きなのかなぁと思いました。サイエンスは是非、原語(英語+フランス語字幕)で見て頂きたい気もします。セリフが面白いです。でも友だちはいまいち好きじゃなかったと言ってました。全員が気に入る作品ではないのかもしれません。
ガエル・ガルシア・ベルナル君、ただの若い役者ではないような気がします。きちんと実力付きですよね。
Commented by hare at 2006-09-29 22:03 x
M.ゴンドリーの「エターナル・サンシャイン」が大好きで、何度も見ています。「サイエンス・・・」はまだ見れていないのですが、“今まででいちばん”とのこと、期待度大ですね。
ゴンドリーのミュージックビデオ集を見たことがありますが、こちらもおもしろいですよ!すごくこだわって映像を作っているのがよく分かります。
ガエルくん、私も前から好きです。「モーターサイクル・ダイアリーズ」などもいいですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2006-09-30 04:32
>hareさん
私はジム・キャリーが大大大好き人間なのですが、どちらかというと「ヒュ−マンネイチャー」派なのです。「エターナル〜」好きな人、たくさんいますよね。今回も「サイエンス〜」嫌いじゃないけど、やっぱりエターナルの方が好きという人もいるようです。
「モーターサイクルダイアリーズ」、私も大好きです。彼がいたからこそ、制作に踏み切れた作品かも。このDVD欲しさに、ある雑誌の年間購読を申し込んでしまいましたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。