モンパルナス

Sarajevo, mon amour

ヤスミラ・ジュバニッチ監督の「Sarajevo, mon amour」を見ました。映画については何も知りませんでしたが、「サラエボ」という地名につい反応してしまいました。今年のベルリン映画祭で金熊賞を取った作品です。

f0035251_4521545.jpg
とっても地味なのですが、心に響きました。

これまで知る事のなかったボスニア戦争の問題点について考えてしまいました。同じ女性として、母として、心が痛みます。見て良かったです。



あるネットの記事で、ストーリーが紹介されてるものがありました。私が一番驚いた部分が、すでに言葉で出ていました。映画全般にいえる事ですが、見る前に詳しいストーリーを知ってしまう事ほどつまらないものはないと思います。

でもこういうテーマのある作品は、そこの部分を出さないと、観客を集めにくいのかな?

あぁ、なんかユーゴスラビアという今は亡き国を思い出してしまいました。
by Qtaro-mama | 2006-09-25 04:54 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/3407372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風待人 at 2006-09-26 16:37 x
先ほどは、Little Tree に、コメントいただいてありがとうございました。

ユーゴスラビア・・・他にも、戦争や紛争に巻き込まれてしまう
子どもや家族のお話は、観るのもつらいけれど、目を背けてはいけないできることを、みんなで考えていかなくてはならない課題でしょうね。

ところで、キリクの映画第2弾は、まだフランス語だけですしょうか?

絵も、ストーリーも、音楽も、とてもお気に入りですので
早く、日本でも動物の出てくる映像やストーリーを楽しみにしています!
Commented by Qtaro-mama at 2006-09-27 05:15
> 風待人さん
キリクの2作目は、子供たちに考えさせる作品に仕上がってるように思えます。小学校のお子さんなんかには最適だと思いますよ。日本での公開はどうなのでしょうね?日本でもこういう色のきれいな子供の為の映画がもっと公開されれは良いなぁとは思ってます。
こちらもまたお邪魔させて下さいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。