モンパルナス

フランスのカレイ

f0035251_6254265.jpg
週末、Q太郎パパがマルシェで買ってきたcarreletという魚、いわゆるカレイです


オレンジ色の斑点が特徴で、サイズもかなり大きい。私は買うのに勇気いるなぁ。


f0035251_6262510.jpg
唐揚げには大き過ぎるから、とりあえず煮付け

2つに切ったけど、それでも大き過ぎて鍋には全部入らなかった



最近気に入ってる野崎洋光さんのレシピで煮てみた。「8分以内で火を通すのがコツ」と書いてあって、その通りにしたら本当に美味しく出来た。煮崩れもほとんどなく、身もふっくら。

下のキュウリはぬか漬け。この日初めてやってみたから、漬かりが浅かったけど、今は日々、良い感じで漬かってます。ぬか漬けの話しは、また改めて書きますね。



f0035251_6265644.jpg
そして・・・・

いつの前にか、アボガドは水栽培を卒業して、土に植えられてました。
by Qtaro-mama | 2006-09-06 06:31 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/3259117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤヨイ at 2006-09-06 07:21 x
もしかして糠床を作ったのかな??
日本語の「カレイ」はフランス語に近いのかな?!
Commented by みさえ at 2006-09-06 14:16 x
まな板より大きなカレイって!!初めて見ました~。
オレンジ色のブツブツが 童話やアニメに出てくる伝染病のようで(笑)
なかなかスゴイですね~。私も ちょっと怖くて買えないです・・・。
あ、でも 火を通したら 無地のお魚になるのかしら。

私がQ太郎ママの日記を開いていたら
りょうたろうが Q太郎くんの写真を見て「これ、だれ?」って言ってきます。
5日の写真、とってもお兄ちゃんに見えますね~。
Commented by miwa39nobu at 2006-09-06 18:01
私もこの赤い点々が気になって、買うのに勇気がいるかも。。。煮付けおいしそ〜〜〜私は煮付けが上手にできないの。。。料理ってセンスが必要よね〜私にはないのね。。。努力のみだわ。。
Commented by Hido at 2006-09-06 19:27 x
デカイですね、写真で見ても:p
カレイ、よりも糠漬けが気になったんですが、実は私も自家製の糠床を
使用2年で里子に出した経験があります、もちろんトルコで。
この話はまたQママが改めてお書きになられてからコメントします~。

ちなみにカレイはどのようにお切りに?(笑) 普通の包丁では切れないような
気がしたんですね、よっぽどデカイ包丁かと:p

Commented by Qtaro-mama at 2006-09-07 03:37
>ヤヨイさん
そう、私も思った。カレイは外国語から来てるのかしらね?
糠床はこんな感じです。もしやってなかったら、お薦めだよ。
Commented by Qtaro-mama at 2006-09-07 03:42
>みさえさん
そうですよね、こんなオレンジ色の斑点、説明なかったら、病気としか思えませんよね。火を残しても、オレンジ色は消えてなくて、私は皮は食べられませんでしたよ。
今度、Q太郎にりょうたろう君の写真、見せてみようと思います。

Commented by Qtaro-mama at 2006-09-07 03:48
> miwa39nobuさん
私も自信がないものは、必ず料理の本を見ながらやるよ。今回も書いてある通りにやったら美味しく出来た。煮付けも魚によって違うから難しいよね。私にはまだまだ味が決められないから、毎回、本を参考にしてます。
Commented by Qtaro-mama at 2006-09-07 04:16
>Hidoさん
カレイはそんなに厚みはないので、包丁でも切れなくはないと思うのですが、Q太郎パパは調理用ハサミで切ってました。今は、こういう斑点がある物は食べたくない心境ではないでしょうか?
糠は、既に出来てるパックを購入してきました。でも手入れのポイントさえ分かれば、ぬか床を作るのもそんなに難しくないかもしれないですね(何でも慣れです)。里子に出したというのは、家には完全に残ってないという事ですか?長期不在になる際の事は私も考えたのですが、冷蔵庫で保存も出来るという事なので、ちょっと安心してます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。